HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

女性不動産オーナーに聞く「私がマンションを買った理由」Vol:1

女性不動産オーナーに聞く「私がマンションを買った理由」Vol:1

最近、女性からマンションを買ったという話をよく聞く気がします。

筆者の年齢が30代中盤なので、周囲にいる人達も含めてそもそも不動産を購入するには適齢期と言えるのかも知れないのですが、住宅ローンの金利が低い影響なのか消費増税控えてるからなのか理由は定かでないにしろ、やたらマンションを買ったという話を頻繁に耳にします。

実際はどうなのかはさておき、「女性がマンションを買う」ということについて女性特有の目線や気にするポイント、困ったことなどがないものかとふと気になり、数少ない女性友達の中にたまたまマンション購入経験がある女性がいたので取材してきました。

(聞き手:アンメルツ横井)※以下、アン横

HowMaスマート不動産売却

28歳でマンション購入。購入物件の選定ポイントは親の介護も視野に

アン横

なんかめちゃくちゃ久しぶりだね。Yちゃんが結婚してから会ってなかったよね?

Yちゃん

どうだっけ。よく覚えてないけど、確かに相当久しぶりだと思う。

アン横

FacebookとかSNS上で近況はそれとなく見てはいたからオレはあんまり久々な感じはしないんだけど。
子供も産まれたんだよね?

Yちゃん

(こいつとFacebookつながってたっけ?なんかキモい…)
そう、今は旦那と子供と結婚前から飼っていたワンコと一緒に暮らしてるよ。

アン横

今日時間もらったのは、最近周りで女性がマンション買ったっていうケースが結構増えてるような気がして。
そういやYちゃんも昔マンション買ってたなって思い出して、女性がマンションを買うっていうことについてちょっと取材させてもらえたらって思ったんだけど。

Yちゃん

(そういやこいつ昔私のこと名字でKさんって呼んでなかったっけ?久々ってことを理由にどさくさに紛れて下の名前で呼んでくるなんてなんかキモい…)
うーん、たしかに男性と比べて女性のほうが不動産買うことは少ないとは思うんだけど、そのテーマだとこのご時世インタビューの内容によっては炎上したりしない?大丈夫?

アン横

大丈夫!オレの記事過去最高でも30人くらいにしか読まれてないし、その読んでくれてる人も大体知り合いだから!

Yちゃん

…。
まぁ、いいや。特定されない範囲なら答えるけど。

アン横

まずマンション買った時ってまだ20代だったよね?どんなきっかけで買おうと思ったの?

Yちゃん

確か28歳のときだったかな。
もともと実家が賃貸だったからか、マンションに限らず持ち家に対して漠然と憧れみたいなのはあったんだよね。

それに賃貸だと家賃って払ったらそれっきりでその後も住み続ける限り払わなきゃならないけど、持ち家なら資産として残るしね。

アン横

なるほどね。家を選ぶときの基準はどうだったの?

Yちゃん

独身だったから自ずとマンションで1LDKとか2DKくらいの間取りで探してたよ。実際に買った部屋の間取りは2DK。
他に重要視したところは駅から徒歩5分以内っていう点と、もしかしたら親の介護をすることになるかもしれないことを見越してバリアフリー対応ができそうなところかな。あと当然リフォーム済みで内装がきれいなところ中心に探してたよ。

アン横

へー、しっかり考えてたんだ!

Yちゃん

将来に対するリスクヘッジをちゃんと考えておかないとアン横みたいになるからね。

アン横

(聞こえなかったことにしよう)実際に買って住んでみてよかった点ってどんなところ?

Yちゃん

購入時は絶対条件ではなかったんだけど、ペット可物件だったところ!
あと24時間ゴミ捨てられたのは楽でよかったかな。あとマンション自体はファミリー層が多くて、すっごくアットホームな住民が多くてそういった面でも住みやすかったよ。

アン横

逆に買ってから発覚したマイナスポイントは?

Yちゃん

自腹で修繕しないといけないところが多くて大変だった!
ベランダのサッシとかキーチェーンとかね。壁紙が剥がれたりとかもあったな。

アン横

しっかりチェックしたつもりでもその辺は難しいみたいだね。

Yちゃん

まぁでも総じて買ってよかったと思ってるよ。

売却は検討せず賃貸へ。老後の家賃収入に期待

アン横

そういや買ってからわりとすぐ結婚したよね?なんかマンション買ったことがマイナスになったことってなかったの?

Yちゃん

ないよ。旦那はしっかりとした定職に就いている人だけど、もし万が一のことがあったとしても住むところには困ることがないっていうのは大きな安心ポイントだしね。

アン横

なるほどね。今ってその物件どうしてるの?

Yちゃん

賃貸にまわしてる。

アン横

今って東京のマンションだいぶ値上がりしてるじゃん?

売却っていう選択肢は考えなかったの?

Yちゃん

うん、特には。
なんとなく今売ったらいくらくらいなんだろうっていう相場は一応知ってるけど。

アン横

ちなみに売らない理由って?

Yちゃん

老後の家賃収入に期待しているからね。
基本はよっぽどのことがない限り手放さないと思う。そのために駅チカで探してたっていうのもあるし。

アン横

なんか昔よく一緒に飲んでた頃もそうだったけど、見た感じと違ってすごい堅実な考え方の持ち主だよね。

Yちゃん

は?なにそれどういう意味?キモい。

アン横

ごめんなさい。


以上です。

結果としてはマンションを買う際や保有するにあたっての女性ならではのあれこれを聞けたらと思ったものの、気持ち悪がられて終わりました。

かたや一流企業勤務の優しい旦那とかわいい子供、ワンコに囲まれ幸せな暮らしを送る女性、

かたやへっぽこ取材企画で日銭を稼ぎ食いつなぐへっぽこライター。

同じ街で生まれ育って大人になってからもよく酒を酌み交わしてたのに、どこで差がついたんでしょう。

インタビューを終えて

今回インタビューさせていただいたYさんは自分が所有している物件が値上がりしていることを知りつつも賃貸に回すという選択をしていました。

その人本来の性格や考え方によるところが一番大きいとは思いますが、もしかしたら女性の方が安心・安定を求めて売却という出口戦略ではなく賃貸にまわして安定収入を得るほうを選ぶ傾向があるのかもしれません。このあたりは傾向を探ってみたいものです。

なお、Yさんは所有物件の近隣にある不動産会社の店頭にはられている似た特徴の物件情報や不動産ポータルサイトで相場感をなんとなく把握しているとのことでした。

不動産価格のAI査定サービス「HowMa」を紹介したところ、今回のインタビューで唯一の笑顔を見せてくださり、便利そうなので使ってみると言ってました。賃料の相場までわかるのが非常に高ポイントだったようなので売却検討ではなくこういった需要のある方にもいいサービスですね。
なお、不動産価格の相場を調べる方法は「誰にも知られず自宅の価格を調べるサイトとは?不動産相場の調べ方を解説します」を参考にしてみてください。

Return Top