HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

不動産マンが自分の家を売るときはどうする?vol.4〜過去に自宅マンションを売却した営業マンの実体験〜

不動産マンが自分の家を売るときはどうする?vol.4〜過去に自宅マンションを売却した営業マンの実体験〜

自宅を売却するとき「どこの不動産会社がいいのか?どんな売却方法がオススメなのか?」分からない方が多いと思います。
では不動産のプロである不動産会社に相談すればいいのかというと騙されて不動産会社の都合の良いようにされそうどうせ自社に任せるのが一番いいと言われるに決まってる」と考え、どうしていいか分からなくなってしまうと思います。
そこで本連載では「お客として不動産会社に相談しても本当のことを教えてくれなそう」ならば「不動産会社の社員自身がどのように家を売却したのか」を聞いてみて、その情報を参考にすれば、本当にオススメの売却方法が見えてくれるはず!という目的のもと、不動産会社で働く(働いていた)方々に自分の不動産をどう売却したのか聞いていきたいと思います。

今回はシリーズ第4弾、何となく自宅マンションを売却した営業マンにフォーカスします!

第1弾の記事はこちら

第2弾の記事はこちら

第3弾の記事はこちら

 

第4回:現役不動産マンN氏(大手不動産会社勤務)

第4回インタビューのN氏のプロフィールは以下です。

  • N氏(男性)
    30
    代既婚
    大手不動産大手不動産仲介会社にて仲介営業を行なっている。
    3年前に居住用の2LDKのマンションを売却。
  • 聞き手:HowMaマガジン編集部 アンメルツ横井

3年前に何となく自宅マンションを売却して戸建を購入したN氏。N氏の売却成功体験を伺いました。

スマート不動産売却<特許取得>最新不動産売却サービス
多くの不動産売却経験者の失敗談から生まれた「HowMaスマート不動産売却」
【手間のない一括査定】+【スマホで複数の会社に売却依頼】で、手間も迷いもなく早期高額売却が目指せます!
詳しくはこちら

 

購入の経緯

 

アンメルツ横井(以下:アン横):元々お住まいだったマンションをご購入された経緯を教えてください。

 

N氏:その当時は嫁と二人で賃貸マンションに暮らしていたんですけど、子供が生まれるのをきっかけにしてマンションを購入しました。

 

アン横:お子さんが生まれるのをきっかけに不動産を購入する人は多いと聞きますが、Nさんもそうだったんですね。
購入されたマンションに何かこだわりはありましたか。

 

N氏:何もないです。その時の職場に近いところの方が通勤に便利なのでその程度の基準でマンションを買いました。
室内はボロボロだったので知り合いのリフォーム業者に頼んでフルリフォームしましたよ。もちろんリフォーム費用は住宅ローンとセットで借りました。

 

 

売却の経緯

 

アン横:その後、売却に至った経緯を伺ってもよろしいでしょうか。

 

N氏:仕事中に良いなって思える物件があって、思い立って売却を開始しました。いきなり売却を始めると嫁に言って反対されましたが押し切りました(笑)

 

アン横:売却はどこに依頼したのですか。

 

 

N氏:自社専任で売却を開始しましたよ。ほとんど自分が担当して売却活動を行なっていました。売却活動といってもレインズ(不動産流通機構)に載せていたくらいですけどね。どこの不動産屋に依頼してもやることは同じなんで。。。
3ヶ月くらいかかりましたが価格変更なしに成約しました。

 

アン横:成約後、目的の物件は購入できたんですか?

 

N氏:目的の物件は自分のマンションの売却中に売れちゃったんですよね。
まあ仕方ないってことで、何となくそのまま売却活動をしてました。
自分のお客様に対しては野放しにすることは絶対にしないですけどね、自分のことになると疎いんですよ。
それでも結果として、利益が出たので良かったですけどね。
焦らないで売却したことでその結果を生み出したんだと思います。

 

アン横:時間に余裕を持って売却した事が満足のいく結果に繋がったんですね。

 

余談(N氏が住み替えた物件を選んだ基準)

 

 

N氏:そういう事ですね。
ちなみに売却できたのですぐに家探しを始めました。

 

アン横:どの辺りで買われたんですか。

 

N氏:マンション、戸建と選択肢があったんですけど、最終的にはよく行くキャバクラの近くにあった新築建売住宅を買っちゃいました。意外にも環境は悪くないし、駅やスーパーも近いんで嫁も納得してくれました。

 

アン横:よく行くキャバクラの近くという基準で家を買う人なんて初めて聞きました。

 

N氏:今も全然行きますよ。飲み過ぎてもタクシーを使う必要もないので安く済んじゃってます。

 

アン横:Nさんにとって最高な環境なんですね。

 

N氏:そうですね、付き合いもありますけど毎日のように飲みに行くものだから流石に怒って、嫁があえて夜の数時間だけバイトを始めたんですよ。嫁にバイト行かれちゃうと子供見なくちゃいけないので帰らざる負えない。。。まんまとやられました(笑)
そうはいうものの今では、バイト行かない代わりにお小遣いを渡していて納得させちゃってます。働いて得られるバイト代よりもはるかに多くのお金を渡しているんでなんも言われないですしね。

 

アン横:そんな技を駆使しても飲みにいきたいんですね。

 

N氏:不動産屋は横の繋がりは大事ですからね。
今の生活に飽きたら自宅を売りますよ。

 

アン横:Nさんの余談話、かなりインパクトがありました。本日はありがとうございました。

 

今回のインタビューの感想

 

途中話は脱線してしまいましたが、今回のNさんの売却活動方法は多くの不動産会社が行うレインズ掲載のみで成約されました。大手・中小問わず、やはり時間に余裕を持って焦らずに売却できたことが成功要因とのことでした。
HowMaスマート不動産売却」では、少しでも自宅を高く売りたいお客様にもご好評いただいております。複数社が売出の手伝いをしてくれますので、幅広い広告活動でご購入希望のお客様を集めていただけます。

ご売却をお考えの方は時間に余裕を持ってスケジュールを立てましょう。
お電話での売却相談も承っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top