HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

不動産マンが自分の家を売るときはどうする?vol.3〜過去に自宅マンションを売却した営業マンの実体験〜

不動産マンが自分の家を売るときはどうする?vol.3〜過去に自宅マンションを売却した営業マンの実体験〜

自宅を売却するとき「どこの不動産会社がいいのか?どんな売却方法がオススメなのか?」分からない方が多いと思います。
では不動産のプロである不動産会社に相談すればいいのかというと騙されて不動産会社の都合の良いようにされそうどうせ自社に任せるのが一番いいと言われるに決まってる」と考え、どうしていいか分からなくなってしまうと思います。
そこで本連載では「お客として不動産会社に相談しても本当のことを教えてくれなそう」ならば「不動産会社の社員自身がどのように家を売却したのか」を聞いてみて、その情報を参考にすれば、本当にオススメの売却方法が見えてくれるはず!という目的のもと、不動産会社で働く(働いていた)方々に自分の不動産をどう売却したのか聞いていきたいと思います。

今回はシリーズ第3弾、お子様誕生のタイミングで自宅マンションを売却した営業マンにフォーカスします!

第1弾の記事はこちら

第2弾の記事はこちら

 

第3回:現役不動産マンS氏(大手不動産会社勤務)

第3回インタビューのS氏のプロフィールは以下です。

  • S氏(男性)
    30
    代既婚
    大手不動産大手不動産仲介会社にて仲介営業を行なっている。
    3年前に居住用の1LDKの駅近マンションを売却。
  • 聞き手:HowMaマガジン編集部 アンメルツ横井

3年前に子供が生まれるのをきっかけに住み替えを行なったS氏。戸建の購入後、マンションを売却。S氏の売却成功体験を伺いました。

スマート不動産売却<特許取得>最新不動産売却サービス
多くの不動産売却経験者の失敗談から生まれた「HowMaスマート不動産売却」
【手間のない一括査定】+【スマホで複数の会社に売却依頼】で、手間も迷いもなく早期高額売却が目指せます!
詳しくはこちら

 

購入の経緯

 

アンメルツ横井(以下:アン横):元々お住まいだったマンションをご購入された経緯を教えてください。

 

S氏:その頃、埼玉県にある会社の社宅に暮らしていましたが仕事が忙しく週末にしか帰れない。社宅費用は数万円と安かったのですが、居心地が悪かったので都内への引越しを決意しました。家にいる時間が短くてもその時間を大事にしたいので快適な住居を求めたということです。

 

アン横:社宅費用が安く、平日忙しいとなるとお金も溜まったんじゃ無いですか?

 

S氏:新卒で入社してからの1年間でそれなりに貯蓄ができたので、それを新居への引越し費用に充てようと考えていました。
最初は賃貸で7〜8万円の物件を探したのですがなかなか自分に見合った物件がない、そうこうしているうちに毎月7~8万円くらいのローンを払ってマンションを購入した方が住居のクオリティーも上がって良いのではないかと考えました。

 

アン横:賃貸ではなく購入を考えたんですね。

 

S氏:はい、そうです。探すのにもそれなりに苦労しましたが、最終的に横浜駅周辺の1LDKのマンションを購入しました。
都内は予算オーバーで、社会人2年目で買えるマンションにも限度がありましたからね。

 

アン横:そこで快適に住まわれていたんですね。

売却の経緯

 

アン横:ご売却の経緯はなんでしょうか。

 

S氏:そのマンションには7年ほど住んでいましたが、その7年の間に転職、結婚をし、妻が妊娠したのを機に転居しました。転職をして不動産会社に勤めており、購入先行できることが分かっていたのでまずは住みたい家を探して引越し後売却活動に入りました。

 

アン横:ご売却はご自身でされたんですか?

 

S氏:自分の在籍していた店舗での売却も可能でしたが、当該マンションの近くの店舗に仲の良い同僚がいたのでその彼に依頼しました。

売却の種類

 

アン横:売却活動自体は自社のみに依頼したのですか。

 

S氏:数社に依頼するのは面倒だったので自社のみの「一般媒介契約」でお願いしました。

 

アン横:専任媒介契約ではなく一般媒介契約にされたのはなぜですか。

 

S氏:専任媒介契約ですと媒介報告の義務が生じますし、正直そんなものは必要ないと思っていましたから同僚の負担を減らすためにも一般媒介契約にしました。もちろんレインズ(不動産流通機構)には登録してもらいましたよ。

 

アン横:普通の方の売却と比べるとかなり変則的ですね。

「抜き」とは

 

S氏:そうかもしれません。まあよく「抜き」の手紙が入ってきましたよ。

 

アン横:「抜き」って?

 

S氏:レインズで知り得た情報を元に部屋番号を特定してアプローチをする、その上で媒介契約を交わすことまでこぎつけることを「抜き」と言います。宅建業法で禁止されている行為ですけどね。

ご存知だと思いますが、一般媒介契約ですと不動産会社を一社のみにする必要はないんです。不動産会社は自社を窓口にしたがるのでレインズで一般媒介であることを知って、手紙でアプローチをしてきます。「うちにはお客さんがいますとか、他の不動産会社と比べてこんなとこに強みがありますとこか」って揺さぶってくるんですよね。専任媒介であっても「抜き」行為を行う会社はありますけどね。。。

 

アン横:手紙を送った相手がまさか不動産会社の社員であるとは思いもよらなかったでしょうね。

 

S氏:そうですね笑。
定期的に送られてきましたよ。良くない行為とはいえそのような営業努力をする人を見て正直感心しました。

 

アン横:ご自身も営業という立場で「抜き」行為を行いましたか?

 

S氏:うちの会社ではコンプライアンスに反した行為は解雇される可能性がありますし、そもそも面倒なのでやりません笑。

売却活動において感じたこと

 

S氏:今の営業に生きてきているんですけど、売却中ってやっぱり不安に思うことがあるんですよね。
いつになったら売れるのか、お客さんは自分の物件を見にきてくれているのかなって。自分のケースですと、無理して買い先行は出来たものの、全く貯金がなくて新居と売却中のマンションのローン(ダブルローン)がキツかった。やばいので先輩にお金を貸してくれってお願いしていました。いつでも貸してくれるとのことだったのでギリギリまで耐えようと心に決めていました。ちなみにその状況は妻には伝えていませんでした笑。

 

アン横:お客様を安心させる立場の営業マンなのにご自身の財務状況がカツカツの状況って笑えますね。

 

S氏:それはそれで良い経験でしたよ。なのでそういうケースのお客様には自分の過去の苦い経験をお話しています。

 

アン横:そんな状況の中売却活動において感じたことってなんなんですか?

 

S氏:売却中のお客様を不安にさせないようするには営業マンのフォローが本当に大事です。
建前だけの媒介報告ではなくて、毎週の営業報告をした方が良いですね。たとえそれがネガティブな報告であってもざっくばらんにその話をするってことが大事です。
ちなみに良い営業マンと悪い営業マンを見極める一つの指標は、売れない時こそお客様へのフォローを怠らないことだと思います。売却活動が長期化すると売主様に対しての報告もしづらくなります。それでも売主様はその報告を待っているので、しなければならないんです。その気持ちが伝われば売主さんから販売価格を下げた方が良いんじゃないかって言ってきてくれます。
もちろん営業マンからも提案しますけどね。

話が反れましたが、自分の売却のケースでは同僚からの連絡が少なかった笑、なので自分の方から販売状況を聞くことの方が多かったですね。連絡が少ないということは良い進捗がないということですから。
一般の方はそんな時に「抜き」の手紙がくるとなびいてします。「この営業マンはお客さんがいるって言っている。聞いてみたい」って。
実際にはいないケースが多いですけどね。いたら窓口の仲介会社を通します。

 

アン横:売却活動が長引いている方が不安に感じてしまうのは良くないですよね。それであれば複数社と一般媒介契約を締結すれば各社から報告が入って良いのではないでしょうか。

売主様にとって専任媒介契約が本当に良いのか。

 

S氏:アン横さんのおっしゃることも一理あります。地方の人気のない物件だったり、売主様が高齢で複数の不動産会社とのやりとりが煩わしいと感じるケースを除けば、一般媒介が良いですよ。建前上、専任媒介を勧めておりますが。。。

不動産業界の慣習があるのでなんとも言えませんが、普通に考えたら複数の業者がお客様のために販売活動を行い成約になって初めて仲介手数料を頂戴する。今の競争社会において当然のことですよ。それなのに専任媒介契約を取得するための営業をしている。。。お客様本位ではないですよね。

 

アン横:ざっくばらんなお話ありがとうございます。

 

S氏:まだまだお話できることはありますが、今日は私の売却経験のインタビューなのでこのくらいにしておきます。

 

アン横:はい。最終的にSさんの望む売却価格での成約ができたのでしょうか。

 

S氏:販売開始後、1ヶ月ほどで200万円下げてしばらくして成約しましたよ。正確にはそこから80万円の指値交渉がありましたがすぐにお受けしました。
自分の経験を踏まえてお客様にお伝えしていることは、売却期間に余裕を持っていただいた方が良いということですね。

 

アン横:本日はありがとうございました。また次の機会に不動産会社の裏話聞かせてくださいね。

 

S氏:私でよければいつでもどうぞ!

今回のインタビューの感想

 

不動産会社にお勤めの方でさえ、売却活動は大変なものだと感じましたが、複数の不動産仲介会社と媒介契約を締結することのできる「HowMaスマート不動産売却」は本当に良いサービスだと改めて感じました。売主様の売却における不安な気持ちを複数の会社(営業マン)がフォローしてくれる仕組み【成約してなんぼでしょうけど】は悪くないですよね。一社の偏った意見を聞くのではなく、売却活動中にこそ複数社からのアドバイスを聞くべきなのではないでしょうか。不動産業界がもっと明るくなることを切に願います。

執筆者情報

フリーライターアンメルツ 横井
不動産投資に興味を持ち始めたばかり。初心者目線での記事を執筆中。
Return Top