HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

先日国土交通省による公示地価が発表され、日本の都市及び住宅地の地価平均相場が上昇している結果が明らかになりまし...
全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

「マンションの買取」はどんな時に検討すべき??

「マンションの買取」はどんな時に検討すべき??

マンションを急いで売却したい時、一般の不動産業者に売却活動をしてもらうのではなく、買取業者に買取を依頼するケースもあります。しかし、マンションを買取してもらうと、仲介で売却するよりもかなり低い価格での買取になると言われます。安く売るなんてデメリットしかないと考える人も多いかと思いますが、場合によってはメリットの方が大きい場合もあります。
ではマンション買取はどんなときに利用した方が良く、逆にどういうケースには不向きなかを見ていきましょう。

マンション買取とはどんなものか?

マンション買取業者は、仲介をする不動産会社のように物件を仲介して仲介手数料を得るのではなく直接自分たちが物件を買い取り、それを転売したり、リフォームをしてから転売したりして利益を得ています。

そのため、仲介のように家を買ってくれる人を広告で募集して、内見をして…といった時間をかける必要がなく、すぐに家を買ってくれます。とにかく現金化が早いのが最大の特徴です。お金がすぐに必要な場合は買取業者に依頼すれば、1ヶ月もかけずに家を売却してお金を手にすることができるでしょう。

また、不動産ポータルサイトに広告が掲載されたり、不動産会社に連れられて何組も購入希望者が家を訪ねてくる内覧なども必要ないので、近所に知られずにこっそりと家を売りたい場合にも向いています。
さらには、売ろうとしている家の汚れや痛みがひどい場合、仲介だと購入希望者を増やしたり、内覧者の印象を良くするためにクリーニングやリフォームをしてきれいな状態にすることも検討しなければなりませんが、そんな必要もありません。
とにかく手間いらず、スピーディー、さらに余計な悩みなども持たずに家の売却が済むのがメリットになっています。

買取にむいている物件とは?

買取業者に売るべき家とは、古くて自分で魅力を見出すことが難しい物件になります。
築30年など老朽化が目立ってくる物件は、素人がリフォームをして再生してから売ろうと思っても費用も時間もかかりますし、適切なリフォームができなければ無駄に費用をかけただけで終わってしまうこともあります。
そういった場合は、リフォーム費用を負担しなかった分、多少安く買取られても仕方がないということで、リフォームはプロである不動産会社に任せ、とにかく自分たちは家を売ることだけを考えればいいのです。
自分で売ろうとした場合、古い物件を売ろうと思っても価格を下げるしか売却戦略を取ることができないケースも多いです。そこで長い時間をかけて販売戦略を考え、試行錯誤するよりは、専門の業者に買取を任せたほうが時間を節約でき、必要な現金の調達ができます。
特に郊外にある、駅から離れているなど、立地面ではすぐれないものの、ファミリー向けで大きめのマンションの場合は、リフォームをすることで見事に蘇ってファミリー層にとって需要が生まれるケースがあります。こういった物件の処遇に困っていて、遺産の分割や相続のための現金化で速やかに売却したい時は、買取業者に任せると良いでしょう。

こんな時は買取業者で売ると損!

買取にも色々メリットはあるものの、価格面ではどうしてもデメリットのほうが目立ってしまいます。
買取に向いている物件はあまり人気のない、古くて立地が優れない物件と書きましたが、逆に黙っていても売れるような物件は買取業者に買取を依頼するにはむいていません。

ターミナル駅や駅近く、また築浅にブランドマンションといった人気のマンションは、市場に出ればすぐに売れてしまう場合が多いですので、わざわざ仲介での売却相場よりも2~3割も価格が安くなってしまう買取を依頼するのは大変にもったいないです。
こういった人気の物件であれば、買主は数週間で見つかり、買主の資金に関する条件さえ整っていれば、2,3ヶ月で現金化ができるでしょう。
つまり売却をしているところを他人に知られたくない、借金返済などでお金がすぐに必要などの特殊な事情がない限りは、一般的なマンションは、買取に出さずに不動産会社に仲介を頼んだほうが良いのです。

速く売ることが目的であれば・・・

買取業者の最大のメリットは、買取業者と1回の書類上の手続きで現金化ができる点です。
逆に考えると、そういったメリットを必要としない場合、つまりただ単純に速く現金化をしたい場合は無理に買取業者に依頼をするよりも、幅広い不動産会社に売却を依頼することで、買取業者とそれほど変わらぬスピードで現金化ができることもあります。

特に自分のすぐに売れることが期待できそうな人気物件の要素を備えているのであれば、一般媒介で幅広く情報を拡散すれば、想定よりも高い値段で売ることも期待できるでしょう。
そういった場合は、一括査定サイトHowMaスマート不動産売却など、一度に多くの不動産会社にアプローチができるサービスを利用してみると便利です。

一括査定は、一度にたくさんの不動産会社に査定の依頼ができます。そこから大量の電話とメールが来て売却は是非うちの会社に任せてくださいとアプローチがあります。多くの会社に査定をしてもらい、接触したい場合には便利です。
HowMaスマート不動産売却の場合は、一回のスタッフの訪問で複数社による査定+一括で一般媒介契約締結まで行えます。手間をかけず一気に複数の会社に自宅を売り出してもらうには非常に便利です。

まとめ

マンションの買取を検討すべきときは、売却しようとしている物件が、古くて自分では売るのが難しい場合です。
もしくは近所に知られず、ひっそり、手早く家を売らなければいけない事情があるときです。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top