HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

不動産売買のキャンセルについて

不動産売買のキャンセルについて

自分の所有するマンションや戸建を売るときには、不動産会社とのやり取りや、内見への対応、契約に向けた交渉などやる...
全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

先日国土交通省による公示地価が発表され、日本の都市及び住宅地の地価平均相場が上昇している結果が明らかになりまし...
全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

一括査定を利用するときに気をつけたいこと

一括査定を利用するときに気をつけたいこと

不動産売却を行う際、まずは自分の所有する物件がどの程度で売却できるのかを知ってから、売却活動を行いたいものです。
相場観を持っていれば、本当はもっと高く売ることができるのに、知識がなかったばかりに安く買い叩かれてしまった…なんてことも避けられます。
最近ではネットから不動産の一括査定を申し込めるサイトがあるので、そういったサイトを利用している人も多いでしょう。では一括査定を買う時にはどんなところに注意をしていけばいいのでしょうか

あまりに多くの会社に査定を依頼しすぎない

一括査定サイトに自分の物件の情報を登録する時には、物件の情報だけではなく自分の住所や連絡先などのメールアドレスも登録することになります。これは不動産会社との連絡をするためには必要な情報ですが、電話番号に何度も営業をかけてくる不動産会社がいることもよくあります。

基本的にはメールアドレス経由の連絡のみにする、といった設定ができるのですが、熱心な営業をかけてくる不動産会社は、メールでの連絡を希望しているのに、それを無視して電話をかけてくることもよくあります。
またメールのみにしても、何通もメールがくると数が多いために混乱してしまうこともあります。特に不動産売却に慣れてない人にとって、数多くの不動産会社からの情報が来ても、内容がよくわからないこともあるでしょう。

色々な会社からの意見がもらえることは確かに便利なものですが、自分で把握しきれないほどの情報になってしまうと却って混乱することになりますし、電話があまりにもかかってくると、普段の生活に支障をきたします。何十社も括査定で住宅の売却価格の査定を求めるのではなく、せいぜい5~6社など、自分で情報を全て把握できる程度の量にしておくべきです。

価格をあえて高く付けてくる会社があることを知っておく

不動産売却価格の査定で提示されてくる価格は、あくまでそれぞれの不動産会社による予想売却価格であり、実際にその価格で売れるといった保証はありません。
高い査定価格を提示してくる会社の方が、物件を売る実力があり、自分の物件をそれだけ評価してくれている、もしくはそういった高く買ってくれる顧客を抱えていると解釈しがちです。しかし、実際には顧客を獲得しようと、根拠を無視した高い査定価格をつけて、営業活動にしようとする会社も多くあります

5~6社に査定価格を出してもらって、その一定の価格帯付近の中で高いところを選ぶのでしたら悪い選択ではありませんが、1000万円も高いような価格査定をしてくるような会社は、逆に信頼をしにくいものです。飛びぬけて高い査定価格がついたとしても、それはあくまで予想価格でしかないことを理解しておいて、現実的な価格水準の中で高めの査定金額を出してきた会社の話を、しっかりと聞くようにしましょう。
そうしないと最初の価格査定は高かったのに、実際に売りに出したら全く反応がなく、値下げをして売却活動するというあまり嬉しくない結果になることもあります。

まずは一般媒介で契約する

多くの不動産会社は専任媒介契約を狙ってくるものです。 専任媒介契約を結べば、その不動産会社でしか売却活動が行えないことになるので、仲介手数料という売上を確保できたも同然になるからです。もちろんそのような契約を結べば熱心な売却活動をしてくれる不動産会社も多いのですが、最初から専任媒介契約を結んでしまうと、そこでホッとひと安心してしてしまう不動産会社も存在します。その会社でしか売り出せないので売却のペースも活動内容も、担当不動産会社次第ということになります。

一括査定サイトを利用しているということは、不動産会社側も複数社に査定を取っていることは理解しています。そのため専任媒介契約の方に誘導をしてきますが、最初から専任媒介契約を結んでしまうと基本的に3ヶ月間契約解除ができません。それよりは、まず信頼できる不動産会社と担当営業マンを見抜くために、一般媒介契約で複数の不動産会社に依頼をしておき、信頼できそうな人間を見つけられたら、専任媒介契約に切り替えるといった方法を取った方が無難と言えます。

HowMaスマート不動産売却の利用を検討する

一括査定サイトを利用すると、多くの不動産会社からアプローチがありそれぞれの会社が一括査定の後の精度の高い査定をするために、自宅に行って話をしたいという意向を伝えてきます。そうすると、査定の度に細かな打ち合わせが必要になるので時間もかかり、煩わしいと思う人もいるでしょう。

そんな時に便利なサービスがHowMaスマート不動産売却です。まずは担当者が一度家に来て、そこで物件の査定に必要な情報の収集や写真の撮影などを行います。その情報を不動産会社に開示し、閲覧した不動産会社がそれぞれ自社の基準に則って査定を提示します。
そのあめため何度も自宅での査定をしてもらう必要がありません。ネット上から申し込んで、一度訪問をしてもらうだけですので非常に売却活動が簡単になっています。
各社の査定価格を確認したあとは自分で売出価格を決めて、スマホで操作をすれば一括で一般媒介契約が締結できます。色々な会社に出向いたり、訪問を受けて1社1社契約を締結する手間も省くことができます。

一括査定サイトは個人で物件を売るための非常に便利なツールです。しかし、手軽で便利に使えるツールであるからこそ使い方をよく知らずに一括査定をしてしまうと、不動産会社に一方的に有利な契約になることもあります。
一括査定サイトを使う意味をよく理解して利用するようにしましょう。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top