HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

不動産売買のキャンセルについて

不動産売買のキャンセルについて

自分の所有するマンションや戸建を売るときには、不動産会社とのやり取りや、内見への対応、契約に向けた交渉などやる...
全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

先日国土交通省による公示地価が発表され、日本の都市及び住宅地の地価平均相場が上昇している結果が明らかになりまし...
全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

中古不動産取引ってなに?仲介?買取?

中古不動産取引ってなに?仲介?買取?

 

 

「家を売る」「中古の家を買う」とはどういうことかイメージできていない方が意外と多いようです。

例えば、中古で車を売るときは、中古車屋に車を売るというのが普通ですが、同じようなイメージを持っていませんか?

中古不動産の売買でも、中古車のように買い取ってもらう「買取」という方法はありますが、あまり多くありません。

不動産を売る場合、一番多い取引は「仲介」というものであり、買取とは大きく違う取引です。

 

仲介とは

例えば、あなたが家を売るとします。

不動産会社は、あなたの家を買いたいという人を一緒に探してくれますが、売主であるあなたは、買主である個人に不動産を売ります。個人が個人へ家を売るのです。

不動産会社があなたの家を買う訳ではありませんので、不動産会社に仲介を依頼しても、家が売れなければ、その家はずっとあなたのモノのままです。

中古車のように一旦中古車屋に売り、中古車屋が誰かに売ってくれるという取引とは違います。

 

不動産会社がやってくれることは
●売却価格を決めたりなど各種相談

●買ってくれる人を探す(不動産会社同士のネットワークを使う、広告を載せる

●内覧や交渉などのサポート

●契約手続きのサポート
等であり、不動産会社は不動産が売れた時に成功報酬的に「仲介手数料」を受け取ります。

不動産会社は仕入れのリスクを負うわけではありません。不動産会社が負うリスクは、家が売れるように活動した人件費や募集に使った広告費などです。

 

買取とは

あなたの家を不動産会社に直接買ってもらいます。

不動産会社は買取った不動産を、そのまま売ったり、リノベーションして売ったり、運用したりして利益を得ます。

不動産会社もリスクを負って買取をしますので、仲介の場合よりも安い値段で買い取られ、仲介より3割ほど安くなるのが一般的と言われています。

仲介より安く買い取られることや、買取をしている不動産会社が少ないこともあり、仲介取引の方が一般的となっています。

「家を売る」「中古の家を買う」というのは、一般的にイメージする中古品の売買とは少し違うこと、「仲介」と「買取」の違い、仲介が一般的であるということをまず覚えておきましょう。

また、仲介と買取それぞれに、良い点、悪い点がありますので一度検討してみると良いでしょう。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top