HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

査定と不動産会社選び

査定と不動産会社選び

 

具体的に不動産を売却しようとなったときは、まず不動産会社に物件がいくらで売れそうか査定してもらいます。

机上査定(物件データや資料を元に簡易的に査定する)と訪問査定(実際に家を見て査定してもらう)を経て、実際にどこの不動産会社に仲介をお願いするか(媒介契約によって1社または複数社)を決めましょう。

どこの不動産会社にするにせよ、事前に査定をしてもらい、できれば複数社に査定をしてもらうことをお勧めします。

 

査定された価格で売れるとは限らない

仲介と買取の査定は意味合いが大きく違うので注意しましょう。

買取の場合は、中古車の下取りなどと同じで、提示された金額は「うちはこの金額で買います」という金額です。

詳しく調べたり交渉することで価格の変動があるかもしれませんが、売主からすれば、査定価格≒売却価格となります。

 

しかし、仲介取引の場合は、査定価格≒売却価格とは限りません。

 

仲介取引の場合は、物件をいくらで売り出すかを決め、買主を募集し、買主をみつけ、交渉してみなければいくらで売れるかはわかりません。あくまで仲介不動産会社が査定で提示する価格は「うちはこの価格で売れるように頑張るつもりです」ということだということを認識しておきましょう。

 

査定価格を高く提示するモチベーションが働く

仲介不動産会社として選んでもらいたいために、高めに査定を提示しようとする会社が多いようです。

とにかく選んで貰えないと何もはじまりません。

選んでさえ貰えれば、売れないから価格を下げましょうなど、調整はあとからでも可能なのです。

売れそうで高額の物件ほど、高い査定を出そうという傾向にありますし、売れなそうだったり価格が安そうなものは、手間の割に手数料収入も低いので、あまり無理に高い金額を提示しない傾向にあります。

高い価格を提示してくる不動産会社があっても単純に喜ぶだけではなく、何故その価格で売れると考えているのか確認する必要があります。

 

 

どこに査定してもらうか

いきなり近所の不動産会社に行って依頼することもできますが、ネットで検索するなどよく下調べしてから、連絡を入れることをお勧めします。

査定の依頼先は自由ですが、査定をしてもらった不動産会社の中から、仲介を依頼することになると思いますので、依頼先はきちんと調べて、比較した方が安心です。

査定する不動産会社によって査定額が違うことは多々あります。

また不動産会社によって、このエリアに強い、戸建に強い、マンションに強いなど特徴があるのでそのあたりも良く調べてみましょう。

 

相場を知っておく

不動産会社に査定をしてもらった際に、それが高いのか安いのかを自分で判断できなければ、不動産会社と交渉や相談もまともにできません。

自宅がいくら位で売れるべきなのかはきちんと下調べしておきましょう。

HowMaに自宅の情報を入れれば自動で機械査定結果がわかるので、参考にしてみてください。

また大手不動産ポータルサイトで自宅付近の取引事例を見ておくことも良いでしょう。

中古の不動産に定価はありませんし、仲介取引の場合は、査定価格≒売却価格とは限らないので、相場観を養い、納得いくまで査定額についての根拠を確認することが重要です。

 

一括査定

物件情報を入力すると複数の不動産会社から査定の連絡が来る、一括査定を利用するのも便利です。

引越しの一括見積などと仕組みは同じで、一括査定サイトは入力された連絡先や不動産の情報を複数社に送ります。

たくさんの不動産会社に自分の家の情報を伝えたりといった手間が省け、一回の入力で一斉に色々な会社から査定と連絡を受けることができます。

受け取った情報で簡易的に査定をする会社、登記簿を確認して査定をして連絡してくる会社、まずは詳しいお話をという会社など様々です。

また提示される金額も様々だと思います。

複数社から査定をしてもらうことで、自分の物件の大体の相場観を把握し、各不動産会社に査定の根拠をキチンと確認するようにしましょう。

 

 

 

査定をしてもらい、不動産会社と媒介契約を結んだら、あとは物件を売り出し、内見対応や買主との交渉、契約と進んでいきますが、査定をしてもらって不動産会社を選ぶまでが非常に重要なポイントになりますので、慎重に進めましょう。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top