HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

中古不動産取引の仲介手数料

中古不動産取引の仲介手数料

 

中古不動産の売買での仲介取引を理解するには、仲介手数料や仲介してくれる不動産会社について知る必要があります。

仲介手数料のことを理解すると、中古不動産の市場が抱える問題など色々理解しやすくなります。

 

仲介手数料

中古不動産の売買は、売主と買主が売買契約を結ぶ個人間での取引ですが、仲介をしてくれた不動産会社への報酬として仲介手数料を支払います。

 

あなたが5000万円の家を売りたいとします。あなたが払う仲介手数料は100万円です。

と言われたら、どう思いますか?高いですか?安いですか?

 

一般的には、5000万円の家を売って仲介手数料が100万円だったら安いです。

もし、あなたが上限いっぱい仲介手数料を払うとしたら160万円弱払うこととなります。

 

仲介手数料には上限が定められています。

400万円を超える取引の場合、仲介手数料の上限は、3%+6万円(消費税抜※以下税抜表記)と速算することができます。

 

上限額は法律で決まっているものなので、それ以上を請求されたら、違反です。

上限が決まっているだけなので、それ以下にすることは自由です。会社によっては仲介手数料半額や無料を謳っているところもあります。(色々なカラクリがありますが…)

 

(もしご興味があれば、参考までに)

仲介手数料の上限は正式には以下のように定められています。(消費税抜表示)

①200万円以下の金額部分       取引金額の5%

②200万円超え400万円以下の金額部分 取引金額の4%

③400万円超えの金額部分       取引金額の3%

1000万円の物件の場合、以下のような計算をして、仲介手数料は36万円となります。

①の部分:200万円×5%=10万円

②の部分:200万円×4%=8万円

③の部分:600万円×3%=18万円

合計:36万円

上記を簡単な計算式に置き換えると、取引金額×3%+6万円となり、1000万円×3%+6万円=36万円となります。(400万円を超える取引の場合のみこの計算が当てはまります)

詳しくは:http://www.mlit.go.jp/common/001029348.pdf

 

 

売主、買主、それぞれの仲介会社、それぞれの仲介手数料

中古不動産の売買取引には売主と買主がいます。

そして、売主、買主それぞれに仲介会社がいることが一般的です。

 

売主が「家を売りたいんですが…」と相談した不動産会社が売主側の仲介不動産会社です。

買主が「家を買いたいんですが…」と相談した不動産会社が買主側の仲介不動産会社です。

 

売主と買主の間で不動産売買の取引が成立した場合、売主、買主それぞれが、仲介手数料を不動産会社に支払います。

なので、中古不動産売買で不動産会社に支払われる仲介手数料は、売主側の仲介手数料(上限:取引金額×3%+6万円)と買主側の仲介手数料(上限:取引金額×3%+6万円)となります。

もし5000万円の中古不動産の取引が行われ、仲介手数料を満額払うとすると、売主側、買主側の仲介不動産会社が、それぞれ税込156万円ずつ得ることとなります。1取引の手数料が合計で312万円…いい車が買える金額ですね。

 

 

これだけであれば、「仲介手数料は意外と高い」というだけですが、さらに「両手取引」それに伴う「囲い込み」の問題があり色々複雑になっていきます。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top