HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

仲介と買取の良い点、悪い点

仲介と買取の良い点、悪い点

 

 

 

中古不動産を売却するときには「仲介」と「買取」という選択があります。

 

一般的には仲介取引が多いです。それは、仲介の方が高く売れる可能性が高いからです。

しかし、買取にも良い点はあります。条件が折り合えば、すぐに価格が分かって、すぐに買ってもらえるという点などです。

 

仲介の良い点・悪い点

 

良い点:買取より高く売れる可能性がある

悪い点:買主を見つけて交渉する時間と手間がかかる

 

買取よりも高く売れる可能性がある仲介取引ですが、仲介取引は、買主が見つからなければ売れません。
家を売り出し、買主が現れ、価格交渉をしてみないと、「いつ頃」「幾ら」で売れるかわかりません。

買主が現れるかも、交渉がスムーズに行くかもわかりません。売り出してみたけど、何ヶ月も売れない…なんてこともあります。

 

買取の良い点・悪い点

 

良い点:不動産会社との条件が折り合えば、すぐ売れる

悪い点:仲介より安く買い取られることが一般的

 

お金に困り、すぐ家を売らなければいけないといった場合などは買取の方がスピーディーに家を売れる可能性が高いです。

希望通りになるかは別として、幾らで買取ってもらえる(買ってもらえない)か、すぐに結論が出るのが買取の良いところです。

また、仲介手数料が無い、買取のときには設備の補修義務や瑕疵担保責任(売った後、物件になにか問題があったら責任をとる)が買取業者によって免責される場合が多いといったメリットもあります。

後腐れなく終わらせたいというときも買取の方が良いかもしれません。

もし「少しでも高く売りたい」という希望がないのであれば、買取の方が早いし、気軽という考え方もあると思います。

事情によっては買取の方が良いというケースもあると思いますが、先にも述べた通り、中古不動産を売却するときは、一般的には仲介取引が多くなります。

仲介の方が高く売れる可能性が高いということもありますし、買取をしている会社が少ないという理由もあります。

買取となった物件はその不動産会社の在庫となります。

在庫を抱えるということは多少なりとも不動産会社にはリスクですし、体力が要ります。

その点、仲介の物件は不動産会社の在庫ではありませんし、リスクもほとんどありません。

そのあたり、街の不動産会社が紹介している物件というのはどういうものか含めて理解しておくと良いと思います。

 

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top