HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

売却中のレインズ掲載情報や取引情報が見られる(囲い込み防止)

スマート不動産売却<特許取得>最新不動産売却サービス
多くの不動産売却経験者の失敗談から生まれた「HowMaスマート不動産売却」
【手間のない一括査定】+【スマホで複数の会社に売却依頼】で、手間も迷いもなく早期高額売却が目指せます!
詳しくはこちら

 

売却中のレインズ掲載情報や取引情報が見られる(囲い込み防止)

家を売却するために不動産会社に仲介を依頼すると、レインズという業者が確認できる不動産サイトに物件情報が掲載されます。

全国の不動産会社がレインズを見て、あなたの物件に興味がある人がいたら、あなたが売却の仲介を依頼した不動産会社に連絡をしてきます。

(詳しくは「レインズとは?」)

レインズに登録されたかどうかを確認する

売却の仲介を依頼するための契約である媒介契約には3種類あます。

(詳しくは「仲介の媒介契約」)

一社に独占的に売却の仲介を依頼する「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の場合はレインズの登録は義務となっています。

複数の会社に売却仲介を依頼できる一般媒介契約の場合はレインズの登録は任意です。

売主としては、きちんとレインズに情報が登録され、全国の不動産会社がみられる状況になったのか気になるところです。

そこで、『登録証明書』をもらうようにしましょう。

『登録証明書』とは、不動産会社がレインズに物件を登録するとが発行されるものです。

それがキチンと発行されていれば、登録はされている状態だと把握することができます。

どんな内容が登録されているのか

自分の家がどういった内容で登録されているのかしっかり把握したいという場合は『登録証明書』に記載されているIDとパスワードを使って確認しましょう。

平成28年1月以降より、売主自身で自分の物件のレインズ登録内容が確認できるようになりました。

▼例えば、東日本レインズの場合の『登録証明書』とIDとパスワードの記載は下の図のようになっています

 

取引状況を把握する

平成28年1月以降に売主がレインズの登録情報を把握できるようになったのは、売主に「取引状況」を把握させるためだといえます。

主な目的は『囲い込み』を防ぐためため(もしくは『囲い込み』の対策をしていますよと示すため)です。

囲い込みとは、不動産会社が売主から預かっている物件を、自分で見つけた買主に売って、両方から仲介手数料をもらうことを執拗に狙うあまり、物件に興味あるというお客さん(買主)を他の不動産会社がみつけてきても「既に申し込みが入ったので紹介できない」などと嘘をついて断ることです。

(詳しくは「知らないと怖い 片手・両手、囲い込み」)

囲い込みをされると、売主は売るのが遅くなったり、場合によっては売却価格が下がったりと不利益を多く被ります。

それを防ぐために「取引状況」という入力項目が新たに設けられ、売主に公開されるようになりました。

 

簡単に言うと本当は申し込みなど入っていないのに、不動産会社が「申し込みが入っている」と嘘をつけなくするというのが目的です。

 

取引状況ステータスは3つあります。

公開中・・・他の不動産業者から問い合わせを受付けている状態
書面による購入申込みあり・・・不動産業者が書面による購入申込みを受けた状態
売主都合で一時紹介停止中・・・売却依頼主の事情により一時的に物件を紹介できない状態

 

不動産会社が他の不動産会社からの問い合わせを断るためにはステータスが公開中以外になっている必要があります。

しかし、申し込みが入っている、売主都合で紹介が止まっているのであれば、売主はそれを把握しているはずです。

売主に内緒でステータスが公開中以外になっている場合は、売主がそれを確認して、どういうことが不動産会社に確認することができます。

そうすることで、囲い込み行為を無くしていこうとしています。

物件を売却する際は、取引状況をキチンとチェックしましょう。

 

これで全てが解決する訳ではない

レインズの取引状況が「公開中」になっていても、電話で問い合わせると「実は紹介できない。登録されているステータスが間違っている」と言われることもあるようです。

ここまでされた場合は、現状売主に打つ手はありません。

売却を依頼している不動産会社に、売主自身が別の不動産会社のフリをして電話をして、自分の物件を紹介可能か質問をすれば囲い込まれているか分かりますが、これは非常にハードルが高い行為です。

とはいえ、レインズの登録状況が把握でき、取引状況も確認できるというのは、大きな一歩だと思います。

是非、家を売るときはレインズを確認してみましょう。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top