HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

不動産査定の一般的な流れってどんな感じ?

スマート不動産売却<特許取得>最新不動産売却サービス
多くの不動産売却経験者の失敗談から生まれた「HowMaスマート不動産売却」
【手間のない一括査定】+【スマホで複数の会社に売却依頼】で、手間も迷いもなく早期高額売却が目指せます!
詳しくはこちら

 

不動産査定の一般的な流れってどんな感じ?

不動産を売却するときには、査定が必須になります。

しかし査定と言っても慣れない人には、どんなことをしてもらうのか、分からない面もあるでしょう。

そこでここでは不動産売却に当たっての査定と契約の流れについてお伝えしていきます。

不動産査定を依頼する理由

まず行わなければいけないのは、不動産を売却するための準備です。

不動産売買の契約時には宅地建物取引士の立会いのもとに不動産に関する重要事項の説明を行わなければいけないという決まりがあります。

そこで宅地建物取引士の有資格者が多い不動産会社に売買契約の仲介や、顧客探しを行ってもらうのです。

そういった手続きのために不動産会社が必要になりますし、法律的な手続きの助言や代行依頼も行ってくれます。

そのような不動産会社は当然不動産関連のスペシャリストですから、顧客探しも得意としていますし、不動産売買相場も把握しています。

知り合いがいて、安く売ってもいい、と思うのであれば宅地建物取引士の有資格者を探して、契約だけ行ってもらえば良いですが、速く高く売りたいと思うのであれば不動産会社に任せる以外の選択肢はないでしょう。

不動産査定の一般的な手順

不動産会社にまず、価格査定を依頼します。

ただその前に自分でできることとして、大まかな相場の把握もしておきましょう。

大まかな相場に把握をしておけば、不動産会社に任せる前に、売却後の資金計画や、査定の見極めを自分で行えるようになります。

最終的に売り出し価格や契約を結ぶのは自分での決定になりますから、できる範囲で不動産に関する知識を身に着けておきましょう。

大まかな相場の把握は不動産情報サイトで、自宅と似たような物件がいくらで売りに出されているかを知るだけでも十分です。

査定を申し込みには不動産会社に連絡し、自宅に来てもらうというのが基本ですが、最近ではネット上のサイトを利用した一括査定というものもあります。

 一括査定は自宅の住所や自宅の築年数などの条件を入力し、それにそって簡易的な査定を不動産会社が行います。

不動産の相場は不動産会社各社によって、それぞれ独自の基準があるので、価格の幅が発生してきます。

一括査定を申し込めば、近隣の会社などがメールで査定額を連絡してくるので、その査定額を見て金額の高い会社や素早く売却してくれそうな会社、厳密な査定依頼をしたい会社などを選んでいき訪問査定を依頼します。

そして自宅に来てもらい、自宅の状態や立地条件、周辺の環境を実際に見ることで正確な金額での査定が可能になります。

自宅で1~2時間の時間は要しますが、正確な査定をしてもらうことで、顧客へのアプローチなどもしやすくなるので、必ず自宅での訪問査定も行ってもらいましょう。

そして数社に査定をしてもらった後には、それぞれの厳密な査定結果が出てきます。

査定金額高い方を選びがちですが、不動産査定は買い主あっての売り出し額です。

市場のニーズにマッチしている査定額なのかどうか、また自分の相談にしっかりと乗ってくれる営業マンなのかなどを見定めて、信頼できる営業マンを見極めていきましょう。

その意味でも複数の不動産会社に話を聞いたほうが良いです。

不動産会社と契約をしていく

契約をする不動産会社を決めたら、契約を結ぶことになります。

不動産会社とは3つの形態の契約方法があり、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約と言われるものになっています。

後者になるほど、不動産会社の束縛が強くなり、専属専任媒介契約の場合は自分で買ってくれる人を探すこともできなくなります。

ただし不動産会社にとっては、自社での契約が確定することで、利益を見込んでの営業宣伝活動を活発に行うことが可能になるので、束縛が強い分コストをかけて頑張ってくれる可能性は高くなります。 

不動産売却価格を決定する

不動産会社と契約を結び、不動産の売り出し価格を決めていきます。

基本的には自宅訪問時の査定をもとにそれを売り出し価格としていくことになりますが、再度ここで査定や面談の上で売り出し価格を決定することも可能です。

例えばすぐに引っ越しの必要性が発生しているので、引越し先の家を買うために、1ヶ月以内に売り先を決めて欲しいという事情があればどうしてもじっくりと売り先を探せないので、ある程度価格を引いて目を集めやすくする、広告費を普通より多く掛けることで様々な人にアピールする、といった方策をとらざるを得ません。

その逆で、新居は5千万円の家にするので、最低売却金額としてやはり4000万円は欲しい、時間がかかっても高く買ってくれる人を探して欲しい、というケースもあるでしょう。

そのような場合はまずは中古住宅市場での反応を見るために、敢えて高めで価格設定をすることもあります。

その後で反応が少なければ値下げをしていく、ということもあります。

少なくとも、売り主としては「この価格以下になることだけは絶対に避けたい」という意思表示はしておきましょう。

特に住宅ローンが残っていれば、家を売ったお金で残債を返済する義務が発生します。

最低限必要な価格で確実に売る自信のある不動産会社選びは、この流れの中でもっとも重要と言っても良いでしょう。

売り出し価格を決めたら、看板やチラシによる宣伝、またレインズ、不動産情報サイトへの掲載を行って買ってくれる人を探していくことになります。

基本的には査定と契約はこういった流れになりますが、決断をするのは売り主である自分自身であることには変わりません。

スムーズに決断できるように、当事者意識を持って売却に臨みましょう。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top