HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

不動産会社の査定と上手に向き合う3つのポイント

スマート不動産売却<特許取得>最新不動産売却サービス
多くの不動産売却経験者の失敗談から生まれた「HowMaスマート不動産売却」
【手間のない一括査定】+【スマホで複数の会社に売却依頼】で、手間も迷いもなく早期高額売却が目指せます!
詳しくはこちら

 

不動産会社の査定と上手に向き合う3つのポイント

 

不動産会社から査定書の提示を受けた時、あなたは査定価格ばかりに気が向いてしまってはいないでしょうか?

もちろん自分の不動産がいくらで売れるのかというのは、一番気になることですし、重要であるのは間違いありません。

しかし、査定の重要なところは査定価格そのものではありません。

不動産会社の言うことをそのまま鵜呑みにするのではなく、あなた自身がしっかりと確認すべき箇所を見極める必要があるのです。

今回は不動産会社の査定と上手に向き合うポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

一括査定サイトの査定価格には注意が必要

自宅の査定を依頼しようと思った時、いきなり不動産会社に出向くというのは少しハードルが高いように思います。

日常生活においてインターネットでのやりとりが当然になっている現代では、気軽にできる一括査定サイトを利用する方も多いかと思います。

ネットの一括査定というのは、お客さんが査定してほしい物件の情報を入力して、その情報を基に複数の不動産会社が査定価格を算出するというシステムです。

一括査定サイトは、不動産会社と事前にやりとりをすることなく、ユーザー側から一方的に依頼ができるというメリットがあります。

 

しかし、その一方でデメリットも存在します。

それは、査定価格の歪みが発生してしまうことです。

一括査定は複数の不動産会社が査定をするため、必ず他社の査定価格と比較されてしまいます。

不動産会社の立場からすると、査定をしただけでは、売り上げを上げることはできません。

査定は基本的に無料で行われるため、売買契約の締結まで頑張る必要があります。

その為には、売主と媒介契約を結ぶことが必須となります。

例えば、各不動産会社の査定価格が、A社3,000万円、B社3,200万円、C社3,500万円と出た場合、あなたはどの不動産会社に売却を依頼するでしょうか?

普通であれば、一番高い価格で売ると言ってくれたC社にお願いするのではないでしょうか?

自宅を売却する側の一番の目的は、なるべく高い価格で売ることですよね。

つまり、不動産会社は複数あるライバルの不動産会社から媒介契約を得るために、相場より高い価格で(場合によっては高すぎて売りに出しても売れないような価格で)査定価格を出してしまう可能性があるのです。

これが冒頭で述べた、査定価格そのものばかりに気が向いてしまうのは危険という事例の1つです。

では、どのように査定価格を見極めればよいのでしょうか?

 

査定価格の根拠と販売計画はしっかりしているか

一括査定に限らずとも不動産会社によって査定の価格に多少の差異は生じてしまいます。

では、査定価格の信ぴょう性を確かめるためにはどうすればよいのでしょうか?

大事なポイントとしては、「査定価格の根拠が納得できる内容であること」と「その査定価格で売りに出した際の販売計画がしっかりしているか」の2点です。

 

先程の例でいうと、一番高い査定価格を出したC社の回答が、「今は市況が良いので売れます!」や「当社に任せてもらえれば大丈夫です!」のような抽象的かつ感情に訴えるような回答の場合は、注意が必要です。

このような回答であれば、C社が出した他社より高い査定価格は、一括査定で他社より目立つために、相場より価格を上乗せするといった事例と同じような可能性が十分考えられるからです。

 

他社の査定について意見を聞いてみる

最後のポイントとしておすすめしたいのが、他社が出した査定について意見を求めることです。

他社の査定書をそのまま見せる必要はありませんが、

なぜ他社はこの査定価格を出したと思うか?

他社との査定価格の違いの理由は何か?

などの質問を投げかけてみましょう。

 

例えば、C社がA社やB社より査定価格が高い理由は、査定した物件の条件にピンポイントで合致する購入検討客を抱えていて、そのお客さんは相場より価格が多少高くても条件が合えば買いたいと言っているのかもしれません。

ここでも納得のできる回答をしているかどうかが重要になってきますので、躊躇せずに質問をしてみましょう。

 

 

以上、今回は不動産会社の査定と上手に向き合う3つのポイントをご紹介しました。

特に「査定価格の根拠と販売計画はしっかりしているか」と「他社の査定について意見を聞いてみる」というポイントは、査定価格の信ぴょう性を測るだけでなく、その不動産会社のレベルを知る上でも有効な方法ですので、自宅の売却を検討中の方は一度試してみてはいかがでしょうか。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top