HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

家の売却前にはリフォームをしたほうが良いのか?

AI不動産査定のHowMa

家の売却前にはリフォームをしたほうが良いのか?

 

家の売却をする際には、買う人の気持ちになって売ることも重要です。

同じ築年数の中古住宅やマンションでも、丁寧に扱ってきれいな状態なのか、それとも家の中の掃除や修繕を全くしていなかったのかという点で、住みやすさや売れやすさは全く違ってきます。

しかし中古住宅を査定する上では、住宅の構造や設備だけで査定をすることも多いので、査定上の売却価格には、家がきれいかどうかなどの状態は、反映されづらいこともあります。

そこで家を売却する前にリフォームをしたほうが良いのかどうかを、考えてみましょう。

リフォームをしたからといって高く売れるわけではない

結論から言ってしまえば、リフォームをしてその分が売却価格に反映されるケースはあまり多くはありません。

中古住宅は築年数、家の造りなどで判断され、年々価値が低下していくものなので、その査定額を上げることは基本的にできません。

2000万円で建てられた家でも10年では価格は何パーセント低下、20年では何パーセント低下というように、機械的に査定されていきます。

もちろん訪問査定などをすれば状態に応じて査定額は変わっていきますが、状態が悪い住宅が、築年数以上に査定額が下がる、ということが多くなっており、状態が良いことでプラスになることはあまりないといえるでしょう。

 

早く売れる可能性は高くなる

しかしリフォームをすることが決して無駄になるわけではありません。

内覧やオープンハウスをした時に、築年数20年の家やマンションだと、非常に古いというわけではありませんが、ある程度の汚れや設備的に古いものがあることを想定してくる人は多いです。

その予想を裏切るようにリフォームしたてで非常にきれいな築20年、30年の家があったとしましょう。

そうすると人は良い意味で予想を裏切られたと感じて、非常にお得な物件、掘り出し物を見つけたような気持ちになります。

「この価格でこんなきれいな家が買えるなんて!」と一気に購買意欲を喚起することができるので、買わないと損だ、という気持ちをもたせることもできます。

そうすると家の購入を即座に申し込む人も出てくるので、家が思った以上に早く売れることもあるのです。

高く売るのは難しいですが、住替えや引っ越しの問題で、今の言えを速やかに売却したいと考える人は、リフォームをしておけば、購買意欲を換気することができるでしょう。

通常戸建てならば、売れるまでの期間は平均的に3ヶ月は掛かるものであり、それ以上経っても売れないような家は値下げせざるを得ない、というケースが多いです。

値下げをせずにまとまった現金がほしいと思うのであれば、売却前にリフォームをするのは決して悪いことではないでしょう。

 

購入してからリフォームをしたいという人も多い

ただしリフォームが必ずしも得策にならないという時もあります。

中古住宅に関しては、築年数が古くて安い住宅を買ってリフォーム、そしてリノベーションして、自分にとって心地よい空間にしたいという希望を持つ人も念園増えてきています。

そういった人にとっては最近リフォームをしたばかりの家を見せられても、自分でリフォームをする前にされてしまったということで、なんとなく損をした気分になり、またリフォーム分の価格が販売価格に反映されてしまっているのではないか、と考えてしまうのです。

自分の好みに合わないリフォームをされていることで、その分高く付いてしまったと考える人もいるので、100%リフォームが良い結果を生むとも限らないのです。

 

ハウスクリーニングや目立つ場所の修繕にとどめておくのが無難

では最も効果的に、家を早く売るためにどうしたら良いかというと、ハウスクリーニングと、一部のみのリフォームです。

まずハウスクリーニングは絶対にしておきましょう。

家の隅々までチェックをする人は、家にいる時間が長い主婦に多く、そういった方々の感想は、家の購入に大きく影響します。

特に汚れやすいキッチンや洗面場、お風呂などの水回りは必ずクリーニングを入れ、水垢や油汚れなどは完璧に落としておきます。

「結局は中古よね」と思われてしまうことのないように「中古なのにこんな綺麗なんて!」と思われるような状態を目指しましょう。

 

またリフォームでもクロスの張り替えや床の張替えなどは比較的安価に済ませられます。

壁紙などは一番汚れが目立つ場所ですから、そう打った場所だけ新品に張り替えておくだけでも、家をきれいに見せる効果を発揮してくれます。

コストパフォーマンスの良いクリーニングやリフォームを効果的に行うことで、家を速やかに売ることができるでしょう。

 

またリフォームをして住みたい、という人を対象に、敢えてクリーニングだけにとどめておいて、その分自分はリフォームをせずに割引対応をする、という売り方もあります。

これは自分でリフォームなどの注文をする手間が省けますし、買主にとってもお得感を感じられる施策といえるでしょう。

 

まとめ

家の売却前にリフォームをすれば、早く売れる可能性は高まりますが、コストパフォーマンスを考えると、決して有効な策とはいえません。

その分クリーニングなどで家をコストを掛けずによく見せることに力を入れ、また内覧時の対応などを良くしていくことを考えましょう。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top