HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

最先端の不動産売却である「HowMaスマート不動産売却」を「通常の不動産売却」との違いから解説します!

最先端の不動産売却である「HowMaスマート不動産売却」を「通常の不動産売却」との違いから解説します!

特許を取得した最新の不動産売却サービス「HowMaスマート不動産売却」ですが、普通の不動産売却と比べて何が違うのか?というご質問を多くいただきます。
ここでは、家の売却の流れに沿って「HowMaスマート不動産売却」と「通常の不動産売却」の違いについて比べていってみましょう。

まず、家の売却は大きく3つのステップ

家の売却は大きく分けて次の3つのステップに分けることができます。

ステップ1 不動産会社選び
ステップ2 査定・売出スタート
ステップ3 売却活動

それぞれのステップで何をするのかもう少し詳しくご説明します。
(売却の流れについて詳しく知りたい場合は→「マンション売却の流れと方法を徹底解説 〜はじめての自宅売却を失敗しないためにおさえておきたいポイント〜」)

ステップ1 不動産会社選び

まずは、売却の相談や査定を頼む不動産会社を選びます。「あのー家を売りたいと思うんですが、いくら位で家は売れそうですか?」と一番最初に聞きに行く不動産会社をどこにするかということです。

ステップ2 査定・売出スタート

次に、いくらで売れそうか不動産会社が近隣の取引などを調べて予想してくれる査定をしてもらい、実際に売却活動をしてもらう不動産会社と媒介契約を結びます
媒介契約とは、売却活動をお願いする時の条件(いくらで販売する、不動産会社の報酬はいくらにするなど)を決める契約のことです。

ステップ3 売却活動

不動産会社が広告等で買主を募集します。広告などをみてあなたの家を買いたいという人が出て来た場合には、内覧の対応や、価格の交渉など売買契約を締結までのフォローをしてもらいます。

>不動産会社に騙されないために。多くの不動産会社に売却依頼ができる特許取得の最新サービスとは?


ステップ1 不動産会社選び」での違い

ここからは、各ステップごとに「HowMaスマート不動産売却」と「通常の不動産売却」がどう違うのかをみていきたいと思います。まずは「ステップ1 不動産会社選び」ではどういった違いがあるのでしょうか。

ステップ1 不動産会社選び <通常の不動産売却>

  • 選ぶのが大変…とりあえずで一括査定

多くの人が一番最初にぶつかる大きな壁が「どこの不動産会社に相談をしていいのかわからない…」です。知り合いに不動産会社の人がいる以外の理由で、不動産会社を選ぶのはかなり難しいでしょう。
不動産が提供するサービス(広告活動やアルターフォロー)などはどこの会社もほとんど同じで差別化が難しいです。また売却が完了した際の手数料もだいたいどこも約3%(法律で上限が決まっています)となっています。

そこで多くの方は「一括査定サイト」をとりあえず利用する。という流れになります。一括査定サイトとは売却の依頼を獲得するたに「高額査定を競う」サイトです。
ここで注意が必要なのが不動産の仲介取引の場合、査定額で家を買い取ってもらえる訳ではないということです。
どういうことかというと、中古車の査定は中古車屋さんが「その価格で車を買取ります」という価格なので高額査定に意味がありますが、不動産の査定は「この価格で売れると思います」という予想価格なので高額査定にあまり意味はありません。
したがって、高額査定を競わせて不動産会社を選ぶことにあまり意味はないのです。

そうなるとますます、どこの不動産会社を選んでいいのか分からなくなってしまいますね…

ステップ1 不動産会社選び <HowMaスマート不動産売却>

  • 不動産会社を選ぶ手間がない

HowMaスマート不動産売却では、色々な強みをもった複数の会社に査定をしてもらうだけでなく、その先の売却の依頼も一括で行うことできます(一般媒介契約締結)。売却依頼の契約(媒介契約)の締結前からチャットで相談もできるので、どの会社に相談や査定、売却依頼したらいいかを迷う必要がありません

 


ステップ2 査定・売出スタート」での違い

次に、「ステップ2 査定・売出スタート」ではどういった違いがあるのでしょうか。ここでも「HowMaスマート不動産売却」と「通常の不動産売却」がどう違うかを比較してみてみたいと思います。

ステップ2 査定・売出スタート <通常の不動産売却>

  • 大量の電話連絡と無意味な高額査定
  • 高額な査定につられて不動産会社を絞る
  • 専任媒介を勧められ1社に売出依頼

一括査定を利用した場合、売却の依頼を獲得するための高額査定合戦が行われます。大量の連絡がきて戸惑う方も多くいるようです。不動産業界は電話の好きな業界なので電話を頻繁にかけてくる会社もいます。
より精緻な査定をしたいのでと訪問査定を依頼される場合も多く、何社も家にやってくるという場合もあります。

売却を依頼する不動産会社をどこにしようかという選択の際は、高額査定にあまり意味がないと分かっていても、不動産会社を選ぶ材料も査定価格だけという状況になり、結局高額査定を出して来た会社を選びがちです。

また不動産会社は自社だけに独占的に売却を依頼する専任媒介契約を強くすすめてきますので、高額査定を出してきた1社に専任するというケースが多いようです。

ステップ2 査定・売出スタート <HowMaスマート不動産売却>

  • 1度の訪問のみで妥当な査定額が提示される
  • 多くの会社に売却依頼(絞る必要なし)
  • 一括で一般媒介契約を締結し、複数社に売出依頼

HowMaスマート不動産売却でも査定を複数の会社に依頼しますが、売却の依頼を獲得するための高額査定合戦ではありません。不動産会社は売却依頼獲得の高額査定をする必要がないため妥当な価格を提示してきます。あくまでも売主であるあなたが、売出価格を決める参考にしてもらうための査定です。
最大6社に対して査定を依頼をしますが、事前の訪問は1度にまとめてスタッフが行います。
売出価格は最終的には売主が価格を決められるので少し高めでチャレンジしたい、早く売りたいから安めで出してみるなど自由に調整できます。

すでにスタッフが家の調査などで訪問させていただいているので、査定をしてきた複数の不動産会社に一括一般媒介契約で売却依頼ができます。査定金額の高い低いで不動産会社を絞る必要もありません。そのままスマホで売出開始までスムーズにお進みください。
各社の査定額に関係なくあなたの入力した売出価格で、各不動産会社の売出がスタートします。

>不動産会社に騙されないために。多くの不動産会社に売却依頼ができる特許取得の最新サービスとは?


ステップ3 売却活動」での違い

最後のステップである「ステップ3 売却活動」ではどういった違いがあるのでしょうか。「HowMaスマート不動産売却」と「通常の不動産売却」の違いをみてみましょう。

ステップ3 売却活動 <通常の不動産売却>

  • 不満があっても通常3ヶ月契約

依頼した不動産会社の対応や売出価格が満足のいくものでしたら良いのですが、高額査定で決めてしまった不動産会社に不満があっても3ヶ月の契約期間で売却を依頼するのが通常です。

不動産会社としては依頼を獲得したら契約期間内に売却ができれば手数料は入りますので、売却の依頼を1社専任で取られたら一段落ですので、急に対応のスピードが落ちたりといったこともあるようです。
通常の不動産売却の場合は、専任媒介を依頼するケースが非常に多くなっていますので、あなたは専任した1社を頼るしかありません。

ステップ3 売却活動 <HowMaスマート不動産売却>

  • 契約の変更も連絡もスマホで即できる

売り出し価格を変更したり、信頼できる不動産会社に専任したり、不満な会社との契約を解除したりも、スマホでスムーズに行うことができます
複数の会社の売却活動の進捗の確認や各社とのやりとりももちろんスマホで簡単に行うことができます。


まとめ

いかがだったでしょうか。家の売却の流れに沿って「HowMaスマート不動産売却」と「通常の不動産売却」の違いをご説明しましたが、改めてまとめると、売却のステップごとに以下のような違いがあります。

ステップ1 不動産会社選び

<通常の不動産売却>
選ぶのが大変…とりあえずで一括査定

<HowMaスマート不動産売却>

不動産会社を選ぶ手間がない

ステップ2 査定・売出スタート

<通常の不動産売却>
大量の電話連絡と無意味な高額査定
高額な査定につられて不動産会社を絞る
専任媒介を勧められ1社に売出依頼

<HowMaスマート不動産売却>

1度の訪問のみで妥当な査定額が提示される
多くの会社に売却依頼(絞る必要なし)
一括で一般媒介契約を締結し、複数社に売出依頼

ステップ3 売却活動

<通常の不動産売却>
不満があっても通常3ヶ月契約

<HowMaスマート不動産売却>

契約の変更も連絡もスマホで即できる

 

最近では一括査定をやってみて、相場価格はなんとなく把握したが、専任媒介を締結する勇気が出ないので、HowMaスマート不動産売却で複数の会社で売り出したいといったお申し込みをいただくことも増えています。
最大6社で売却活動をスタートできますが、途中で信頼できる会社が見つかれば専任媒介に切り替えることも可能です。

初めての不動産売却で、いきなり1社に専任するというのは、よくよく考えるとかなりリスクの高い選択のように思われます。家の売却は一生に数回しかない、大切な取引です。後悔のないよう、しっかりと下調べして臨むようにしましょう!

>不動産会社に騙されないために。多くの不動産会社に売却依頼ができる特許取得の最新サービスとは?

 

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top