HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

低層階のマンションを高く売るための心得

低層階のマンションを高く売るための心得

マンションの購入価格は、低層階ほど低く、そして高層階の物件ほど高くなる傾向にあります。すると当然のことながら低層階の物件を購入すると、同じマンションの高層階より売却時の価格も安くなってしまうことが多いでしょう。
しかし、実際は低層階の物件には高層階の物件にない数々のメリットがあります。そういったメリットの多い物件を購入することで、低層階ながらも売却時に有利な価格で売ることも可能できるのです。

ではどういったポイントを見抜いて物件を売却していけばいいのか、また低層階でも将来高く売却できるようになるのでしょうか。

低層階物件の利便性

タワーマンションの高層階は、眺望は抜群なものがある一方で、使い勝手の面で見れば必ずしも素晴らしいとは言えないものが多いのです。
その典型的な事例として挙げられるのが、朝の通勤時のエレベーターの混雑です。エレベーターが複数あるようなマンションでも、エレベーター待ちの列ができて超高層階から一階のエントランスに行くまでに5分から10分、場合によってはもっと時間がかかることもあります。
せっかく駅に近い利便性の良いタワーマンションを買ったのに、マンションから出るだけでそれだけの時間がかかってしまえば、駅に近いというメリットを十分に活かしているとはとても言えません。

しかし、2階などに低層階にあるフロアであれば、階段を使ってすぐにマンションから出ることができるので、通勤面で不便に感じることもありません。もちろん通勤だけではなく、買い物や荷物の運び込みの時も、低層階の方が簡単に入れることができるのは言うまでもありません。頻繁に出入りをすることが多い人にとっては、低層階物件の方が利用しやすいのです。

専用庭やカーポートなど、設備が充実しているものを選ぶ

低層階の中でも特に1階の物件には、上の階にはないような様々な設備がついていることがあります。まずマンションの一階物件のみの特権として専用庭があります。
高層階でも広いバルコニーがあれば、庭として使えるスペースを確保できますが、外から見えやすいというデメリットもありますし、庭とバルコニーではやはり使い勝手が違ってきます。
マンションによりも戸建てを好む人の意見として多いことの一つに、庭が持てるという意見がありますが、1階の物件を購入すればマンションに住みながら庭を手に入れられて、子供と遊んだり庭づくりを楽しんだりすることができるのです。

また一階の物件ならば、庭だけではなくカーポートが初めから用意されている物件もあります。マンションの駐車スペースというと機械式駐車場が多く、車の出し入れまでに10分ほどかかってしまうことが多いですが、カーポートがあれば戸建ての駐車スペースと同じ感覚で利用できます。
発車までに時間をかけることなく、大変使い勝手が良いので、車を利用する人は1階の物件が欲しいという人もいるでしょう。もし一階の物件を購入するのでしたら、こういった設備があるものを選んでいけば売却時にも高く売ることができるでしょう。

災害時でも低層階は影響を受けにくい

マンション低層階のメリットとして、災害時に強いという面もあります。元々タワーマンションは耐震性が高く、防災性の高さを信頼して購入する人も多いですが、たとえマンションの設備などに損害が出なくても、エレベーターが一時的に使えなくなることは容易に予想されます。

高層階に住んでいる場合はエレベーターでの移動が標準になるので、エレベーターが使えなくなることで生活に大きな支障をきたすことになります。
しかし低層階であれば、エレベーターに頼らず移動することができるので、災害時でもそれほど影響が出ません。普通に買い物をして食料を持ち込んだり、通勤通学をする際にも不便が出たりすることは少ないのです。
タワーマンションが地震での被害を受けることはそれほど多くないかもしれませんが、いざという時の備えとしてマンションを購入するのであれば実は低層階に住んでいた方が安心と言えるのです。

ブランドマンションであれば、分譲元に売却を依頼する

高めに売りたいと考えるのであれば、売却先を自分で選んで検討することも重要です。同じマンションの中で同じタイミングで売りに出ている時があれば、どうしても価格競争が起こるのでそういったタイミングは避けた方が無難です。
また、住友不動産や東急不動産などのブランドマンションを購入している場合は、そういったデベロッパーに自分の物件の売却を依頼するのも良いでしょう。大手のデベロッパーであれば、自社のブランドマンションを購入したいという顧客を抱えている可能性も高いですし、なによりブランド価値の低下を嫌って、できるだけ高く売却するような活動を行ってくれます。仲介手数料だけを狙って、とにかく安く売れればいい、といった営業をかけないのです。

まとめ

低層階マンションにも、高層階物件にはない数々のメリットがあります。もちろん高層階と同じ価格で売却することはできませんが、絶対的な価格相場も安いので、手離れもよく現金化もしやすくなっています
マンションの住み替えを狙っているときには、敢えて価格の安い低層階物件を購入して、将来的に高く売っていくという戦略も検討してみるとよいかもしれません。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top