HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

不動産売買のキャンセルについて

不動産売買のキャンセルについて

自分の所有するマンションや戸建を売るときには、不動産会社とのやり取りや、内見への対応、契約に向けた交渉などやる...
全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

不動産会社のやる気をあげるためには(一般媒介契約での売却)

不動産会社のやる気をあげるためには(一般媒介契約での売却)


住宅やマンションを売却する時に一般媒介契約は不動産会社からするとあまりありがたくないと言われます。
一般媒介契約の場合、多くの不動産会社が一つの物件を扱うことになるので、必ずしも自分の会社でその物件を売ることができるとは限らないからです。

利益にならない可能性が高いと、不動産会社のテンションが下がってしまうということは、ある意味で事実です。
しかし売主側からすれば、多くの会社に売却活動をしてもらった方が、早く、そして高く売れるかもしれないという考えもあるでしょう。
そこで一般媒介契約を締結する場合に、不動産会社にやる気を引き出すための対策をいくつかご紹介します。

競争をしてもらうため最低3社に話を持っていく

まず、一般媒介契約の大きなメリットとして考えられるのは、 複数の不動産会社に競争意識を持った売却活動をしてもらえる点です。
一般媒介契約は多様なルートを使って売却ができるので、しっかりと売却活動に励まないと他社に先を越されてしまうという、危機感を感じてもらうことができます。

可能な限り、色々な不動産会社に売却希望額なども伝えながら具体的に話を持っていくようにしましょう。
一般媒介契約で売却をするのでしたら、ある程度はっきりと契約については一般であることは最初に伝えておきます。
そこで相手の反応を見て、あまり乗り気でないようでしたらその時点でその会社はやめてもいいですし、それでもやってくれるという会社であればこちらも本気になってお願いしてみれば良いでしょう。
そういった反応を見るために最低でも3社には、話を持っていくべきです。
相手も商売ですから、必ずしも毎回乗り気になってくれるとは限りません。
最初の反応を見て、この会社なら一般媒介契約でもしっかりやる気になってくれそうだという点を見極めて行きます。

内覧をしやすく

不動産会社からすると一般の売主さんは、専任の売主さんに比べて面倒なお客という認識があるでしょう。
そこで、不動産会社の手間を減らすために内覧可能状態を整えておくなど、不動産会社が活動しやすくしてあげることが売却活動にプラスに働くでしょう。

自宅にまだ居住中で売却にする場合は、内覧ができるのは主に週末になってしまいます。
そうなると内覧もバッティングすることが多く、受け入れができない場合も発生します。
そんな中で「片付いていないから…」などの理由で内覧を断ると、チャンスが減るだけでなく、売却活動をする不動産会社のやる気も下がります。
そしてあなたの物件の内覧は不動産会社の担当の中での優先順位が下がる可能性があります。

できるだけ常に綺麗にしておいて、急な内覧にでも対応できるようした方が良いでしょう。
もし、転居することが可能で、自由に内覧ができる状態にしておけるのであれば不動産会社もスムーズに内覧を行えます。
退去してクリーニングを行い自由に何時でも内覧ができる状態にできるのであれば、手間も減らせ、売却活動に非常にプラスだと考えられます。
そうすれば不動産会社も「あの部屋ならすぐに見られますから」と言って積極的に物件を紹介してくれるでしょう。

専任媒介契約に切り替えるという選択肢もある

一般媒介契約のメリットとして、自由に契約の種類を切り替えられるという点もあります。
一般媒介契約で複数の会社に売却活動をお願いしていて、その中で本当に親身になって活動してくれる、この会社の営業マンならば信頼して売却活動を任せられそうだというのは、だいたい2週間もあれば傾向が分かってくるものです。

最初は複数の不動産会社に売却活動お願いし、徐々に傾向が分かってきたところで、専任媒介契約に切り替えるという手段もあります。
専任媒介契約になれば不動産会社は一社しか利用できないので、本気になって売却活動を積極的に行ってもらわないと困ります。
家を売るということは、普通の人にとっては一生に一度か二度あるかないかということです。
最初から一社に絞って売却を全て任せてしまうというのはある意味でリスクが高い行動です。

そのため、まずは信頼できる不動産会社を選ぶため、一般媒介契約を結んで、後々専任媒介契約などに切り替えていくというのもメリットのある手段なのです。

場合によってはマージンを設定する

さらに不動産会社にやる気を出してもらうために、不動産会社の仲介手数料にマージンとして上乗せをするという契約を考えてみても良いでしょう。
売却活動がうまくいけば物件は自分の想定よりも高く売れることもあるものです。
4000万円で売るつもりだったものが、4100万円と、100万円高く売れたのであれば、そこにマージンが10万円変わっても自分の実質的な利益は90万円になります。

もちろん不動産会社の方から仲介手数料の上乗せを持ちかけることは違法ですが、広告料などの活動費名目で自分達から提案をすることは問題ありません。
成果報酬という形で応えるのであれば、自分の利益が減るということにもならないので、そういった施策を検討しても良いでしょう。

まとめ

本コラムで紹介した一般媒介契約でも不動産会社のやる気をあげる方法としてご紹介したのは以下です。
・不動産会社の手間を軽減してあげ
・積極的に活動してくれれば専任に切換える可能性があることを伝え
・場合によってはマージンを設定する

専任でも一般でも不動産会社は、自分の物件を売ってくれる大切なパートナーです。
きちんと意思疎通をして、信頼できるパートナーを見つけていきましょう。

一般媒介契約をご検討中の方は、
手間なく複数社と一括で一般媒介契約が結べ、スムーズにコミュニケーションができ、途中で専任媒介にも切り換えられる…
そんな便利なサービス「ウリリン」のご利用も是非検討してみてください!

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top