HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

先日国土交通省による公示地価が発表され、日本の都市及び住宅地の地価平均相場が上昇している結果が明らかになりまし...
全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

複数の不動産会社と一括で一般媒介契約を締結する方法

複数の不動産会社と一括で一般媒介契約を締結する方法

一般媒介契約と専任媒介契約

これから家を売却されようとしている方の中には、複数の不動産会社に対して売却の依頼ができる「一般媒介契約」を締結しようとしている人も多いともいます。
>媒介契約について詳しくはこちら

一般媒介契約であれば、1社に不動産の売却を依頼する専任媒介契約や専属専任媒介契約とは違い、複数の不動産会社が競いながら売却活動を同時に行ってくれます。

現状では専任媒介契約、専属専任媒介契約を締結する際、多くの人は実際に売れるとは保証されていない査定価格を頼りに、専任する不動産会社1社を選ぶ傾向にあります。
しかし、不動産売却の場合の査定価格とは、あくまでも売却の予想価格です。高い査定結果が出ても最終的にいくらで売却が完了するかは、買主との交渉次第となります。
中古車などの査定とは違い、ここは難しいところです。
例えば、査定価格6000万円を出した会社に売却をお願いしたものの、しばらく売れず…5500万円であれば購入希望者がいると提案され5500万円で売却をした…ということもあります。

そうなると「不動産の査定価格が高い低いの争いは意味がるのか…?」と考え、「複数の会社に一般媒介で依頼して最終的な結果で争ってもらおう」と一般媒介を選択するは合理的な判断のように思えます。

一般媒介契約をたくさんの会社と締結するのは面倒

しかし、不動産会社からすると一般媒介契約よりも、ライバルのいない専任媒介契約や専属専任媒介契約を結んで欲しいというのが本音です。
したがって「一般媒介契約の方がいいですよ」と不動産会社に案内されることはまずありません。
「専任媒介契約がおすすめです」と案内され、多くの方は特に疑問も抱かず、専任媒介契約を締結します。
まずここに一般媒介契約を締結する人が少なくなる要因があります。

そして、一般媒介にしようと決心したあとは、複数の不動産会社に連絡をし、複数の会社の自宅訪問を受け、同じような書類を書き、何度も広告用の写真撮影をされ…と手間が多くなり、非常に面倒です。

一般媒介を一括で締結する新サービス

そんな一般媒介締結の手間を少しでも減らそうと、複数の会社と一括で一般媒介契約締結できる新サービス「ウリリン」がスタートしました。
(専任媒介契約の締結も選ぶことができます)

媒介契約締結前の家の調査や訪問はウリリンスタッフがまとめて1回で行います。また、広告や査定に使う写真撮影も同時に行います。
各社の訪問を受ける必要はなく、手間が劇的に少なくなります。
あとは、スマホに各社の査定が届き、査定価格を参考に売出価格を決めて、媒介契約書を取り交すだけです。

実際の売却活動がスタートした後も、各社とチャットで連絡が取れたり、内見の調整をシステム上でできたり、やりとりの手間も減らすことができます。
>ウリリンについて詳しくはこちらのコラムも参考にしてみてください)

一般媒介契約の締結の手間が減り、その後のやりとりの手間も減るとなると、売主にとって、一般媒介契約がより魅力的な選択となるかと考えています。

これからの時代のスマート不動産売却「ウリリン」
是非一度検討してみてください。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top