HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

正直者がバカをみる?現役不動産営業マンに聞く売却時の注意点とブラックな業務内容。

正直者がバカをみる?現役不動産営業マンに聞く売却時の注意点とブラックな業務内容。

自宅を売却するとき「どこの不動産会社がいいのか?どんな売却方法がオススメなのか?」で悩まれる方が多いと思います。

 

では不動産のプロである不動産会社に相談すればいいのかというと…「騙されて不動産会社の都合の良いようにされそう…どうせ自社に任せるのが一番いいと言われるに決まってる…」と考え、どうしていいか分からなくなってしまうと思います。

そこで本連載では「お客として不動産会社に相談しても本当のことを教えてくれなさそう…」ならば「不動産会社の社員自身がどのように家を売却したのかもしくは売却するのか」を聞いてみて、その情報を参考にすれば、本当にオススメの売却方法が見えてくれるはず!という目的のもと、不動産会社で働く(働いていた)方々に自分の不動産をどう売却したのか聞いていきたいと思います。

今回は一部の不動産会社ではこんなことをやっているウラ話と回避する方法をざっくばらんに伺ってみました。

 

第2回インタビューのS氏のプロフィールは以下です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

S氏
30代既婚
中堅不動産仲介会社勤務
現在は賃貸。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
聞き手
アンメルツ横井(フリーライター、以下「アン横」)

 

〜正直すぎる売主様は損をするのか?簡単に回避できる方法があるとの事で伺ってみました〜

 

アン横:不動産仲介会社の収益の柱となるのは成約時にお客様から頂戴する仲介手数料だと思いますが、売り上げを伸ばすために努力をされていることはございますか。

 

S氏:誠心誠意気持ちを持って営業することです!が、多少のリップサービスは必要なので常にお客様の様子を伺いながら仕事をしています。

 

アン横:実は私も保険会社で営業をしていた過去があるのですが、仮に自社の保険商品が他社の保険商品より劣っていたとしてもお客様には絶対にそんなことは言いませんでしたし(笑)ある程度のリップサービスは必要だと思います。

 

S氏:当然ですよね。正直過ぎる営業をしたらお客様は他へ行ってしまいますよ。私が携わらなければお金にならないので意味はないです。
そうは言うものの我々はハウスメーカーのように自社の商品だけを売り込む営業とは少し違います。お客様にとって一番良いものが価値のあるものなので客観的な立場に立ってお客様にその物件のメリット、デメリットをお伝えするんです。

 

アン横:営業マンの鏡ですね。是非私が家を買う時はお願いしたいですね(笑)
他に仲介手数料を頂戴する為に何か営業努力をされていますか。

 

S氏:両手取引は意識していますね。(※両手取引とは)
もっと美味しいのは2回の取引を行える案件ですね。

 

アン横:2回の取引とは??

 

S氏:色々な事情で不動産を売却されたいというお客様がいらっしゃいます。良くあるケースが相続案件。その不動産を所有する親がなくなり子が相続するケースです。相続したお子様はとりあえず早く売却してしまいたいという方が多いんです。そんな時は買取業者を探してご納得できる金額であればそのまま進めていくんです。

 

アン横:お客様がご納得された上で買取してもらうんですよね。

 

S氏:もちろんその通りです。

 

アン横:全然普通の営業じゃないですか。

 

S氏:極端な例でご説明しますが、もしお客様から2,000万円であれば売却して良いと言われる物件の価値が3,500万円だったらどうしますか。

 

アン横:2,000万円でも良いって言っているのに3,500万円の提示をされればそのお客様は喜んでいただけると思うのですが。。。

 

S氏:いいえ、2,000万円で売買契約をします。それで我々は、売主様、買主様から仲介手数料をいただきます。合わせて132万円の仲介手数料です。

 

アン横:2,000万円で132万円よりも3,500万円で222万円もらった方が会社の利益にもなるじゃないですか。

 

S氏:2,000万円で売買契約をして132万円をいただき、その後で3,500万円で売買契約を行えば222万円、合計352万円貰えるじゃないですか。

 

アン横:それって自社の利益のためだけに動いているってことですよね。

 

S氏:それが自社にとって一番の利益だと思いませんか。会社に貢献できて且つ自分の歩合給に反映されますし。

 

アン横:確かに仲介会社さんにとっては一番の利益だとは思いますが、全くお客様の為にならないじゃないですか。囲い込み(※囲い込みとは)より更にヒドイですね。そんな事を慢性的に行っているのですか。

 

S氏:そんなおいしい案件は多くないので慢性的ではないですけど、不動産各社の中ではやっている人間はいますよ。

 

アン横:バレたら大ごとですね。

 

S氏:バレなければ、お客様も業者も喜んでくれますし、我々も嬉しい。皆が嬉しいなんて最高じゃないですか?

 

アン横:だんだんSさんのことが悪人に見えてきました。。。

 

S氏:それだけ毎月のノルマがキツいんですよ。ノルマ以上の成果をあげれば歩合給は多くつきますから頑張れるんですよ。自分のために。悪人にさせたのは会社です。。。

 

アン横:仕事楽しいですか?私はノルマがキツい保険会社の仕事にうんざりして辞めました。

 

S氏:楽しいですよ。仕事を割り切れるかどうかで変わりますよね。割り切れず辞めてしまう営業マンはいます。

 

アン横:会社、業種によって異なるのでしょうけど営業って楽ではないですよね。
私にとってショッキングな業界の裏話ですが、当事者にならない為にはどのようにすればよろしいのでしょうか。

 

S氏:非常に簡単です。不動産会社一社のみに依頼しないことです。(※専任媒介契約とは) 
数社に依頼することで不動産各社は他社に負けじと高い買取価格の提示をします。
2回転はまず出来ないでしょう。

 

アン横:一社であっても最初から親身にやってくれないのでしょうか。

 

S氏:もちろんやってくれる不動産会社はありますよ!

 

アン横:Sさんのように一見真面目そうに見える方でもそんなことやっているなんて全く見抜けませんね。そういう業界だからこそ一般の方のは気をつけて不動産仲介会社の選定をしなければならないですね。

 

S氏:正直その通りです。

 

アン横:Sさんが不動産を所有していて売却する際はどんな基準で不動産屋さんに声を掛けますか。

 

S氏:数社に声をかけるのは間違いないのでまずは一括査定を利用しますね。その中から数社選びます。該当不動産の近くの不動産会社、営業力の強い不動産会社、それとそれなりに名の知れた不動産会社ですかね。やり取りは面倒ですけど少しでも良い条件で納得した売却を目指したいです。

 

アン横:数社との査定や売り出しのやり取りをスマホ上で簡単に行える仕組みはいかがですか。事前にご覧になって頂いておりますが、それが「HowMaスマート不動産売却」です。

 

S氏:見させていただきました。一括査定では不動産屋各社から多くの連絡がありやり取りが面倒ですが、HowMaスマート不動産売却でしたらその心配がなく、かつ実査定と同等の精度の査定書がスマホ上に届くんですね。スマホ上で各社の査定書を判断材料にして売出価格を決めると媒介契約締結。すごいシステムだと思います。

不動産会社目線でいうと、賛否両論はあるもの賛成意見派の自分にとっては良いものに感じます。

売出を行うための媒介契約を数社と同時に交わし、一斉に販売活動をスタートさせる。営業力の差は出てきますが負けん気が強い営業ならばやる気が出ますね。お客様にとっても各社が頑張ってくれる感じが出てきて良いですね。
反対派の意見を代弁するならば、数社との一般媒介か。。。でしょうね。

 

アン横:SさんがHowMaスマート不動産売却賛成派だとは予想していませんでした笑。反対派のご意見…。Sさんのおっしゃる通りです。

 

S氏:私だって定期的に真っ当な仕事が入り営業力でカバーができれば変則的な売買はしたくないですよ。不動産仲介の仕事はお客様に喜んでいただけることにやりがいを感じてますし、本当にそれができる環境であれば望ましいことです。
今後、今のやり方で仲介の仕事が成り立つとは思っていません。
これからの時代は誰が一番早く売主の為に成約というゴールをお持ちできるのか競争すべきだと感じます。媒介の為の無駄な競争はやめていくべきです。

 

アン横:Sさんのお気持ちお察しします。ブラックな人間になり切らないことを切に願っております。本日はありがとうございました。

 

まとめ

 

今回のS氏との対話をまとめました。

 

  • 仲介手数料を最大限頂戴するために、顧客の気持ちを省みない売買を行う事例がある。(2回転の売買契約)
  • 不動産会社数社に売却を依頼することで不当な価格での売買契約を簡単に回避できる。
  • 不動産会社営業マンが自宅を売却するなら数社に依頼する。
    その基準は、
    1.当該売却不動産の近くの不動産会社
    2.営業力が強い不動産会社
    3.それなりに名の知れた不動産会社
  • 一括査定は煩わしいが「HowMaスマート不動産売却」は不動産各社からの連絡がなく媒介契約までスムーズで良い。

 

次回以降も是非ご期待ください!

 

記事内でご紹介したHowMaスマート不動産売却はこちら

 

執筆者情報

HowMaマガジン編集部HowMaマガジン専属ライターサンバ山岡
不動産とロックをこよなく愛する男。特にサンバに思い入れはない。
Return Top