HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

先日国土交通省による公示地価が発表され、日本の都市及び住宅地の地価平均相場が上昇している結果が明らかになりまし...
全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

自宅を購入する際の諸費用

自宅を購入する際の諸費用

物件を売却する時も諸費用がかかりますが、購入する時も各種諸費用がかかります。

物件価格のだいたい5%程度かかるといわれていますので、4000万円の物件を購入した場合は約200万円ほどの諸費用がかかることとなります。

 

通常かかる費用項目

 

仲介手数料

取引価格×3%+6万円+税 *400万円超えの取引の場合

(仲介を依頼した不動産会社へ契約に基づいて支払う)

 

登記関連費用

数十万円

登記費用やそれに伴う司法書士費用、登録免許税

 

売買契約書の印紙税

契約金額が1000~5000万円で1.5万円、5000万~1億で4.5万円

(不動産の売買契約書に印紙を貼りって納税)

 

不動産取得税

数万円~数十万円

土地、家屋の価格や地域次第で変動(控除もあり)

 

ローン保証料

1000万円ごとに20万円程度

金融機関によって異なる

 

ローン手数料

3~5万円

金融機関によって異なる

 

保険料

数万円

団体信用生命保険料、火災保険料など契約によって異なる

 

 

 

その他、マンションならば修繕積立基金、戸建新築であれば水道負担金などかかる費用などもあります。

諸費用のためのローンもありますが、可能であれば頭金とあわせて諸費用分のお金も用意しておくと安心です。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top