HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

先日国土交通省による公示地価が発表され、日本の都市及び住宅地の地価平均相場が上昇している結果が明らかになりまし...
全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

住宅ローンの金利のインパクトと繰り上げ返済

住宅ローンの金利のインパクトと繰り上げ返済

 

不動産を購入する際、金利と毎月の返済はいくらか?ということは意識しますが、利息を総額でどれくらい払うことになるのかということはついつい忘れがちです。

 

金利の違いによる支払額の差

 

金利による利息総額の差はかなり大きいものとなります。

3000万円の物件を35年ローンで買う場合(参考情報なので概算で表示します)

 

金利 利息総額 月々返済額
1% 約557万円 約8.5万円
2% 約1174万円 約9.9万円
3% 約1850万円 約11.5万円

 

金利の差のインパクトは、月々の返済だけでなく、35年で払わなければならない利息の総額にも大きく影響しますね。

1%で600万円弱…かなりの差です。

 

繰り上げ返済の効果

 

例えば上の例のように、3000万円を金利2%の35年ローンで買ったとします。

払わなければならない利息の総額は約1174万円です。

 

家を買ってから3年後に200万円繰り上げ返済した場合の効果はいくらくらいだとだと思いますか?

 

返済期間を短縮する目的(毎月の返済額を減らす方法もあります)で繰り上げ返済を200万円した場合、返済期間は3年減り、金利は約167万円減らすことができます。

これは、200万円払って167万円を獲得したという訳ではありません。

200万円は3000万円の元本を減らすのに使われ、さらに支払わなければならない利息総額の約1174万円から約167万円分の利息を払わなくてすむようにできたということです。

 

200万円のお金を運用して167万円の利益を生み出すのは至難の技だと思います。

お金の使い道として、高い金利でローンを組んでいる方は是非一度繰り上げ返済を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

住宅ローンのように高額を長期間借りる場合は、金利の差というのは、大変大きな影響を及ぼします。

そして繰り上げ返済というのは、非常に効果的なお金の使い方といえると思います。

是非一度、ローンの内容を確認してみてはいかがでしょうか。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top