HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

意外と色々かかる売却の諸費用

意外と色々かかる売却の諸費用

 

 

家を売るときにかかる費用は大きいものから小さいものまで色々あります。

一番知らなければならないことは「仲介手数料って意外と高い」ということですが、それ以外の費用も把握しておきましょう。

買取」や仲介会社を介さない「個人間売買」の場合でも仲介手数料以外の費用はかかります。

 

通常かかる費用

仲介手数料

取引価格×3%+6万円+税 *400万円超えの取引の場合

(仲介を依頼した不動産会社へ契約に基づいて支払う)

 

繰り上げ返済事務手数料

金融機関やローンの種類ごと数千円~数万円

(住宅ローン残債を一括で繰り上げ返済するため、そのための事務手数料を支払う)

 

売買契約書の印紙税

契約金額が1000~5000万円で1.5万円、5000万~1億で4.5万円

(不動産の売買契約書に印紙を貼りって納税)

 

抵当権抹消費用

不動産1つにつき1000円+司法書士費用約1万円

(住宅ローン残債に抵当権が設定されていると抹消登記の登録免許税が必要。司法書士に依頼する場合、司法書士の報酬も必要)

 

譲渡所得税

利益次第

(物件の売却により利益が出た場合、所得税と住民税がかかる。譲渡所得から3000万円が控除されるなどの制度があるため、要確認)

 

場合によっては必要な費用

修繕・リフォーム費用

建物を修繕・リフォームしてから引き渡す場合

 

測量費用

土地を実測して引き渡す場合

 

建物解体費用

更地にして引き渡す場合 

 

 

今住んでいる家をいくらで売ると、損しないのかなど計算をする際に意外と見落としがちなので、キチンと把握しておきましょう。

何千万円もの取引のときには、小さく見えますが、結婚式のオプションのように意外と色々かかって積み上がりますので、注意しましょう。

 

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top