HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

2020年最新版|熊本県の賃貸マンションはいくらで借りられる?熊本の賃料相場を探る

2020年における熊本県の賃貸マンション相場価格をレポートします。 新生活を控えて不動産ポータルサイトなどで物件を探している方やどの物件を契約しようか迷っている方、また所有不動産を何かしらの事情で賃貸に回すことを検討して...
全て見る

ローン・費用・税金

消費税増税前にマンションを買うのは得?それとも損?住宅ローン減税やすまい給付金、次世...

消費税が増税される2019年10月1日が迫っています。この日を境に、現行の消費税が8%から10%になり、2%の増税になります。 住宅を購入する際、土地は消費されるものではありませんので、非課税です。一方で、戸建てやマンシ...
全て見る

相場・資産価値

2020年最新版|熊本県内で戸建を買うにはいくら必要?各地ごとの相場価格を調査しまし...

2020年代最初の年を迎え、「今年こそは夢のマイホーム一戸建てを手に入れたい!」という気持ちをモチベーションに日々頑張っている人も多いのではないでしょうか。 戸建の住宅はマンションに比べて価格のばらつきが大きく相場を掴む...
全て見る

購入・買換え

物件探しと元付不動産会社の探し方。買物コンシェルジュに200万円も払いたくない!ーベ...

前回に引き続き、都内のタワマンを専任媒介の元付の囲い込みのおかげで400万円引きで購入したベンチャー役員のS氏のインタビューをお届けします。 (前回記事:都内マンションを400万円引で購入!専任で売ってる家が狙い目!?ー...
全て見る

再開発

約50年ぶり山手線の新駅名称は「高輪ゲートウェイ」に決定

2018年12月4日JR東日本より山手線の新駅の正式名称が「高輪ゲートウェイ」に決定したとの発表がありました。 2018年6月には駅名案の公募も行われていましたが、選考の結果「高輪ゲートウェイ」(たかなわげーとうぇい/T...
全て見る

投資・マネー

空き家活用クラウドファンディングで、いらない不動産の活用を考える!

空き家活用クラウドファンディングで、いらない不動産の活用を考える!

不動産特定共同事業者法の規制緩和により、最近クラウドファンディングを利用した不動産投資、特に空き家を活用して収益用物件に転用する投資手法が増えています。そこで自分が持て余している物件を人に活用してもらい、収益を得ていく人...
全て見る

雑学・その他

成約者インタビュー(vol.16)〜施設に入った姉の代わりに売却を行いました〜

HowMaマガジン編集部では「HowMaスマート不動産売却」をご利用して成約されたお客様にインタビューしております。 順次公開していきますので是非ご覧になって下さい。 N様女性 70代(代理人はN様の弟様) 板橋区 2D...
全て見る

トランプ政権誕生で不動産市場はどう変わる?

トランプ政権誕生で不動産市場はどう変わる?


先日の米国大統領選挙でドナルド・トランプ氏がヒラリー・クリントン氏を破り、次期大統領に就任することが決まりました。

選挙戦ではトランプ氏の発言や行動を巡って色々と騒動にもなっていましたが、多くの世論調査を裏切りサプライズ当選となりました。

トランプ大統領の誕生で世の中はどう変化するのか?

今回は日本の不動産マーケットに及ぼす影響をテーマに取り上げたいと思います。

あくまで筆者の予測として紹介しますので、今後の不動産マーケットを知る上での一つの参考として読んで頂ければ幸いです。

トランプ政権の目玉はインフレ政策

不動産市場を占う前に、まずは相関性の強い株式市場の動向をチェックしていきたいと思います。

11月8日大統領選挙開票日の株式市場は荒れに荒れました。

トランプ氏の当選確実が報道されると日経平均株価は1,000円弱の下落を記録し、従来の予想通りトランプ氏の当選は経済にネガティブというように評価されてしまいました。

しかし、株価の下落はその一日限りで、翌日の日経平均株価は前日の大暴落を上回る大暴騰。

本国の米国株式市場に至っては連日の史上最高値を更新と活況を呈しています。

では、なぜ株価は上がっているのか?

理由の一つとして挙げられるのは、トランプ政権によるインフレ政策への期待によるものだと考えます。

そして、このインフラ政策は日本の不動産市場には追い風となります。

詳細は割愛しますが、大幅な法人税の減税、所得税の減税、相続税の撤廃、インフラ投資を中心とする財政出動、金融規制の撤廃などが代表的な経済政策でしょうか。

この政策が実現されれば、膨大なマネーが市場に溢れインフレ経済が起こると予測できます。

米国がインフレになると日本経済はどうなるでしょうか。

高い確率で起こりうることは、為替が円安トレンドになるということです。

米国がインフレになれば、米国債は売られ米国債の金利は上昇します。

米国債の金利が上昇すると、金利差によってドルが買われて円が売られやすくなります。

為替が円安になるということは、輸出企業を中心に日本経済は好景気になりやすく、また、海外から日本にマネーが流入しやすくなるため、日本でも株や不動産などの資産価格が上昇しはじめるのです。

以上のことから、トランプ氏のインフレ政策→日本は円安・株や不動産などの資産価格が上昇→不動産市場が活況になるだろうと予測できるのです。

インフレでも金利は上昇しない日本

トランプ氏のインフレ政策は、日本にもインフレ環境を誘発し不動産市場にとってもプラスになる可能性が高いと紹介したところで、次に気になるのは金利です。

確かにインフレによって不動産や株などの資産価格は上昇傾向になりますが、それに伴い金利も上昇するのが本来の常識です。

せっかく不動産価格が上昇傾向になっても住宅ローンの金利が高くなれば不動産市場にはマイナスとなってしまいます。

今後、住宅ローン金利は上昇してしまうのでしょうか。

筆者の見解からすると、金利は上昇しにくいと思っています。

理由は日本銀行による施策によるものです。

この施策は指し値オペと言われるもので、急な金利上昇を防ぐ措置として2016年11月に実際に発動しており、このところの急速な金利上昇を抑えるのが狙いです。

この指し値オペによって世界的に金利が上昇している中でも日本は低金利に抑えるかたちとなっています。

今後、不動産価格は上昇する見込みがあり、尚且つ、住宅ローンは低金利を維持という環境が続けば、不動産市場の見通しは明るくなります。

不動産市場の過熱によりバブルの懸念も

ここまでトランプ政権がもたらす日本の不動産市場への影響として、ポジティブな内容を紹介してきましたが、注意しなければならないのがバブルの心配です。

現状でも、不動産市場の過熱感が叫ばれている中で、更なる過熱はバブルを起こす懸念があります。

バブルはいずれは崩壊する運命にあります。

今は日本銀行が頑張って金利を抑えていますが、バブル崩壊や世界的な金利上昇の影響で、今後の住宅ローン金利の急激な上昇も無くはありません。

これから不動産の購入を検討している方は、特に買い時や住宅ローンの組み方を見極める必要があるかと思います。

一方、不動産の売却を検討している方は、今後、更なる不動産価格の上昇を期待して売り時を少し待つという考え方もあるかもしれません。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top