HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

先日国土交通省による公示地価が発表され、日本の都市及び住宅地の地価平均相場が上昇している結果が明らかになりまし...
全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

東京の23区別マンション相場価格。区ごとの相場の差は約2倍!!

東京の23区別マンション相場価格。区ごとの相場の差は約2倍!!

東京に家を買う。23区内にマンションを買う。ということに興味のある方は多いと思います。23区内といってもエリアによってかなり価格の差が出てくるのが東京のマンション。広さやグレード、築年数によってマンション価格はもちろん上下しますが、エリア≒利便性による価格差が非常に大きくなってきています

前回2015年に東京23区の区ごとのマンションの相場価格を調べたところ、非常に興味を持って読んで頂いた方が多かったので、今回は、2018年4月現在の東京23区の区ごとのマンションの相場価格を比較していきたいと思います。

まずは価格を推定するマンションの条件決める

AIでマンションや戸建の価格を推定できるHowMaには不動産相場マップという機能があり、色々な条件であらゆるエリアのマンション相場を調べられます。マンションだけでなく、戸建も、さらには売買価格だけでなく賃料や利回も調べることができますが、本コラムでは「マンション相場」を確認します。

さらにはどんなマンションなのか、色々な条件での相場価格を調べられますが、区ごとの相場を相対的に比較するために、ここではマンションの条件を統一して、各エリアの相場を調べていきます。今回の条件は以下です。

  • 専有面積:80㎡
  • 築年数:10年

 

 

 

 

80㎡ですと3LDKや広い2LDKといった間取りとなるかと思いますが、4人家族で住むにも十分な広さかと思います。また築10年ということで、新耐震基準の新しい中古マンションという想定です。

はたして、区ごとのマンション相場は??

「専有面積:80㎡、築年数:10年」という設定した条件で、東京の全23区ての区の相場価格を調べました。相場価格が高額な順に一覧で並べた結果が以下です。

  1. 港区   8800万円〜1億1000万円
  2. 渋谷区  8900万円〜1億1000万円
  3. 千代田区 8500万円〜1億円
  4. 目黒区  8400万円〜1億円
  5. 品川区  7300万円〜9000万円
  6. 新宿区  7200万円〜8700万円
  7. 世田谷区 7100万円〜8700万円
  8. 文京区  7000万円〜8500万円
  9. 中央区  6700万円〜8200万円
  10. 中野区  6600万円〜8000万円
  11. 豊島区  6300万円〜7800万円
  12. 杉並区  6200万円〜7600万円
  13. 江東区  5600万円〜6900万円
  14. 大田区  5600万円〜6900万円
  15. 台東区  5600万円〜6900万円
  16. 墨田区  5300万円〜6500万円
  17. 北区   5300万円〜6500万円
  18. 練馬区  5000万円〜6100万円
  19. 荒川区  4800万円〜5900万円
  20. 板橋区  4800万円〜5900万円
  21. 江戸川区 4600万円〜5600万円
  22. 葛飾区  3900万円〜4800万円
  23. 足立区  3800万円〜4600万円

*価格をクリックでHowMa不動産相場マップのページへ移動します。
*2018年4月時点の相場情報です。相場は常に変動するので注意してださい。
*リンク先の不動産相場マップの相場情報は変動しているリアルタイムな情報のための記載されている相場情報とは表示が異なる可能性が高いのでご注意ください。

前回同様に港区が一番高額な相場の区となっており、相場価格は8800万円〜1億1000万円となっています。相場情報はあくまで設定された条件での平均的なマンションの価格を出していますので、グレードが極端に高いなどした場合はもちろんこの相場価格を大きく超えてきます。利便性が高くの人気の区は、相場価格が1億円程度となっており、平均的な収入の場合だと手が届かない…という状況になっています。

23区の中での区ごとの差でみてみると、一番高い「港区」(8800万円〜1億1000万円)と、一番リーズナブルな「足立区」(3800万円〜4600万円)では実に差は2倍強となっています。

前回、2015年の調査時点との差をみてみると、一番高額の港区は「2015年相場9000万円〜」でしたので今回の「2018年相場8800万円〜」は2%下落であり、ほぼ同額とみなすことができます。
ランキング全体をみてみると、上位は前回とほぼ同等の価格か微増となっており、足立区が「2015年相場3300万円」だったのが「2018年相場3800万円」で14%ほど上昇しているように、相場が低かった区の価格が上昇し、上位との差が狭まっている傾向にあります。

相場のランキングをグラフにしたものが以下です▼

 

東京23区以外のエリアや、もっと違う条件で相場を調べたい

東京23区以外のエリアの相場を調べてみたい、六本木や渋谷などといったもっと詳細なエリアごとの相場情報を知りたい戸建も知りたい賃料も知りたい…といったときでもHowMaの不動産相場マップをあればすぐに検索することができます。検索で調べたいエリアの地図を出して、条件を変更したり、地図を動かしたりと色々使ってみてください。

 

 

 

さらに具体的に、気になる物件を不動産ポータルサイトでみつけたら

相場情報など不動産相場マップで調べつつ、家の購入を検討しているとスーモやホームズ、アットホームといった不動産ポータルサイトで物件を探されると思います。もし色々調べて気に入った家があったら中古物件チェッカーを一度試してみてください。
スーモ、ホームズ、アットホームの物件詳細ページのURLをコピーしてきてチェッカーの検索ボックスに貼り付け、チェックをしてみると、AIが推定した相場価格と比較してどれくらいお得なのか?それとも割高なのか?ということや、耐震基準が古い年代に作られたマンションである。土地権利が所有権でなく借地権であるなど、注意するべき点がないかなどを教えてくれます。
さらには、LINEでHowMaを友達にすると利用できるLINE@中古物件チェッカーも便利です。気になる物件があったらLINEで遅ればすぐにお得どや注意点を返答してくれます。

 

 

 

 

中古物件チェッカーから、さらに購入シミュレーション登録をすると、気になる物件について、もし賃貸で住んだら?買ったら?の比較など色々な検証を細かくすることもできます。

 

 

 

 

 

いかがでしたか??家の売買を予定している時は、まず相場を知るところからまずははじめてみましょう。
さらにお気に入りの物件をみつけたら、物件のお得度の検証など様々な便利ツールがありますので、是非色々と使ってみてください!

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top