HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

東京に一軒家。都内戸建の相場価格は上昇。区によっての差はおよそ3倍に!

東京に一軒家。都内戸建の相場価格は上昇。区によっての差はおよそ3倍に!

いつかは、東京に庭付きの戸建を建て暮らしたい…。そんな夢をお持ちの方も多いと思いますが、実際に東京に一軒家を持つといくらくらいかかるのでしょうか??

正直全く想像もつかないという方も多くいると思います。不動産ポータルサイトなどで売っている情報を見ればなんとなく想像がつくかも知れませんが、戸建はマンションよりも個別性が強く、物件ごとに価格のばらつきも大きくなっていますので、パッとわかりづらいかも知れません。

興味を持っていただいた方が非常に多かったのか前回2015年12月に調査した結果も非常に多くの方にご覧いただいたので最新情報(2018年3月末)を調べてみました。
(マンション版に興味のある方はこちら

ここでも不動産AI価格推定のHowMaの機能である不動産相場マップを活用し、東京の23区の各区ごと戸建て価格を推定して、比較をしてみたいと思います。都内で自分の年収だとどのエリアに戸建を持てそうか?安い地域はどこなのか?などの検討に役立ててみてください。
住みたい、憧れのあの土地で夢のマイホームを買ったら、いったいいくらになるのでしょうか??

>不動産会社に騙されないために。多くの不動産会社に売却依頼ができる特許取得の最新サービスとは?

まずはどんな家なのか前提条件を設定

HowMaでは、色々な条件で相場価格を確認することができます。戸建もマンションも、売買価格も賃料価格も利回りも推定できます。ここでは「戸建」の相場を確認します。

さらにはどんな条件の戸建を推定するかという設定もできます。HowMa条件設定

本記事では以下の条件に統一して23区の戸建の相場価格を調べることにします。

  • 建物面積:80㎡
  • 土地面積:100㎡
  • 築年数:10年

戸建としては少し建物面積が少ないですが、東京の23区内ということで現実的な数字かと思います。また新築ではなく築10年の中古戸建を購入するという想定となっています。
この条件で各区の相場情報を検索していきたいと思います。

各区の戸建の相場価格は??

指定した「建物面積:80㎡、土地面積:100㎡、築年数:10年」の条件のもと、東京23区全ての区について、相場価格を調べてみました。

▼戸建の相場価格が高い順に順位をふってランキングにしたものが以下です▼

  1. 港区   1億4000万円〜1億7000万円
  2. 千代田区 1億4000万円〜1億7000万円
  3. 中央区  1億1000万円〜1億4000万円
  4. 目黒区  1億1000万円〜1億4000万円
  5. 渋谷区  1億1000万円〜1億3000万円
  6. 文京区  9300万円〜1億1000万円
  7. 品川区  9100万円〜1億1000万円
  8. 新宿区  8200万円〜1億円
  9. 江東区  7900万円〜9600万円
  10. 世田谷区 7600万円〜9300万円
  11. 大田区  7600万円〜9300万円
  12. 中野区  7400万円〜9100万円
  13. 台東区  7200万円〜8800万円
  14. 杉並区  7200万円〜8800万円
  15. 豊島区  7000万円〜8600万円
  16. 荒川区  6500万円〜8000万円
  17. 墨田区  6500万円〜7900万円
  18. 北区   6000万円〜7300万円
  19. 練馬区  5300万円〜6500万円
  20. 江戸川区 5100万円〜6200万円
  21. 板橋区  5000万円〜6200万円
  22. 葛飾区  4100万円〜5000万円
  23. 足立区  4000万円〜4900万円

*価格の部分をクリックするとHowMaの不動産相場マップページへ遷移します。
*相場情報は2018年3月末時点のものであり、価格は常に変動していますのでご留意ください。
*価格リンク先のマップ情報は常に変動しているリアルタイムのもののため、記載の価格と異なる場合がありますのでご注意ください。

やはり都心の区は価格が1億円を超えるという結果になり、一般的な所得水準では到底手が届きそうもない価格となっています。高い方の相場価格(▲万円〜△万円の△の方の価格)でみると、上位8区までが1億円を超えるという結果です。

エリアごとの差をみてみると、価格が一番高いと推定された「港区」「千代田区」(1億4000万円〜1億7000万円)と一番リーズナブルと推定された「足立区」(4000万円〜4900万円)の差は約3倍となっています。

前回2015年12月に調査した時点との比較をすると、ほぼ全ての区で相場価格が上昇していました。また順位の変動もかなりあり、一番大幅な上昇を見せたのは「江東区」でした。
一方で、区ごとの差は縮まっており、前回23位の「足立区」は相場推定価格は約3100万円、前回1位の中央区の相場価格が約1億5000万円で、その差が5倍となっていたのと比較すると今回の3倍という差はかなり小さくなったと言えます。

23区の区別の戸建相場価格の一覧をグラフにしたものが以下です▼

東京23区戸建相場ランキングのグラフ

その他のエリアや違う条件で相場情報を確認する

その他のエリアの相場を知りたい、恵比寿や六本木といった詳細なエリアの相場を知りたいマンションも調べたい賃料も調べたい…といったときでもHowMaの不動産相場マップを使えば調べられます。
気になるエリアを検索して、地図を動かしながら色々調べてみると参考になると思います。
不動産相場Mapの操作イメージ

>不動産会社に騙されないために。多くの不動産会社に売却依頼ができる特許取得の最新サービスとは?

不動産サイトをあれこれ検索して気になる物件が見つかったら

エリアの相場などを調べつつ、SUUMOやホームズなどを検索して、気になる物件が見つかったら中古物件チェッカーも便利です。
SUUMO、Home’s、アットホームの物件URLをコピー&ペーストしてチェックをすると、AI推定価格と比較してのお得度や、耐震や土地権利で見落としているポイントがないかなどをチェックしてくれます。
LINEで物件を送ってチェックするLINE@中古物件チェッカーも便利です。

中古物件チェッカー

さらにそこから購入シミュレーション登録すると賃貸と比較して購入する方が得かなど様々な分析を行うこともできます。
損得判定イメージ

いかがだったでしょうか。
相場を知ることからはじめ、物件のお得度の検証など様々な便利ツールがありますので、是非色々と使ってみてください!

>不動産会社に騙されないために。多くの不動産会社に売却依頼ができる特許取得の最新サービスとは?

 

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top