HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

2020年最新版|熊本県の賃貸マンションはいくらで借りられる?熊本の賃料相場を探る

2020年における熊本県の賃貸マンション相場価格をレポートします。 新生活を控えて不動産ポータルサイトなどで物件を探している方やどの物件を契約しようか迷っている方、また所有不動産を何かしらの事情で賃貸に回すことを検討して...
全て見る

ローン・費用・税金

消費税増税前にマンションを買うのは得?それとも損?住宅ローン減税やすまい給付金、次世...

消費税が増税される2019年10月1日が迫っています。この日を境に、現行の消費税が8%から10%になり、2%の増税になります。 住宅を購入する際、土地は消費されるものではありませんので、非課税です。一方で、戸建てやマンシ...
全て見る

相場・資産価値

2020年最新版|熊本県内で戸建を買うにはいくら必要?各地ごとの相場価格を調査しまし...

2020年代最初の年を迎え、「今年こそは夢のマイホーム一戸建てを手に入れたい!」という気持ちをモチベーションに日々頑張っている人も多いのではないでしょうか。 戸建の住宅はマンションに比べて価格のばらつきが大きく相場を掴む...
全て見る

購入・買換え

物件探しと元付不動産会社の探し方。買物コンシェルジュに200万円も払いたくない!ーベ...

前回に引き続き、都内のタワマンを専任媒介の元付の囲い込みのおかげで400万円引きで購入したベンチャー役員のS氏のインタビューをお届けします。 (前回記事:都内マンションを400万円引で購入!専任で売ってる家が狙い目!?ー...
全て見る

再開発

約50年ぶり山手線の新駅名称は「高輪ゲートウェイ」に決定

2018年12月4日JR東日本より山手線の新駅の正式名称が「高輪ゲートウェイ」に決定したとの発表がありました。 2018年6月には駅名案の公募も行われていましたが、選考の結果「高輪ゲートウェイ」(たかなわげーとうぇい/T...
全て見る

投資・マネー

空き家活用クラウドファンディングで、いらない不動産の活用を考える!

空き家活用クラウドファンディングで、いらない不動産の活用を考える!

不動産特定共同事業者法の規制緩和により、最近クラウドファンディングを利用した不動産投資、特に空き家を活用して収益用物件に転用する投資手法が増えています。そこで自分が持て余している物件を人に活用してもらい、収益を得ていく人...
全て見る

雑学・その他

成約者インタビュー(vol.16)〜施設に入った姉の代わりに売却を行いました〜

HowMaマガジン編集部では「HowMaスマート不動産売却」をご利用して成約されたお客様にインタビューしております。 順次公開していきますので是非ご覧になって下さい。 N様女性 70代(代理人はN様の弟様) 板橋区 2D...
全て見る

2016年基準地価から不動産市況を読み解く〜全国版〜

2016年基準地価から不動産市況を読み解く〜全国版〜

先日、国土交通省が2016年7月1日時点の基準地価を発表しました。

3年程前から都市部を中心に地価は回復傾向にあるものの、地方は依然厳しい状態が続いています。

今回は、この基準地価の結果から現在の不動産市況のトレンド、特徴などを見ていきたいと思います。

全国の全用途地価は25年連続の下落!

はじめに全国各地の基準地価の前年対比から見ていきましょう。

〈全国〉
住宅地:-0.8%

商業地:+0.005%

全用途:-0.6%

〈3大都市圏(東京、大阪、名古屋)〉
住宅地:+0.4%

商業地:+2.9%

全用途:+1.0%

〈地方4都市(札幌、仙台、広島、福岡)〉
住宅地:+2.5%

商業地:+6.7%

全用途:+4.0%

〈地方圏〉
住宅地:-1.2%

商業地:-1.1%

全用途:-1.2%

まず注目すべきは、全国の商業地が僅かながらプラスに転じたことでしょう。

商業地のプラスは9年ぶりの快挙となり、不動産市況の回復が実感できる結果となりました。

しかし、地方圏の地価下落が足を引っ張るかたちとなって、住宅地、全用途は相変わらずマイナス傾向が続いており、全用途に至ってはなんと今年で25年連続の下落となってしまいました。

バブルの後遺症はまだまだ残っています。

3大都市圏は、前年に引き続き地価の動きは堅調です。

住宅地の増加はさしたるものではありませんが、こちらも商業地の伸びが目立つ結果となりました。

次に地方4都市ですが、今回の基準地価で1番目を惹く結果になったのではないでしょうか?

まず何より高い地価上昇率です。

住宅地、商業地、全用途において、3大都市圏より2倍以上の上昇率となり、地価回復の地方中枢都市への波及を感じさせられる結果となりました。

なお、こちらでも商業地は6.7%と高い上昇率となっています。

一方、相変わらず厳しい状態が続いているのが、地方圏です。

下落幅は縮小傾向にあるものの、依然として地価下落は継続中です。

今回の基準地価をまとめると、都市部を中心に地価回復は継続中と言えるものの、地方圏は地価下落に歯止めがかからず、2極化が更に拡大する結果となったと言えるでしょう。

キーワードは訪日外国人観光客と緩和マネー

次に2016年基準地価の結果を受けて、不動産市況のトレンドや特徴を探ってみたいと思います。

既に紹介した通り、今回の発表では下記条件の地価上昇が目立つ結果となりました。

①地方中枢都市
②商業地

そして、この2点に共通するキーワードが「訪日外国人観光客」と「緩和マネーの流入」です。

政府と日銀が主導する金融緩和と、訪日外国人観光客のインバウンド消費が今回の地価上昇に寄与していると推測できます。

現在、訪日外国人観光客数は凄い勢いで増加しています。

2015年と比べて20%〜30%の割合で増えており、2016年の今年は大台の2000万人を突破すると見込まれています。

外国人の観光客というと、少し前までは中国人富裕層の爆買いを想像してしまいますが、今は買い物だけを目的としない東京や大阪以外の地方都市にも足を伸ばす旅行者が増えているようです。

そこに都市部から流れてきた緩和マネーが地方観光地の再開発を促し、ホテルや大型商業施設の開発ラッシュに繋がって地価上昇を誘引する構図となっています。

最近になって、不動産業界関係者からミニバブルの懸念の声が聞かれますが、行き場を失った緩和マネーと訪日外国人観光客の増加はしばらく続くと予想されるため、都心部や地方中枢都市の地価回復は今後も続くと思われます。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top