HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

マンション相場価格【渋谷区】〜買うと?売ると?賃貸は?どこが高い?どこが安い?〜

マンション相場価格【渋谷区】〜買うと?売ると?賃貸は?どこが高い?どこが安い?〜

東京の渋谷区でマンションの購入や売却、部屋を借りるという場合、相場はどのくらいか?エリアごとにどのくらい差があるか?をご紹介します。
*相場調査にはHowMa不動産相場マップを利用しています

渋谷区はターミナル駅である渋谷駅を中心とする副都心を代表するエリアです。

青山や原宿、恵比寿、代官山など洗練されたオシャレな街が多く、ファッション関連の産業が集積しているのが特徴です。

また、明治神宮や代々木公園など都心にいながら自然を実感できる場所もあり、近隣には松濤や代々木上原、広尾といった都内有数の高級住宅街も点在しています。

渋谷区はセレブが住むエリアといったイメージがありますが、実際のマンションの売買相場、賃貸相場はどのようになっているのか、見ていきましょう。

>東京23区ごとのマンション相場価格最新版はこちら

AI不動産査定のHowMa

渋谷区の売買相場・賃貸相場

まずは渋谷区全体の売買相場「買ったらいくら?」「売ったらいくら?」と賃料相場「借りたらいくら?」「貸したらいくら?」を見てみましょう。

一人暮らし用ワンルームから3LDK程度の広さ、新築・中古の築年数に応じて売買相場価格と家賃相場を一覧にまとめています。相場推移や買い時が気になっている方も参考にしてみてください。

▼2019年5月の渋谷区全体の相場情報

広さ
(主な間取)
築年数買ったら
売ったら
借りたら
貸したら
25㎡
(1K)
新築4,000万円14.2万円
10年3,400万円12.3万円
20年2,800万円11.5万円
30年2,200万円11.5万円
50㎡
(1LDK)
新築7,900万円27.5万円
10年6,700万円23.9万円
20年5,500万円22万円
30年4,300万円22万円
70㎡
(2LDK)
新築1億1,000万円37.2万円
10年9,400万円32.4万円
20年7,700万円30.1万円
30年6,100万円30.1万円
80㎡
(3LDK)
新築1億3,000万円42.1万円
10年1億1,000万円36.7万円
20年8,800万円34万円
30年6,900万円34万円

売買相場はどこが高い?どこが安い?

次に渋谷区のマンション売買相場はどのエリアが高く、どこがリーズナブルかをみていきます。(坪単価や平米単価の比較も可能ですが、イメージしやすいよう80㎡、築10年に統一した価格で比較します)

資産価値の値上がり・値下がりを気にしている方も参考にしてください。

▼2019年5月の渋谷区エリア別売買相場ランキング(80㎡,築10年)

順位エリア売買相場(築10年、80㎡あたり)
1代官山町1.4億〜1.7億円
2猿楽町1.4億〜1.7億円
3広尾1.4億円〜1.7億円
4恵比寿西1.3億〜1.6億円
5神宮前1.3億〜1.6億円
6鉢山町1.3億〜1.6億円
7鶯谷町1.3億〜1.5億円
8神南1.3億〜1.5億円
9渋谷1.2億〜1.5億円
10恵比寿南1.2億〜1.5億円
11恵比寿1.2億〜1.5億円
12宇田川町1.2億〜1.4億円
13上原1.1億〜1.4億円
14大山町1.1億〜1.4億円
15松濤1.1億〜1.4億円
16道玄坂1.1億〜1.4億円
17神山町1.1億〜1.3億円
18桜丘町1.1億〜1.3億円
191.1億〜1.3億円
20円山町1.1億〜1.3億円
21代々木神園町1.1億〜1.3億円
22西原1.1億〜1.3億円
23千駄ヶ谷1.1億〜1.3億円
24富ヶ谷1億〜1.2億円
25南平台町1億〜1.2億円
26元代々木町1億〜1.2億円
27神泉町1億〜1.2億円
28代々木9,700万〜1.2億円
29初台9,400万〜1.1億円
30本町8,800万〜1.1億円
31笹塚8,300万〜1億円
32幡ヶ谷8,100万〜1億円

渋谷区でもっともマンション売買の相場価格が高額なのは代官山町でした。

渋谷区は東京23区の中でも頭一つ抜けてマンションの相場価格が高額なエリアなのですが、築10年80㎡の相場価格が1億4,000円〜というのは驚くばかりです。

ちなみに23区内で最も安くマンションが購入できるエリアである足立区内でも最も安価なエリアである花畑の相場は同条件で2,600万円〜のため、単純比較するものではありませんが代官山町と比べると5倍以上の差があるということになります。

反対に渋谷区内でもっともリーズナブルにマンションを購入できるのは幡ヶ谷の8,100万円〜です。余談ですがこれも23区で最も安くマンションが買える傾向にある足立区内でトップの日ノ出町6,800万円〜より相当高額な金額となっています。

上記のランキングをグラフ化したものが以下です。

渋谷区のエリアごとにおける売買相場価格のグラフ

家賃の相場はどこが高い?どこが安い?

次に家賃のエリア比較です。ここでは50㎡,築10年で比較していきます。

▼2019年5月の渋谷区エリア別賃貸相場(50㎡,築10年)

順位エリア賃貸相場(築10年、50㎡あたり)
1神南25.3万〜31万円
2宇田川町24.9万〜30.5万円
3恵比寿西24.1万〜29.5万円
4桜丘町23.8万〜29万円
5渋谷23.2万〜28.4万円
6南平台町22.9万〜28万円
7鉢山町22.8万〜27.8万円
8恵比寿南22.8万〜27.8万円
9松濤22.1万〜27万円
10道玄坂22.1万〜27万円
11猿楽町21.9万〜26.8万円
12神宮前21.9万〜26.8万円
13大山町21.8万〜26.7万円
14円山町21.6万〜26.5万円
15千駄ヶ谷21.5万〜26.2万円
16広尾21万〜25.7万円
17上原20.9万〜25.6万円
18恵比寿20.8万〜25.4万円
1920.6万〜25.2万円
20富ヶ谷20.5万〜25.1万円
21鶯谷町20.1万〜24.6万円
22神泉町20.1万〜24.5万円
23代官山町19.9万〜24.4万円
24代々木神園町19.9万〜24.4万円
25神山町19.5万〜23.8万円
26代々木18.9万〜23.1万円
27元代々木町18.5万〜22.7万円
28初台18.5万〜22.6万円
29幡ヶ谷18.1万〜22.2万円
30笹塚17.8万〜21.8万円
31西原17.1万〜20.9万円
32本町16.7万〜20.4万円

渋谷区内における賃貸相場ランキングでは、神南エリアがトップという結果でした。

渋谷駅からすぐ近く商業施設や公共施設が多く立ち並ぶエリアということもあり、居住ニーズの高さにも納得です。

もっともリーズナブルなエリアは本町ですが、それでも1LDKから2LDKを想定した間取りで16万7,000円〜と23区内では高い水準となっております。

渋谷区内の賃貸相場ランキングをグラフにしたものが以下です。

渋谷区における賃貸相場価格のグラフ

その他のエリアを確認する

その他のエリアについても下記のリンクにてご確認いただけます。

好きなエリアや条件で相場を確認するには?

HowMaでは地図でエリアを選び、相場価格をみられます。新築・中古、マンション・戸建、築年数、面積など自由自在です。売買金額も家賃も利回りも出せます。格安エリアや価格高騰エリアを探すのにも役立ちます。

HowMa条件入力画面

もちろん売買も賃貸も物件の個別性によって価格は大きく変動します。高級な分譲マンションか学生向けか、大規模な高層タワーマンションか低層マンションか、駅近、路線、リノベーション、ペット可などなど。相場情報はあくまで参考としてご利用ください。

>誰にも知られず自宅の価格を調べるサイトとは?不動産相場の調べ方を解説します

HowMaのおすすめ機能

各エリアごとの不動産相場価格を調べる不動産相場マップ以外に登録不要でご利用いただけるHowMaの機能をシチュエーションごとにご紹介します。

自宅を所有していたらAI自動査定

既に不動産を所有していたらHowMaのAI査定をご利用ください。資産価値の推移や売った時の手残りがわかります。

渋谷区のマンションごとの相場価格を知りたいなら

HowMaのマンションページを使ってみてください。

不動産サイトで欲しい物件があったら

SUUMO、home’s、アットホームで欲しい物件を中古物件チェッカーに入れるとお得度や落とし穴がないかチェックしてくれます。

>東京23区ごとのマンション相場価格最新版はこちら

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top