HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

【2019年最新版】大阪市のマンションはどこが高くてどこが安いか|売買・賃貸相場を徹底レポート

2019年12月現在の大阪府大阪市のマンション相場レポートをお届けします。

相場価格の算出には大手不動産会社にも不動産相場価格のAI査定システムを提供しているコラビット社が開発した「HowMa」を使用しています。

大阪市の概要

大阪市は全政令指定都市の中で4番目に面積が小さいものの、その中に政令指定都市中最多の24もの行政区がひしめき合っている非常にコンパクトな都市です。

経済的にも上場企業の本社数が国内2位を誇り、大阪市の中でも都心部に関してはホテルや商業施設、マンションなどの需要が高いため近年地価が高騰していることも知られています。

そんな大阪市でマンションを買う場合や売る場合、借りる場合や貸す場合はどれくらいの相場になるのでしょうか。

HowMaの最新AI査定システムで調べてみました。

大阪市のマンション売買相場・賃貸相場

2019年12月現在の大阪市内のマンション相場価格を築年・面積別に算出しました。

▼大阪府大阪市の面積・築年別マンション相場価格(単位:万円)

面積 築年数 売買相場 賃貸相場
25㎡
新築 2,100 7.7
10年 1,700 6.6
20年 1,400 6.2
30年 1,100 6.2
50㎡
新築 4,200 14.8
10年 3,500 12.9
20年 2,800 11.8
30年 2,100 11.8
70㎡
新築 5,800 20.1
10年 4,900 17.5
20年 3,900 16.2
30年 3,000 16.2
80㎡
新築 6,600 22.7
10年 5,600 19.8
20年 4,500 18.3
30年 3,400 18.3

大阪市の売買相場はどこが高い?どこが安い?

続いて大阪市内の区ごとに算出したマンションの相場価格を見てみましょう。

マンションの条件は築10年・70㎡にて算出します。

▼大阪府大阪市のマンション売買相場価格(区別、単位:万円)

売買相場 ㎡単価
7,900 113
西 4,500 64
浪速 4,200 60
阿倍野 4,200 60
中央区 4,100 59
天王寺 3,900 56
都島 3,800 54
淀川 3,700 53
福島 3,700 53
3,600 51
城東 3,600 51
大正 3,400 49
東住吉 3,400 49
鶴見 3,300 47
3,300 47
東成 3,300 47
生野 3,000 43
此花 3,000 43
西淀川 2,900 41
住吉 2,800 40
住之江 2,700 39
東淀川 2,500 36
西成 2,400 34
平野 2,100 30

上記の表をグラフ化したものが以下です。

▼大阪府大阪市のマンション売買相場価格グラフ(区別、単位:万円)

関西一のターミナル駅梅田を拠点に大きな繁華街のある北区が他のエリアの中でも抜けて高い売買相場という結果になりました。オオサカガーデンシティの再開発などますます発展を遂げているエリアですので、今後の相場変動にも注目です。

大阪市のマンション賃貸相場はどこが高い?どこが安い?

続いて、マンションの賃貸相場を大阪市内の区ごとにチェックしていきましょう。

マンションの条件は売買相場と同様に築10年、面積は70㎡とします。

▼大阪府大阪市のマンション賃貸相場価格(区別、単位:万円)

賃貸相場
18.8
西 18.6
福島 17.7
中央区 16.3
天王寺 16.1
都島 15.5
浪速 15.1
14.5
阿倍野 14.4
14.4
東成 13.9
城東 13.7
鶴見 13.7
淀川 13.6
東住吉 13.2
住吉 12.6
西淀川 12.5
西成 12.5
大正 12.2
東淀川 11.8
此花 11.7
住之江 11.4
生野 10.9
平野 10.6

上記の賃貸相場価格表をグラフ化したしたものは以下のとおりです。

▼大阪府大阪市のマンション売買相場価格(区別、単位:万円)

こちらも売買相場価格と同様に北区が最も高額なエリアとなりました。

大阪市は他の政令指定都市と比べてコンパクトな都市であることが影響しているのか、それほど各エリアで賃貸相場に大きな差が生じませんでした。

売買相場も賃貸相場も、あくまでも築10年70㎡のマンションという条件のもと算出された売買相場価格ですので、詳しく調べたり他のエリアと比較したい人はHowMaの不動産相場マップから自由に条件を設定して入力してみてください。

>HowMa 不動産相場マップ

好きなエリアや条件で相場を確認するには?

HowMaでは地図でエリアを選び、相場価格をみられます。新築・中古、マンション・戸建、築年数、面積など自由自在です。売買金額も家賃も利回りも出せます。格安エリアや価格高騰エリアを探すのにも役立ちます。

マンションといえど不動産の価格は築年数や面積などさまざまな条件によって大きく価格が変動します。

HowMa不動産相場マップの相場情報を参考に、より具体的な物件の相場価格を知りたい場合はHowMaのAI査定サービスをご利用いただくか下記リンク先の記事を参考に相場価格を算出してみてください。

>誰にも知られず自宅の価格を調べるサイトとは?不動産相場の調べ方を解説します

HowMaのおすすめ機能

ここではHowMaのおすすめ機能をご紹介します。

自宅を所有していたらAI自動査定

既に不動産を所有していたらHowMaのAI査定をご利用ください。資産価値の推移や売った時の手残りがわかります。

大阪市のマンションごとの相場価格を知りたいなら

HowMaのマンションページを使ってみてください。

不動産サイトでほしい物件を見つけたら

SUUMO、home’s、アットホームで欲しい物件を中古物件チェッカーに入れるとお得度や落とし穴がないかチェックしてくれます。

>東京23区ごとのマンション相場価格最新版はこちら

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top