HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

2019年最新版マンション相場価格【中野区】〜買うと?売ると?賃貸は?どこが高い?どこが安い?〜

2019年最新版マンション相場価格【中野区】〜買うと?売ると?賃貸は?どこが高い?どこが安い?〜

近年JR中野駅北口を中心に再開発が進み、居住用の物件のみならず不動産投資の対象としても注目を集める中野区ですが、中野区の不動産相場は現在どのようになっているのでしょうか。

どのエリアがいくらくらいで売買されており、賃貸で借りた場合・貸した場合にどれくらいが家賃の相場となっているのかをエリアごとにレポートします。

*相場調査にはHowMa不動産相場マップを利用しています

AI不動産査定のHowMa

中野区のエリア的な特徴は

中野区は大繁華街を有する副都心に隣接しており、新宿駅、渋谷駅、池袋駅へのアクセスが非常に便利なエリアです。

近年では中野駅や中野坂上駅周辺において再開発が行われており、交通の利便性以外でも街としての魅力が高まっています。

その一方で、中野区は公園や緑地が少なく都内でも指折りの住宅密集地であるため、人口密度は東京23区の中で2番目に高い数値となっています。

また、幅の狭い道路が数多く点在しており、狭幅員道路率は東京23区中最下位と、道路都市基盤が脆弱なのも中野区の特徴です。

そんな中野区ですが、マンションの売買相場、賃貸相場はどのようになっているのでしょうか?

>東京23区ごとのマンション相場価格最新版はこちら

中野区の売買相場・賃貸相場

まずは中野区全体の売買相場「買ったらいくら?」「売ったらいくら?」と賃料相場「借りたらいくら?」「貸したらいくら?」を見てみましょう。

一人暮らし用ワンルームから3LDK程度の広さ、新築・中古の築年数に応じて売買相場価格と家賃相場を一覧にまとめています。相場推移や買い時が気になっている方も参考にしてみてください。

▼2019年5月の中野区全体の相場情報

広さ
(主な間取)
築年数買ったら
売ったら
借りたら
貸したら
25㎡
(1K)
新築3,000万円9.1万円
10年2,600万円8万円
20年2,100万円7.4万円
30年1,700万円7.4万円
50㎡
(1LDK)
新築6,100万円17.7万円
10年5,200万円15.4万円
20年4,200万円14.2万円
30年3,300万円14.2万円
70㎡
(2LDK)
新築8,500万円24.1万円
10年7,200万円20.9万円
20年5,900万円19.3万円
30年4,700万円19.3万円
80㎡
(3LDK)
新築9,700万円27.1万円
10年8,300万円23.6万円
20年6,800万円21.8万円
30年5,300万円21.8万円

売買相場はどこが高い?どこが安い?

次に中野区のマンション売買相場はどのエリアが高く、どこがリーズナブルかをみていきます。(坪単価や平米単価の比較も可能ですが、イメージしやすいよう80㎡、築10年に統一した価格で比較します)

資産価値の値上がり・値下がりを気にしている方も参考にしてください。

▼2019年5月の中野区エリア別売買相場ランキング(80㎡,築10年)

順位エリア売買相場(築10年、80㎡あたり)
1中野7,900万〜9,700万円
2東中野7,500万〜9,200万円
3中央7,200万〜8,700万円
4本町7,100万〜8,700万円
5南台7,000万〜8,600万円
6弥生町6,700万〜8,100万円
7新井6,400万〜7,900万円
8松が丘6,400万〜7,900万円
9野方6,000万〜7,300万円
10丸山5,800万〜7,100万円
11江原町5,600万〜6,800万円
12江古田5,600万〜6,800万円
13沼袋5,500万〜6,700万円

ランキングをグラフ化したものが以下です。

中野区におけるマンションの売買相場価格をグラフ化した画像

最も高い中野エリアと沼袋エリアでは約1.5倍ほどの価格差が見られました。

やはりJRの沿線である中野や東中野が高額で、次いで東京メトロ丸ノ内線の中野坂上や中野新橋、中野富士見町や新中野などがある中央、本町、南台、弥生町エリアが高い水準にあることが分かります。

一方、西武新宿線沿いのエリアは比較的リーズナブルな傾向にあるようです。

家賃の相場はどこが高い?どこが安い?

次に家賃のエリア比較です。ここでは50㎡,築10年で比較していきます。

▼2019年5月の中野区エリア別賃貸相場(50㎡,築10年)

順位エリア賃貸相場(築10年、50㎡あたり)
1中野15.2万〜18.5万円
2東中野14.8万〜18万円
3本町14.6万〜17.9万円
4松が丘14.5万〜17.7万円
5野方14.1万〜17.3万円
6沼袋14.1万〜17.2万円
7中央13.9万〜17万円
8新井13.4万〜16.4万円
9弥生町13.3万〜16.2万円
10南台12.3万〜15.1万円
11丸山12.2万〜14.9万円
12江古田12.1万〜14.8万円
13江原町11.9万〜14.5万円

ランキングをグラフにしたものが以下です。

中野区におけるマンションの賃貸相場価格をグラフ化した画像

売買の相場価格と比較するとランキングに若干の変動が見られます。

中野区は再開発が進むJR中野駅付近はもちろんのこと、丸ノ内線のダイヤ変更(方南町発の池袋方面直通電車増)や西武新宿線中井駅〜野方区間の駅でも中野区と西武鉄道が共同で進める連続立体交差事業により2020年までを目処に地下駅に変更される予定で、今後の相場に影響が出てきそうです。

その他のエリアを確認する

その他のエリアについても下記のリンクにてご確認いただけます。

好きなエリアや条件で相場を確認するには?

HowMaでは地図でエリアを選び、相場価格をみられます。新築・中古、マンション・戸建、築年数、面積など自由自在です。売買金額も家賃も利回りも出せます。格安エリアや価格高騰エリアを探すのにも役立ちます。

HowMa条件入力画面

もちろん売買も賃貸も物件の個別性によって価格は大きく変動します。高級な分譲マンションか学生向けか、大規模な高層タワーマンションか低層マンションか、駅近、路線、リノベーション、ペット可などなど。相場情報はあくまで参考としてご利用ください。

>誰にも知られず自宅の価格を調べるサイトとは?不動産相場の調べ方を解説します

HowMaのおすすめ機能

自宅を所有していたらAI自動査定

既に不動産を所有していたらHowMaのAI査定をご利用ください。資産価値の推移や売った時の手残りがわかります。

中野区のマンションごとの相場価格を知りたいなら

HowMaのマンションページを使ってみてください。

不動産サイトで欲しい物件があったら

SUUMO、home’s、アットホームで欲しい物件を中古物件チェッカーに入れるとお得度や落とし穴がないかチェックしてくれます。

>東京23区ごとのマンション相場価格最新版はこちら

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top