注目キーワード

2020年最新版|北海道のマンション相場は今いくら?道内各地の不動産相場価格をAIで調査

JOC(日本オリンピック委員会)が1月29日、日本国内の2030年冬季オリンピック・パラリンピックの開催候補地を札幌市とすることを正式に決めたと報道がありました。

今後開催に向けて札幌市のみならず北海道全体が盛り上がっていくことが期待されています。

今回はそんな北海道におけるマンションの相場価格を、各都市ごとに調査した結果をレポートします。
今年生活環境の変化や相場の変動に応じて新居の購入や物件の売却を検討している方はぜひご参考にしてください。

相場価格の算出にあたっては大手企業に不動産の相場価格を査定するAIシステムを提供しているコラビット社の「HowMa」を活用しています。

北海道のマンション相場価格の調査方法

夫婦子供2人の4人家族で居住する物件を想定して築10年、80㎡(3LDK)の物件にて計算しています。

また、北海道は非常に広大で多くの地域にまたがることから今回の記事ではいくつかの都市をピックアップして掲載しています。

なお、不動産価格AI査定サービス「HowMa」はリアルタイムに取引事例など最新のデータを抽出し価格が変動しますので、あくまでも現段階(2020年2月4日)における価格であることを御理解の上ご参照ください。

AI査定サービスHowMaのバナー画像

北海道各地の相場ランキング

それでは早速各地のマンション相場価格を見ていきましょう。
上位から順に以下のような結果となりました。

▼2020年2月4日現在における北海道各地のマンション相場価格ランキング(築10年、80㎡)

順位 地域(代表地点)
値段(単位:円)
1 札幌市(北区) 39,090,000
2 江別市(大麻高町) 22,930,000
3 千歳市(幸町) 22,200,000
4 北広島市(青葉町) 20,300,000
5 函館市(金堀町) 20,000,000
6 小樽市(花園) 19,990,000
7 旭川市(三条通) 19,900,000
8 恵庭市(福住) 19,340,000
9 室蘭市(栄町) 19,130,000
10 帯広市(西三条南) 19,030,000
11 釧路市(新川町) 18,700,000
12 苫小牧市(旭町) 18,440,000
13 滝川市(一の坂町西) 14,950,000
14 岩見沢市八条西 14,240,000

上記のランキングをグラフ化したものが以下です。

▼2020年2月4日時点における北海道各地のマンション相場価格グラフ(築10年、80㎡)

北海道におけるマンションの相場価格第一位は順当に札幌市が入りました。
明治時代から京都を参考にした街づくりが始まり、都市部は京都同様に碁盤のように縦横で区画が仕切られています。札幌市はひとつの経済圏をいえ、10の行政区で成り立っています。区ごとの相場価格を知りたい場合は札幌市のマンションはどこが高くてどこが安いか|売買・賃貸相場を徹底レポートもあわせてご覧ください。

二位には札幌市にほど近い江別市がランクインしました。
札幌の中心部には車で役40分ほどでアクセス可能で、札幌市のベッドタウンとして人気の高い地域です。また、北海道内では比較的温暖な地域として知られており、寒いのが苦手な方にもおすすめです。

三位は北海道の玄関口、新千歳空港を有する千歳市が入りました。
単一路線として世界一の乗降車数を誇る東京(羽田)ー札幌(新千歳)間はドル箱路線であり、毎年多くの方がビジネスや観光目的で行き来します。

より具体的な条件で不動産価格を調べたいとき

ご自身が所有している物件や購入を検討している物件などの相場価格を知りたいときは、HowMaに物件情報を登録してください。
メールアドレスの登録さえ行えば、実際に自分が住んでいる・もしくは購入を検討している条件に応じた不動産の相場価格が簡単に算出できます。

HowMaでは実際に住んでいたり売りに出されている物件はもちろん、実在しない物件情報での査定も可能ですので、住み替え先候補の相場価格を調べるといった用途にも活用できます。

今住んでいる家を売って新しい物件を購入するといった住み替えのニーズにおいてもそれぞれ参考価格を知ることができますので、判断材料のひとつとして役立ててください。

AI査定サービスHowMaのバナー画像

関連記事:2020年版|誰にも知られず自宅マンション価格を調べる方法とは?超簡単な相場の査定方法を不動産鑑定士が詳しく解説

その他にHowMaで出来ること

HowMaに物件情報を登録すると、マイページ上から過去の相場価格推移や周辺地域の売出し事例などが確認できます。

また、将来の売却に備え今売りに出した場合ローンの残債と照らし合わせて手残りがいくらになるのかをシミュレーションする機能や不動産売買におけるノウハウを紹介するコラムなど様々なお役立ちコンテンツがあります。

ご自身の物件の資産価値を把握するうえで必要な機能が揃ってますのでぜひ有効にご活用ください。

<関連記事もチェック>