注目キーワード

2020年最新版|北海道内で戸建を買うにはいくら必要?各地ごとの相場価格を調査しました

2020年代最初の年を迎え、「今年こそは夢のマイホーム一戸建てを手に入れたい!」という気持ちをモチベーションに日々頑張っている人も多いのではないでしょうか。

戸建の住宅はマンションに比べて価格のばらつきが大きく相場を掴むのが難しいのですが、まずはおおよそでも相場価格を把握することが重要です。

今回は北海道における戸建住宅の相場価格をエリアごとにレポートします。

なお、相場価格の算出にあたっては大手企業に不動産の相場価格を査定するAIシステムを提供しているコラビット社の「HowMa」を活用しています。

北海道における戸建住宅の相場価格は?調査方法

夫婦子供2人の4人家族を想定して、以下の条件に統一し相場価格を算出します。

土地面積:120㎡
建物面積:100㎡
築年数:10年

北海道各地の戸建住宅相場価格ランキング

上記の条件で京都府における戸建住宅の相場価格を算出したところ、以下のような結果となりました。

▼2020年2月20日現在における北海道各地の戸建相場価格ランキング

順位 地域(代表地点)
値段(単位:円)
1 札幌市(北区) 18,000,000
2 小樽市(花園) 15,000,000
3 恵庭市(福住) 14,000,000
4 江別市(大麻高町) 13,000,000
5 千歳市(幸町) 13,000,000
6 北広島市(青葉町) 13,000,000
7 函館市(金堀町) 13,000,000
8 旭川市(三条通) 12,000,000
9 帯広市(西三条南) 12,000,000
10 苫小牧市(旭町) 12,000,000
11 室蘭市(栄町) 11,000,000
12 釧路市(新川町) 11,000,000
13 滝川市(一の坂町西) 10,000,000
14 岩見沢市八条西 10,000,000

上記のランキングをグラフ化したものが以下です。

▼2020年2月20日現在における北海道各地の戸建相場価格ランキング

北海道で戸建住宅の相場価格が高額なエリアは?

北海道でもっとも戸建住宅の価格が高額な地域は札幌市北区という結果でした。
北海道は基本的に札幌市が多くの面で突出している傾向がありますので、順当な結果といえます。

続いて小樽市花園が2位にランクインしました。
札幌市まで車で1時間ほどと、札幌市のベッドタウンとしても観光地としても人気の高い地域です。ちなみに柏原崇さん主演でドラマ化もされた漫画「将太の寿司」の主人公関口将太も小樽市出身です。

北海道で戸建住宅の相場価格がリーズナブルなエリアは?

北海道で戸建住宅の相場価格がリーズナブルな地域として帯広市をピックアップします。
十勝地方の中心に位置し、広い北海道にあっても農業が非常に盛んな地域です。
1年を通して雨が少なく、晴天の割合が高い地方であり、積雪も北海道内では比較的少ないことでも知られています。
「北海道の大自然の中で暮らしたいけど、雪は苦手…」という方にはうってつけの地域かもしれません。
※ただし寒いことは寒いのでその点はご注意ください。

より具体的な条件で不動産価格を調べたいとき

ご自身が所有している物件や購入を検討している物件などの相場価格を知りたいときは、HowMaに物件情報を登録してください。
メールアドレスの登録さえ行えば、実際に自分が住んでいる・もしくは購入を検討している条件に応じた不動産の相場価格が簡単に算出できます。

HowMaでは実際に住んでいたり売りに出されている物件はもちろん、実在しない物件情報での査定も可能ですので、住み替え先候補の相場価格を調べるといった用途にも活用できます。

今住んでいる家を売って新しい物件を購入するといった住み替えのニーズにおいてもそれぞれ参考価格を知ることができますので、判断材料のひとつとして役立ててください。

AI査定サービスHowMaのバナー画像

その他にHowMaで出来ること

HowMaに物件登録することで以下の機能がご利用いただけます。

売買価格の推移が確認できる

登録した物件の売買相場価格がどれくらいで推移しているのかが記録され、グラフ化されます。所有しつづけるのか売却するのかなどの参考にご利用いただけます。

売却時の手残り金をシミュレーションしてみる

HowMaのマイページから今物件をAI査定額で売却した場合、諸費用を除いて手残り金がいくら残るか調べることができます。

税理士に相談する

売却時の税金について無料で提携している税理士に相談することができます。また、物件を売却するにあたってご不明な点やご不安なことがあればHowMaスタッフにチャットで気軽に相談することも可能です。

まとめ

2030年の冬季オリンピック・パラリンピックの開催地として札幌市が立候補したことを受け、今後経済的にも不動産相場的にも期待がかかる北海道ですが、不動産については価格を常にチェックして相場観を養うことが非常に重要です。

HowMaの機能を有効活用し、相場価格がどれくらいなのかぜひ客観的なデータとして確認してみてください。