HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

芝浦のマンション相場はどのくらい?芝浦にあるマンションを徹底研究

芝浦のマンション相場はどのくらい?芝浦にあるマンションを徹底研究

東京23区内でも数多くのマンションが建ち並ぶエリアとして知られる芝浦。芝浦は東京都港区に含まれており、その最寄り駅はJR山手線田町駅となっています。また東京臨海副都心線の芝浦ふ頭駅も利用可能です。

芝浦は1990年代から埋立てとともに再開発が進み、現在では湾岸エリアの一角としてタワーマンションが多く建てられている人気のエリアの一つになっています。

そこでここでは芝浦のマンションの売買相場、また芝浦というエリアについて説明していきたいと思います。

スマート不動産売却<特許取得>最新不動産売却サービス
多くの不動産売却経験者の失敗談から生まれた「HowMaスマート不動産売却」
【手間のない一括査定】+【スマホで複数の会社に売却依頼】で、手間も迷いもなく早期高額売却が目指せます!
詳しくはこちら

 

芝浦とはどのようなエリアなのか

芝浦のある東京都港区は東京23区でも中央3区と呼ばれる、特に重要な役割を持っている区です。一方芝浦は港区の中心である六本木エリアからは少し距離があり、繁華街というよりもビジネス街としての側面が強いと言えるでしょう。

芝浦1~3丁目のある場所はJR田町駅の東側になっており、田町駅付近には森永製菓、TDKなど有名な企業の本社が多くあります。そのため日本でも屈指のビジネス街とも言えるでしょう。

ビジネスマンにとって芝浦に住宅を購入するということは、通勤面を見ても非常に利便性の高い場所であり、立地の良さは抜群とも言える環境です。芝浦に住むことで不自由さを感じることはほとんどないでしょう。

人口動態を見ても港区の人口は年々増加傾向を見せており、賃貸物件の需要も同時に増加していくことが推測されます。

また芝浦には芝浦工業大学があり、東京工業大学の田町キャンパスの再開発計画も進行中であるため大学生を中心とした若者がこれから増加していくことも考えられます。

芝浦エリアの開発計画

他に芝浦付近で再開発が現在予定されているプロジェクトとして、以下のようなものが挙げられます。

・三菱重工業/東京・田町(港区)の自社ビル建替、高さ150メートル規模の戦略拠点に           

https://www.decn.co.jp/?p=78514

・三田三・四丁目地区再開発等促進区を定める地区計画都市計画(素案)の概要

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/tokyoken/tokyotoshisaisei/dai10/shiryou6.pdf

「(仮称)TGMM芝浦プロジェクト」着工-東京ガス・三井不動産・三菱地所によるJR田町駅直結の大規模複合開発-

http://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/news/2015/0928_01/

特徴を見ていくと、ビルや企業関連の開発プロジェクトが中心であり大規模な商業施設などの開発計画は少ないようです。ビジネス街としての側面が強い田町の影響を受けていると言えるでしょう。田町、そして芝浦のビジネス街としての重要度は今後も衰えることがなさそうです。

一方芝浦エリアは湾岸エリアに近いということもあり、りんかい線芝浦ふ頭駅を利用すればお台場エリアへ簡単にアクセスが可能です。

芝浦エリアに住むということは通勤性の利便性と同時に、レジャースポットであるお台場そしてりんかい線沿線エリアに簡単に出かけることができるというメリットがあるのです。

芝浦の地価推移

芝浦は東京都港区という、日本の中枢エリアに内包されています。そのため資産価値はゆるぎないものがあり、簡単に資産価値の低下が起こりにくいというメリットもあります。

芝浦エリアの公示地価の推移を見ていきましょう。

参考サイト:https://tochidai.info/

  • 2013年[平成25年]          95万0000円/m2     314万0495円/坪
  • 2014年[平成26年]          98万4000円/m2     325万2892円/坪      +3.58%  上昇
  • 2015年[平成27年]          104万0000円/m2             343万8016円/坪              +5.69%  上昇
  • 2016年[平成28年]          111万0000円/m2             366万9421円/坪              +6.73%  上昇
  • 2017年[平成29年]          118万0000円/m2             390万0826円/坪              +6.31%  上昇
  • 2018年[平成30年]          125万0000円/m2             413万2231円/坪              +5.93%  上昇

このようにわずか5年で30%以上、公示地価の値が伸びを見せています。芝浦にマンションを所有すれば、非常に手堅い資産形成に役立ってくれるのです。もちろん売却をするときの価格も上昇しているため、いまマンションを持っているという人でも、売り出すことで十分な売却価格を期待できるでしょう。

日本の中央である港区にあるメリットはこのような公示地価の上昇から見て取ることができます。

芝浦エリアにはどんな人が住んでいるのか

また芝浦にはエリアにはどの程度の人が住んでおり、どんな年代の人々が中心となっているのでしょうか。2015年の国勢調査から芝浦に住む人たちの姿を探ってみます。

芝浦エリアの人口

データは東京都港区芝浦3丁目エリア範囲半径500mを対象としています。

・年代別構造

芝浦三丁目の直径1平方kmキ内にはなんと15,000人近い人たちが住んでいます。男女の構成比はほぼ同等であり、最も多く住んでいる年代は35歳から44歳となっています。

15歳未満の年少人口の方は2,300人弱と、東京都平均と比較してもその割合は少なく、子育て世代の数があまり多くないことが浮かび上がってきます。

一方生産年齢人口の割合は非常に高いため、芝浦に住んでいる人達は社会人として働いてる人とその家族が多いことが推測されます。

・世帯構成

同時に世帯の構成も見ていましょう。

人口が約15,000人で世帯総数が約7,500世帯。つまり世帯の平均構成人数は2人弱です。単身者世帯は総世帯数の半数以下となっており、東京都の平均と比べるとやや高めの数字です。

また注目をしたいのが民営借家世帯が3108。持ち家世帯が3200程度という点です。借家も持ち家もほぼ同数ですが、これも東京都の平均と比べると借家世帯の割合がやや高めと言えます。

芝浦は都内一等地エリアであり、そのため住宅を持てる人がいないこと、賃貸需要が高いという特徴が分かってきます。

そしてもう一つ分かるのが、芝浦付近の住む人の住宅事情です。

以下のデータを見ると、戸建てに住む人はほんのわずかであり、ほとんどの世帯が共同住宅世帯つまりマンションなどに住んでいるのです。

その中でも11階建て以上のマンションに住む世帯が6000世帯弱となっています。7500世帯のうちの6000世帯ですから、芝浦に住む=高層マンションに住むといっても差し支えがない状態なのです。

芝浦にあるマンションの需要がなくなることがまずない、ことがこのデータからも分かるでしょう。

芝浦のマンション相場

それでは気になる芝浦のマンション相場です。HowMaではエリアを指定してマンションなど不動産の売買履歴を抜粋することが出来ます。

芝浦エリアで2018年6月に売買された物件情報を確認してみましょう。

築年数10年前後のマンションは平方メートル単価が100万円以上、築30年を超える築高マンションの場合は㎡単価70万円台で売買されているようです。

芝浦に建つ代表的なマンションをピックアップ!

芝浦に住む人の大半が11階以上の高層マンションに住むとのデータがありますが、実際に芝浦にはどのようなマンションが建っているのでしょうか。高層マンションを中心にピックアップして紹介いたします。

芝浦アイランドケープタワー

芝浦アイランドケープタワーは東京都港区芝浦4-19-1に建つ鉄筋コンクリート造の地上48階建ての築12年とまだ比較的新しいマンションです。

事業者は三井不動産レジデンシャルなど、設計施工は鹿島建設が行ったマンションです。

交通は、山手線、京浜東北線の「田町駅」徒歩11分、ゆりかもめ「芝浦ふ頭」徒歩11分、都営浅草線、都営三田線の「三田駅」徒歩13分と徒歩圏内に3駅5路線が使用可能となっています

マンションの共用部分ではキッズプレイルームやバーベキューガーデンがあり、ナチュラルローソンもマンション内に併設されています。また、ピーコックも近隣にあります。敷地内にドッグランがあるためペットを飼っている方には嬉しいマンションでしょう。

芝浦アイランドケープタワーは芝浦アイランド内の最南端にあり主要駅まで徒歩圏内の都心にありながら、3方を運河に囲まれた開放感のある立地です。そのため東京タワーなどの都心方面やお台場、レインボーブリッジ、富士山を眺める事ができます。眺望に立地に加えて最新設備の導入により潤いのある安心で快適な都心生活を送ることが出来ます。

芝浦アイランドグローヴタワー

芝浦アイランドグローヴタワーは芝浦アイランド内の東京都港区芝浦4丁目20に建つ、総戸数833戸49階建ての築11.5年とまだ比較的新しいマンションです。

事業者は三井不動産レジデンシャルなど、設計施工は鹿島建設が行ったマンションです。

最寄り駅は田町駅で徒歩8分の立地となっています。他にも、新交通ゆりかもめ「芝浦ふ頭」駅から徒歩9分、都営地下鉄三田線・浅草線「三田駅」から徒歩10分と3駅5路線に徒歩圏内で乗る事ができる物件です。

マンションの共用部分ではテニスコート、キッズプレイルーム、フィットネスルームが使用可能であり、ナチュラルローソンもマンション内に入っています。カーシェアリングやレンタサイクルシステムも併設されているため、便利です。

また、ゲストパーキングやゲストルーム、パーティールームも備えられているため急なお客様にも対応が可能なマンションです。

芝浦アイランドグローヴタワーは芝浦アイランドの入り口部分に位置します。車寄せの部分もたっぷりあり、ラウンジも明るく広々としています。最新の設備と共有施設の充実で都心の快適なマンションライフを送る事ができます。

 東京ベイシティタワー

東京ベイシティタワーは東京都港区芝浦4-16-31に建つ、総戸数171戸30階建てのマンションです。2014年9月に建設され築4年と新しいマンションです。

施主は住友不動産、施工は三井建設です。

最寄り駅は都営浅草線「泉岳寺駅」徒歩11分で、他にも京浜東北線、JR山手線「田町駅」徒歩13分、都営三田線、都営浅草線「三田駅」徒歩15分、新幹線も停車する品川駅までも徒歩17分で着く事ができます。またマンション目の前がバス停となっており、品川~田町~新橋~東京タワーに停車する都バスが運行しています。

1階にはコンシェルジュがおり、駐車場は敷地内には55台分確保しています。屋根付きの機械式であり、出入口には電動シャッターゲートがあるため、セキュリティも万全です。マンションは内廊下の仕様でオートロック、宅配ボックスも完備しています。

東京ベイシティタワーは都心でありながら水辺の魅力も感じる事の出来るエリアに建っています。プライバシーを確保できるように角部屋を多く作る設計プランでガラスが全面に出ているスタイリッシュな外観です。最新の設備・仕様を備え、都心での快適な暮らしを送る事が出来ます。

リストレジデンス芝浦

リストレジデンス芝浦は東京都港区芝浦4-2-44に建つ、総戸数45戸鉄筋コンクリート造の13階建てのマンションです。2014年12月に建築され築4年と新しく、施工は株式会社塩浜工業、売主はリスト株式会社です。

交通の便では、JR山手線、京浜東北線「田町駅」徒歩10分、都営三田線、都営浅草線「三田駅」徒歩12分、都営浅草線「泉岳寺駅」徒歩15分と3駅4路線が徒歩圏内にあります。大きな通りから少し入ったエリアにあり、静かで住みやすい環境です。

全てのお部屋がアウトフレーム構造になっているため、梁がなく、使いやすい間取りが実現。共用エントランスにはオートロック、防犯カメラ、24時間セキュリティシステムが導入されており、防犯面でも安心して過ごす事ができます。また設備としては浄水器やミストサウナ、床暖房など高級マンションならではの設備が整っています。

リストレジデンス芝浦は山手線徒歩圏内でありながらも、駅からマンションまでは緑豊かな自然も感じる事ができます。外観は個性的でありながらも都会的な風景とよくあっており、ハイグレードな設備とともに快適な都会ライフを送ることができるでしょう。

パークタワー芝浦ベイワードオーシャンウィング

パークタワー芝浦ベイワードオーシャンウィングは東京都港区芝浦2−7−11に建つ、総戸数180戸、29階建ての鉄筋コンクリート造。2005年7月に建築され今年で13年と比較的新しいマンションです。

最寄り駅はゆりかもめ「芝浦ふ頭」徒歩7分で、他にも、JR山手線、京浜東北線「田町駅」徒歩8分、都営三田線、都営浅草線「三田駅」徒歩10分と、徒歩10分圏内に3駅5路線が使用可能な大変便利な立地にあります。

共用施設として、ゲストルームやパーティールーム、ミーティングルームを備えており、大変寛げるマンションとなっています。また、中層階、高層階では東京湾のオーシャンビューも望む事ができます。

パークタワー芝浦ベイワードオーシャンウィングは左右対称のツインタワーであり、白いフレームが印象的です。この外観は2005年には「グッドデサイン賞」を受賞しています。

ガラスとウッドの解放感のあるエントランス、内廊下や最新の設備を備えたこのマンションでは都会的な暮らしを送る事ができるでしょう。

クラッシィハウス芝浦

クラッシィハウス芝浦は東京都港区芝浦4-12-36に建つ、総戸数123戸の地上20階地下1階のマンションです。2017年1月に建築されたばかりで築1年と非常に新しい高級マンションです。施工は株式会社安藤・間(ハザマ)、売主は住友商事、大和ハウス工業となっています。

最寄り駅はJR山手線、京浜東北線「田町駅」 徒歩9分です。他にも都営三田線、浅草線「三田駅」11分、ゆりかもめ「芝浦ふ頭駅」徒歩14分と3駅5路線が徒歩圏内で乗る事のできるマンションです。

設備では食洗器やディスポーザー、ミストサウナなど高級マンションならではの最新設備が備わっており、オートロックや防犯カメラ、24時間でのセキュリティシステムと防犯体制も高いため安心して暮らす事が出来ます。

クラッシィハウス芝浦は芝浦の運河沿いに建っているため、全住戸の窓からは水辺ビューが楽しめます。また敷地内には植栽が施されており、癒しの空間が広がります。都会にいながら水辺や自然を感じる事の出来るマンションです。設備に関しても分譲マンションならではの高品質な室内設備を揃えており、豊かで快適な暮らしを満喫できます。

インプレストタワー芝浦エアレジデンス

インプレストタワー芝浦エアレジデンスは東京都港区芝浦2丁目6-16に建つ、総戸数114戸の地上25階地下1階。2014年3月に建築され築4年と非常に新しいマンションです。設計・施工管理は浅井謙建築研究所株式会社、施工は株式会社淺沼組と分離発注で完成しました。

最寄り駅はJR山手線、京浜東北線「田町駅」徒歩8分です。他にも、都営三田線、都営浅草線「三田駅」徒歩9分、ゆりかもめ「芝浦ふ頭」徒歩8分と徒歩10分圏内に3駅5路線があるとても便利な立地となっています。

共用部分として長めにとられたアプローチでは上質な暮らしを、道路との間の植栽では、自然を感じる事が出来ます。

コンシェルジュサービスや宅配ボックス、また室内設備においては、床暖房やディスポーザーなど最新設備があるため便利な暮らしを送る事が可能です。

また、隣のビルにはコンビニエンスストア、徒歩5分圏内にはスーパーやスポーツセンターが、銀行やレストランも駅からマンションの間にあり利便性に優れたマンションです。

インプレストタワー芝浦エアレジデンスはガラスを多く用いた外観になっており、タワー状にする事で角部屋の割合を多くしています。都会にいながらも自然もあり、海岸沿いを散歩する事も可能です。高級マンションならではの最新の設備で快適な暮らしを送る事ができるでしょう。

GLOBALFRONTTOWER

グローバルフロントタワーは東京都港区芝浦1-6-41に建つ、総戸数883戸34階建。2016年に建築され販売開始期間から2カ月で半分が売れた人気を持つ、現在築2年の非常に新しいマンションです。施工は清水建設株式会社、管理は三井不動産レジデンシャルサービスが行っています。

交通の便ではJR山手線、京浜東北線「田町駅」 徒歩10分、都営浅草線、都営三田線「三田駅」徒歩10分、東京モノレール「浜松町駅」徒歩11分、都営大江戸線「大門駅」徒歩14分と4駅6路線が徒歩圏内で使用可能です。またグローバルフロントタワーの周辺には、マクドナルド、ローソン、マルエツ、病院、銀行、学校など生活に必要な物がそろっており大変便利です。

共用部分にはジム、ラウンジ、キッズコーナーなどがあり、29階には、ゲストルームやパーティールームも備わっているためお客様も寛ぐ事が出来ます。また、1階には保育園やコンビニも入っています。

グローバルフロントタワーは2016年度グッドデザイン賞を受賞しており、白を基調としたモダンなデザインの外観です。室内は光を多く取り込む設計や、シックな要素でまとめ高級感のある仕上がりになっています。都会の便利な街中で上質な時間を過ごす事の出来るマンションです

まとめ

芝浦には20階を超えるようなタワーマンションが複数あり、現在も続々と建てられ続けています。またエリア自体も東京の中心的な存在感を持つビジネス街が付近に存在しているため、その資産価値が衰えることはほぼないと言っても良いでしょう。

マンション相場についても非常に堅調な推移を続けており、人口増加による需要増と合わせて自分で住むもよし、人に貸し出しても十分に入居が見込めるため、投資用物件・居住用物件として申し分ない価値を持っています。

また売却をするにしても非常に需要が高いエリアであるため、迅速な現金化が望めるので、他のエリアに住み替えをしたいという人でも有利な条件で売却をすることが可能でしょう。

さらにお台場エリアも近いため観光客が訪れることも多く、今後日本人外国人ともにこのエリアでは人口が増加していくのではないでしょうか。

非常に注目度の高いエリアとして、芝浦には今後も「人」「もの」「金」の全てが集まっていきそうです。

 

執筆者情報

石野 (HowMaマガジン編集部)
HowMaマガジンの編集部のライターです。自分自身もオーナーとして複数の不動産の賃貸経営中。不動産を所有することで培った経験を知識を活かし、不動産売却や不動産投資について情報を発信していきます。
Return Top