HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

不動産売買のキャンセルについて

不動産売買のキャンセルについて

自分の所有するマンションや戸建を売るときには、不動産会社とのやり取りや、内見への対応、契約に向けた交渉などやる...
全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

2018年 東京と近郊のマンション市況の今後を予測

先日国土交通省による公示地価が発表され、日本の都市及び住宅地の地価平均相場が上昇している結果が明らかになりまし...
全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

資産価値が高くなる方角や風向きとは?

資産価値が高くなる方角や風向きとは?

マンションを購入する時には、売却を前提として資産価値が下がりにくい場所の物件を購入したいとい方が増えています。基本的には高層階ほど資産価値が下がりにくく、また購入価格も高くなる傾向にありますが、それ以外にも資産価値に影響する要素はあります。

そこで階数以外にマンション内で物件価格に影響するポイントを上げてみました。

部屋の向きはやはり南向きが求められる

マンションに限らず住宅で人気が高い部屋の向きはやはり南向き物件になります。南向き物件は日照時間が長く、また陽の光が入りやすいために照明やエアコンなどに頼らずとも部屋の中が明るくそして暖かくすることができます。特に秋から冬の季節にかけては、南向きとそうでない部屋では快適さで大きな違いが出てきて光熱費にも影響します

おおよその場合、南向きの部屋と比較して、東向き、西向きの部屋は購入価格で約5%、北向きの部屋の場合は、10%ほど販売価格が安くなると言われます。

もちろん部屋の明るさや気温に我慢できる人ならば北向きの部屋を購入しても、価格が安くなるというメリットがあります。しかし売ろうとした場合に、人気が高いのも南向きの部屋なのです。タワーマンションが売りに出された場合、部屋の抽選などでもまずは南向きの部屋から購入が埋まっていき、最後に残るのは北向きの部屋というケースが非常に多いです。

タワーマンションであれば目の前に建物などもなく、窓も大きいものが多いのである程度日照時間などの弱点がカバーできるのですが、それでも売りやすさと売却価格の観点から、南向き部屋を購入しておくに越したことはありません。

マンションのディスポーザーの場所で訴訟に発展したことも

マンションの高層階というと、非常に人気が高く売却価格も高いものと思われがちです。しかし屋上に近い場所で、屋上設備の真下にある物件は避けたほうが良いと言われています。

実際に屋上の下の階に部屋を購入した人が、ベランダから悪臭が入ってくるとマンション販売会社に対し、訴訟を起こしたことがあります。どういった内容かというと、生ごみ処理機とそのディスポーザーの排気口が部屋の真上にあったという点が問題になりました。

最近のマンションでは生ゴミ処理用のディスポーザーがついているものが多く、その処理施設は屋上に設けられがちです。そして屋上には排気口がありそこから処理後の空気を排出しているのですが、その下にベランダがあったばかりに排気口から出てくる生ゴミの悪臭が部屋の中に入ってきて体調を崩したという訴訟を住人が起こしたのです。

実際にこの訴訟では購入者はマンションの購入費用に相当する、約6千万円の費用の損害賠償を請求しています。まだその結果は明らかなっていませんが、訴えが認められる可能性は高いとの見解もあり、同様の悩みに苦しむ人からの声も聞かれています。

さらに生ゴミ処理の悪臭だけではなく、機械の騒音もうるさかったという声も上がっているため、屋上に近い部屋だからといって必ずしも住環境が良いとは一概にいえないのです。重要なのは高層階にあり、かつ音や臭いの影響を受けない部屋を選ぶことなのです。

煙草の煙が入ってくるかどうかも資産価値に影響する

また排気関係の問題でもう一つよく問題になるのが、タバコの煙が入ってくる問題です。マンションを購入する時は、部屋に向かってあまり風が吹いてこない部屋を選びましょう

最近では臭いや脂が着くので、部屋の中で喫煙する人は減りましたが、それでも愛煙家の人はベランダやバルコニーで喫煙しています。そして喫煙で発生した煙が換気扇などから上の階の部屋に入り込み、自宅ではなく上の階の部屋にタバコの煙が染み付いたり、脂がこびりついたりしてトラブルが発生しています。

基本的にはバルコニーやベランダは個人の所有物になるので、喫煙の自由は認められる権利なのですが、上と下の住人でのトラブル発生をなくすためにマンションの管理組合の取り決めとしてベランダやバルコニーは禁煙になっているマンションも多くあります。

どうしてもベランダやバルコニーが設置される方向は同じ向きになりがちですが、マンションの立地によって吹きやすい風向きは決まっています。極力自分たちの部屋に風があまり吹いてこないようなマンションを選べば、タバコの煙の問題に悩まされることは少なくなります。逆に風が吹いてきやすい向きの部屋を買うとなると思わぬ臭いや煙のトラブルに巻き込まれるかもしれません。

新築マンションの場合、実際にその物件に住むまではどういったトラブルが起こるか分からない事もあります。中古マンションの場合はその部屋に済んでいた人がいたわけですから、どんな問題があったか、住む時にはどんな点に注意すべきかなど、住人やネットでの評判を調べることである程度把握できます。

購入時からの資産価値を大幅に下げたくないのであれば、中古マンションを購入するというのは有効な手段かもしれません。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top