2020年最新版|東京都葛飾区新小岩のマンション事情を探る

2020年現在における、東京都葛飾区新小岩のマンション事情をお届けします。

地域ごとの相場価格算出には大手企業にも不動産相場の査定システムを提供しているコラビット社のAI査定サービス「HowMa」を使用しています。

東京都葛飾区新小岩エリアの特徴

東京都葛飾区新小岩はJR総武線の新小岩駅が生活の中心になる地域です。
総武線沿いの南側に位置しており、駅近くの商店街や大型スーパー、飲食ビルなどで賑わっています。
新小岩駅は総武線の駅で乗り換えのない単独の駅としては最多の乗降車数を誇ります。
駅周辺を抜けると戸建て住宅も多い住宅街になっており、町域の南側は江戸川区と隣接しています。

東京都葛飾区の概要と新小岩を含む各エリアの相場データはこちら

葛飾区新小岩エリアのマンション相場価格

4月8日時点における葛飾区新小岩エリアのマンション相場価格を見ていきましょう。

相場価格は各地の比較がしやすいように築10年・70㎡で統一して算出します。
なお、相場価格の算出には大手企業にも不動産価格の査定システムを提供しているコラビット社の「HowMa」を使用しています。

▼4月8日時点における葛飾区新小岩エリアのマンション相場(築10年、70㎡)※単位:万円

地区マンション相場平米単価
新小岩1丁目4,30061
新小岩2丁目4,60066
新小岩3丁目4,40063
新小岩4丁目3,70053

葛飾区新小岩エリアでマンションの相場価格が高額なエリア

新小岩で最もマンションの相場価格が高額な地域は新小岩2丁目でした。
新小岩2丁目は駅からほど近い位置にあり、末広商店街があります。
その他通り沿いなどに商店が点在する以外は住宅街となっています。

葛飾区新小岩エリアでマンションの相場価格がリーズナブルなエリア

新小岩でマンションの相場が最もリーズナブルな地域は新小岩4丁目でした。
新小岩4丁目は町域の多くが総武線の線路に接していることが関係しているかもしれません。

葛飾区新小岩の代表的な分譲マンション

ここでは葛飾区新小岩エリアに所在する代表的な分譲マンションを紹介します。
各マンションについて詳細な情報を知りたい場合は各物件ごとにHowMaマンションページへのリンクを設けておりますので、そちらで詳細をご確認ください。

パークホームズ新小岩ステーションサイドレジデンス(新小岩2丁目)

2005年築、15階建て総戸数101戸の三井不動産レジデンシャル分譲による高層マンションです。
2LDKから3LDKのファミリータイプ向けの物件です。
新小岩駅までは徒歩で2分ほどの所要時間と好立地です。

パークホームズ新小岩ステーションサイドレジデンスの詳細はこちら

ブランズ新小岩(新小岩2丁目)

2014年築、15階建て総戸数98戸の東急不動産分譲による高層マンションです。
他のブランズシリーズと同様シンプルながらも高級感をどこかに感じさせる外観デザインです。
2LDKか3LDKの間取りが用意されており、新小岩駅までの所要時間はおよそ徒歩2分ほどです。

ブランズ新小岩の詳細は



東京都葛飾区新小岩エリアのまとめ

今回は東京都の葛飾区新小岩エリアのマンション情報をレポートしました。

HowMaでは膨大かつ最新のデータを基に常に最新のAIを駆使して不動産価格を査定できます。

ご利用はもちろん無料ですので、気になる物件がある場合やご自身の物件がいくらで売れるのか相場が知りたい場合はまずHowMaへご登録のうえ相場価格の参考にしてみてください。

最新情報をチェックしよう!