HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

査定に出す前に、サブリースで賃貸経営をするという選択肢もある

査定に出す前に、サブリースで賃貸経営をするという選択肢もある


自宅を住み替える必要性が出てきた時に、多くの人は今の家を売却し、そのお金で新居を購入する、というケースが多いのではないでしょうか。
しかし選択肢としてはそれだけではなく、今ある住宅を賃貸物件として活用する、という方法もあります。

また元々住んでいたエリアに戻ってくる可能性があったり、家を手放すのは寂しいときには現在の家で賃貸収入を得て、その収入で新居を借りたり、買ったりするという人もいるのです。
では具体的にはどうやって収入を得ていけばいいのでしょうか。

すでに持っている物件をサブリースに出せば、賃貸物件建築費用も軽減できる

まず収入を得るためにとれる手段として、最も有効なのがサブリースに出すことです。
サブリースというと、家賃保証があるので新築のアパートを建てたところ思ったような収入が得られずにトラブルになっているといった報道を聞いたことがある人も多いでしょう。

しかし、そういったサブリースのトラブルは新築物件を建てることから始まっているので、多額の費用を支払っていくというリスクがオーナーにあるのです。
その支払リスクをカバーするために家賃保証を謳っているのですが、その家賃保証が守られていない、ということがトラブルの原因です。
しかし、もとからある家をサブリースとして契約するのであれば、物件の建築費用もかからず、大幅にリスクを抑えて収入を得ることが期待できます。

そのためにはオーナーとしてのご自身の物件が

*立地がよくファミリー向けなどの需要がある場所に建っている
*家が老朽化しすぎておらず、リフォームなどをすれば十分に魅力を持てる

といった条件を備えている必要はあります。

当然ながらサブリース契約をしてくれ不動産会社も、需要がない物件とはサブリース契約を結んでくれません。
また戸建の場合はやはりファミリーで住む人が多いので、ファミリーが住みやすい環境であることも重要です。
さらに当初は物件を魅力あるものにするために、契約するサブリース会社や関連会社経由でのリフォームやリノベーションの施工することを契約条件に加えていることもあります。

それでも不動産賃貸経営に慣れていない人、できるだけ手間を掛けずに賃貸経営をしたい人にとっては大変便利な契約ができることもあります。
家賃保証があれば数年間固定の家賃収入を確実に得ることができるので、新生活の資金計画も立てやすくなります。

転勤の場合はリロケーションという選択も

あなたが家を手放すのではなく、一時的に会社の都合で転勤する、またもとの家に戻ってくるつもりがある場合は、リロケーション契約をするのも一つの手段になります。

リロケーション契約は、2年や3年間など、定められた期間だけ他人に家を貸すという賃貸契約になります。

最もこの契約が使われるのはやはり、会社都合での転勤です。自宅を手放したくない、そのうち元ある家に戻りたいという人にとっては、一定期間だけの賃貸契約になるので、自分たちの不在時に生活の足しになる家賃収入を得ることができるのです。

ただしサブリースの場合は基本的には賃借人が望む期間だけ住むことができるため、ターゲットを絞ることは不要ですが、
リロケーションの場合はファミリー向け物件が多いながらも、2年~3年の契約になることが多いので、ターゲットとなる層が意外と狭いという問題があります。

ファミリーで借りるような人は、子供の進学や通学の都合もあるので、短期間で転居をすることを前提にしていないことが多く、2年や3年での引住み替えが決定されていると、中々住んでくれないこともあります。
もちろん家賃を下げれば住んでくれる人も見つかりやすくはなりますが、当然その分だけ自分の収入も減ってしまうのです。

それでも少しでも収入が得られればよい、という人ならば家の売却や、自分の都合で契約を打ち切ることができないサブリースよりもリロケーションを選んでみると良いでしょう。

空き家対策にもサブリースは有効な手段

マンションは比較的売買されやすく、手離れもよいのですが、戸建の場合は売却をするのにも最低3ヶ月ほど掛かることが多くなってします。
自分が引っ越しで住み替えを考えるときには賃貸に出すことで、売却よりも手間を掛けずに副収入を得ることができるので、日々の生活を楽にすることも可能です。
また自分の家だけではなく、相続した家が空き家になっている、持て余している家があるときなどもリフォームやリノベーションをして賃貸に出したり、場合によっては民泊物件として活用したりすることも検討してみましょう。
特に外国人観光客の多い京都や札幌などはそういった物件の需要も高くなっています。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top