HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

新しい賃貸のかたち「サービスアパートメント」とは

スマート不動産売却<特許取得>最新不動産売却サービス
多くの不動産売却経験者の失敗談から生まれた「HowMaスマート不動産売却」
【手間のない一括査定】+【スマホで複数の会社に売却依頼】で、手間も迷いもなく早期高額売却が目指せます!
詳しくはこちら

 

新しい賃貸のかたち「サービスアパートメント」とは

サービスアパートメントという賃貸携帯をご存知でしょうか。
アパートに対する付加価値を与えた物件のような印象を持たせる言葉ですが、実際にはビジネスマンなどがよく利用している施設になっています。
簡単に行ってしまえば「マンションとホテルのメリットを併せ持った期間限定の賃貸物件」になります。
では今なぜこのサービスアパートメントが脚光を浴びているのか、気になるその点に迫ってみましょう。

サービスアパートメントは高級賃貸の一種

サービスアパートメントは、中短期間の住まいとして、一時的に滞在ができる宿泊施設です。
マンスリーマンションのように洗濯や炊事ができる設備も設けられているのが特徴ですが、マンスリーマンションやウィークリーマンションの方が、短期間の滞在向けになっており、サービスアパートメントは1ヶ月以上の滞在を前提にしていることが多いです。

そしてマンスリーマンションとの決定的な違いは、コンシェルジュサービスのように、滞在者をサポートし、かつ高級感を感じさせる設備やサービスが充実をしていることとなっています。
いわばハイグレード賃貸マンションとホテルのサービスを兼ね備えた新しい滞在スタイルとも言えるのです。

それでいてホテルのように、自由に不特定多数の人間が出入りすることもないので、プライバシーも守られやすく、プライベート性にも優れています。
家電に加えて高級な家具や寝具、そしてキッチンやバスも部屋の中にあるので、利用者はトランクひとつで長期間滞在することが可能となっています。

利用者はビジネスマン以外にも多岐にわたる

サービスアパートメントの主な利用者は、出張などで都心に短期滞在をするビジネスマンが中心となっており、中には海外から日本に仕事できている外国人ビジネスマンもいます。
ビジネスマンが利用するわけですから、Wi-Fiや新聞、雑誌など情報収集に関するサービスは重要ですし、ズボンプレッサーやクリーニングサービスなど、ビジネスマンに必須である身だしなみを整えるのに必要な設備も必要になるでしょう。
コンシェルジェサービスだけではなく、外国語の話せるスタッフが常駐しているサービスアパートメントも多く、よりビジネス向けのスタッフ、設備が求められるものも多いです。

ただしターゲットをビジネスマンと限定してしまうのも早計です。
自炊などができるのもサービスアパートメントの魅力ですからホテル並みの部屋に滞在したいけれども、そこまでの宿泊費がない、自炊で節約をしたいという人を宿泊させるのも良いでしょう。

ただしサービスアパートメントはあくまでも短期賃貸であり、宿泊法に則った施設ではないので、一定期間滞在してもらうことが前提になります。

その他にも一時的な住まいを探している人、例えば住替えのために自宅を離れている人もターゲットになるでしょう。
またホテルと違って部屋単位で代金が発生するので、シェアをして住むのにも向いています。
ホテルよりも多様な利用法があるのが、サービスアパートメントの魅力と言えるでしょう。

他にはないサービス付きのアパートも増えている

また厳密に言うとサービスアパートメントとは異なりますが、普通のアパートとは違うサービスを提供しているアパート、いわゆる「サービス付きアパート」も増えてきています。
シェアハウスのようなコミュニケーションスペースが有ったり、昭和の時代に戻ったかのような、食事付きの学生向けアパートなども出てきていたりします。

特に食事付きの学生向けアパートはそのアパートの管理人が、親代わりに子供の様子を見守ってくれることも有り、親世代からも人気を得ているのが特徴となっています。
子供が大学に進学をしたがきちんと授業に行っているのかわからない、一人暮らしを始めたことでバランスのよい食事ができていないのではないか、といった親の不安を解消するために、食事付きの学生向けアパートが増加をしているのです。
朝寝坊をしないように声掛けをしたり、不在時に掃除をしてくれたりするものもあるなど、大学の都心回帰が進む傾向を受けて、都心でこのようなサービスを提供するアパートが増加をしています。
こういったサービスを提供するアパートであれば4年間住んでくれる可能性も他空きですし、もちろん食事サービスでより収益性を高めることも可能です。
ターゲットを学生のみならず20代の社会人などに広げれば、とにかく生活習慣が不規則になりがちな男性からも、大きな支持を得ることもできそうです。

まとめ

サービスアパートメントはビジネスマンを対照とした高級賃貸物件ですが、宿泊施設ではなく、生活の基盤のために、滞在する賃貸物件扱いなので旅館業法を気にすることなく、民泊物件のように、長期滞在の観光客の宿泊先として、需要を満たして収益を得ることも可能になります。
民泊施設が全国に解禁される一方で、年間180日という営業日数の制限を受けたくない、というときはサービスアパートメントの経営を考えてみても良いかもしれません。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top