HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

はじめてマンションを買う前に知っておきたい知識⑤ 〜住宅ローン〜

AI不動産査定のHowMa

はじめてマンションを買う前に知っておきたい知識⑤ 〜住宅ローン〜

 

自分の希望を満たすマンションが見つかったら、いよいよ購入の手続きに入ります。

まずは物件の購入申込書を提出するのですが、これと同じタイミングで行うのが住宅ローンの申込みです。

第5回目の今回は、住宅ローン手続きの流れや不動産業者から勧められる提携ローンのメリット・デメリットなどについて紹介していきたいと思います。

住宅ローン契約の流れとは?

住宅ローン契約は、事前審査申込、事前審査結果通知、正式申込、審査結果通知、ローン契約、登記&融資実行といった流れが一般的です。

金融機関によって異なりますが、1番最初の事前審査申込から融資が実行されるまで約1ヶ月前後の期間を要します。

下記の<住宅ローン契約の流れ>を見てもらうとわかるのですが、ローン契約の正式な申込みはマンションの売買契約締結後になるので、事前に不動産会社の担当者とよく相談して、スムーズに進められるように確認しておきましょう。

金融機関から見て、申込者の経済的与信に不安がある場合は、やはり審査期間も長引く傾向にあるようです。

一方、公務員の方などは、事前審査申込から3日後に通過通知を受け、融資実行までの全ての期間も2週間程ですんなり完了したいったこともあります。

なお、住宅ローンには、民間の金融機関が融資するタイプや住宅支援機構のフラット35など公的な融資もあり、金利も変動型や固定型など様々な商品から選ぶことになります。

詳細については割愛しますので、興味のある方はこちらのコラムを参考にしてください。(金利の逆転現象が発生!?住宅ローンから不動産購入を考える

 

<住宅ローン契約の流れ>

 

《事前審査申込》

 

 

《事前審査結果通知》

おおよそ申込みから1週間ほどで結果が通知されます。

この事前審査結果通知と併せてマンションの購入申込書を提出

※マンション売買契約締結もこのタイミングです

 

 

《正式申込》
締結済の不動産売買契約書を根拠に住宅ローンの正式な申込みをします

 

《審査結果通知》

 

 

《ローン契約締結》

 

 

《抵当権設定登記&融資実行》

基本的にマンション引渡し時(決済時)と同日に行います

 

提携ローンと非提携ローンどちらを選ぶ?

住宅ローンには、提携ローンというものがあることを知っていますでしょうか?

よくマンション広告などに、購入した場合の毎月の返済額シミュレーションが出されていますが、詳しく見てみると「当社提携ローン金利の適用時」と記載されていることが多くあります。

この提携ローンとは、マンションの売主であるデベロッパーが特定の金融機関と提携して、提供する住宅ローンのことです。

逆に非提携ローンとは、売主と提携していない金融機関が提供する住宅ローンのことで、買主が自ら銀行を探し、ローン契約の手続きをするかたちになります。

提携ローンは、売主と提携していることだけあって、手続きが比較的簡単で、金利等の諸条件も非提携ローンよりも優遇されているため、買主が受けるメリットも大きいです。

提携ローンと非提携ローンを比較すると下記のようになります。

 

提携ローン

◆メリット
・物件の担保評価が事前に完了しているため、審査のスピードが非提携ローンと比べ早い
・売主がローン手続きを代行してくれるので、手間がかからない
・金利が優遇されるケースが多い

 

◆デメリット
・自分が希望するローン条件では無い場合がある
・基本的に売主や販売代理の不動産会社に融資手数料を支払う必要がある

 

非提携ローン

◆メリット
・自分の好みに合った金融機関でローンを組むことができる。選択の自由がある
・融資手数料を支払う必要がない

 

◆デメリット
・金融機関の選択から手続きの全てを自分で行わなければならず、手間と時間を要する

金利の決定は融資実行の時点

最後に住宅ローンで皆さんがよく勘違いされている金利決定の時点について取り上げます。

実は住宅ローン金利は固定型・変動型に関わらず、ローン申込みの時点ではなく、融資が実行された時点の金利が適用されます。

先ほどご説明したようにローン手続きは1ヶ月ほど期間を要します。

1ヶ月であれば申込時点と融資実行時点で大きく金利が乖離することは、ほとんどありません。

しかし、新築未完成マンションの購入の場合などは、引渡し(=融資実行)まで1年以上先というケースもありますので注意が必要です。

この期間に金利が下がる可能性もありますが、資金計画は余裕を持って立てることをお勧めします。
 

Return Top