HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

家を買うとき注意すべきこと

家を買うとき注意すべきこと

 

不動産は非常に大きな買い物です。

特に中古を買う場合は、物件は慎重に選びたいところです。

しかし、チェックしなければ多いことは膨大で、何を気にすればいいかすらよくわかりません。

不動産サイトなどに掲載されている情報から、例えばどんな項目をみていけばいいのでしょうか。

 

どんなエリアの土地なのか

用途地域

用途地域とは、このエリアは住居を多く建てましょうとか、商業に使いましょう、工業エリアにしましょう、など市街地の土地をどのように利用していくかを大枠で定めているものです。

「第一種低層住居専用地域」「商業地域」など知っている方もいるかもしれませんが、用途地域は12種類あります。

用途地域が何かによって、今、そして今後とも閑静な住宅街なのか、お店などが多くあるエリアかなど大体わかります。

ここでも注意すべきポイントがあります。

例えば「工業専用地域」には住宅を建てられません。

用途地域は変更に場合もありますので、以前に他の用途地域だった頃に家が建て、今は工業専用地域になっている家を買った場合、原則として家を建て直せません。

 

区域区分、地域地区

用途地域以外にも区域や地域、地区によって色々定められています。

「都市計画区域」や「市街化区域」など、都市や市街地として整備してきましょうという区域であれば問題ありませんが「市街化調整区域」は原則住居は建てられないなどといった制限があります。

「伝統的建造物群保存地区」では建物の外観変更に制限がありますし、「風致地区」は建物の建築や樹木の伐採などに一定の制限あります。

「防火地域、準防火地域」では耐火建築物または準耐火建築物を建てなければならない、増改築に事前審査が必要などといった規制もあります。

このようにここでは列挙しきれないほど、色々なエリアがあり、重要なものから些細なものまで、様々な注意点があります。

 

土地の権利

ある程度調べている人には当たり前ですが、意外と知らない人が多いのが土地の権利です。

家やマンションを買ったら当たり前のように土地の権利もついてくる(=所有権)と思いがちですが、物件によっては所有権でないものもたくさんあります。

地上権、借地権(旧法)、普通借地権(新法)、定期借地権(一般定期借地権)、事業用借地権、建物譲渡特約付借地権、定期地上権など色々な種類があります。

所有権でなければならないという訳ではなく、きちんとどういった権利になっているかを理解することが大切です。

例えば定期借地権の土地の上に建っている家は、土地が所有権の家より一般的には安いです。

理解をしておけば、定期借地権の家を購入するのも賢い選択といえる場合もあります。

このようにここでは全てを詳しく書けないほど土地の権利は種類が多く、難しいです。

 

再建築不可

戸建の場合、その土地が再建築不可つまり、今建っている家が古くなっても壊して新しい家を建てられない土地というのにも注意しなければいけません。

基本的には4m以上の道路に2m以上接してなければ、再建築不可です。

しかし前の道が4mない場合は、セットバックといって道路と家の間にスペースを空けて、道から後退して家を建てればいいなどというルールもあります。

これもかなり重要な項目だと思いますが、色々ややこしい部分もあります。

 

耐震

なにかとメディアでも話題になる耐震の問題。

建築基準法に基づく今の耐震基準は、1981年6月1日に導入されました。

おおざっぱにいうと、旧耐震は震度5程度の中地震に耐えられるように、新耐震では中地震では損傷せず震度6以上の大地震でも倒壊しないということを満たすように基準がつくられています。(詳しくは→新耐震?旧耐震?

耐震については、1981年6月1日以降に完成したものではなく、1981年6月1日以降に着工(作り始めた)したものが新耐震基準を満たしています。

これもちょっとややこしいです。

 

税金

例えば、50㎡未満の家は住宅ローン控除を受けられません。

旧耐震の家も住宅ローン控除を受けられない可能性が高いです。

物件の価格が少し安くても税金まで考慮したらあまりお得でないという可能性もあります。

(詳しくは→住宅ローン控除を受けるには

これも判断するのは色々とややこしいです。

 

自分で全部チェックするのは至難の技

ご紹介したもの以外にも気にしなければいけないポイントはまだまだあります。

全てを自分でチェックするのは大変です。

そこで活躍するのが、不動産サイトの気になる物件のURLを入力するだけで、注意ポイントを教えてくれる物件チェッカーです。

 

注意ポイントを教えてくれるだけでなく、相場価格と比較してその物件が高いか安いかも教えてくれます。

(詳しくは→【中古物件チェッカー】物件の「高い?安い?」「落とし穴ない?」が自動でわかる!

 

 

 

 

 

 

 

 

使い方も非常に簡単なので、ぜひ使ってみてください!

物件チェッカー→https://www.how-ma.com/checker

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top