HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

2020年最新版|熊本県の賃貸マンションはいくらで借りられる?熊本の賃料相場を探る

2020年における熊本県の賃貸マンション相場価格をレポートします。 新生活を控えて不動産ポータルサイトなどで物件を探している方やどの物件を契約しようか迷っている方、また所有不動産を何かしらの事情で賃貸に回すことを検討して...
全て見る

ローン・費用・税金

消費税増税前にマンションを買うのは得?それとも損?住宅ローン減税やすまい給付金、次世...

消費税が増税される2019年10月1日が迫っています。この日を境に、現行の消費税が8%から10%になり、2%の増税になります。 住宅を購入する際、土地は消費されるものではありませんので、非課税です。一方で、戸建てやマンシ...
全て見る

相場・資産価値

2020年最新版|熊本県内で戸建を買うにはいくら必要?各地ごとの相場価格を調査しまし...

2020年代最初の年を迎え、「今年こそは夢のマイホーム一戸建てを手に入れたい!」という気持ちをモチベーションに日々頑張っている人も多いのではないでしょうか。 戸建の住宅はマンションに比べて価格のばらつきが大きく相場を掴む...
全て見る

購入・買換え

物件探しと元付不動産会社の探し方。買物コンシェルジュに200万円も払いたくない!ーベ...

前回に引き続き、都内のタワマンを専任媒介の元付の囲い込みのおかげで400万円引きで購入したベンチャー役員のS氏のインタビューをお届けします。 (前回記事:都内マンションを400万円引で購入!専任で売ってる家が狙い目!?ー...
全て見る

再開発

約50年ぶり山手線の新駅名称は「高輪ゲートウェイ」に決定

2018年12月4日JR東日本より山手線の新駅の正式名称が「高輪ゲートウェイ」に決定したとの発表がありました。 2018年6月には駅名案の公募も行われていましたが、選考の結果「高輪ゲートウェイ」(たかなわげーとうぇい/T...
全て見る

投資・マネー

空き家活用クラウドファンディングで、いらない不動産の活用を考える!

空き家活用クラウドファンディングで、いらない不動産の活用を考える!

不動産特定共同事業者法の規制緩和により、最近クラウドファンディングを利用した不動産投資、特に空き家を活用して収益用物件に転用する投資手法が増えています。そこで自分が持て余している物件を人に活用してもらい、収益を得ていく人...
全て見る

雑学・その他

成約者インタビュー(vol.16)〜施設に入った姉の代わりに売却を行いました〜

HowMaマガジン編集部では「HowMaスマート不動産売却」をご利用して成約されたお客様にインタビューしております。 順次公開していきますので是非ご覧になって下さい。 N様女性 70代(代理人はN様の弟様) 板橋区 2D...
全て見る

「持ち家だけど引っ越したい」ときは何をすればいいの??自宅価格の把握や住み替え検索でイメージを膨らませよう

「持ち家だけど引っ越したい」ときは何をすればいいの??自宅価格の把握や住み替え検索でイメージを膨らませよう

持ち家だけど「家を売って、引っ越したい」と思ってしまう瞬間、ありますよね。
住宅ローンはあるけど引っ越したい、新築だけど引っ越したい…終のすみかのつもりで購入した家だけど、色々な事情で引っ越したいという方は、多くいるようです。

>不動産会社に騙されないために。多くの不動産会社に売却依頼ができる特許取得の最新サービスとは?

家を買っても漠然と湧いてくる「引っ越したいな」

不動産を検索する女性

家を売却して引っ越したいという理由は人によって様々あると思います。

  • 『子供が私立小学校(中学校)に入学するので、学校の近くに引っ越したい』
  • 『ご近所とちょっとしたトラブルになってギクシャクしてしまった』
  • 『子供が生まれたので庭付き戸建に引っ越したいな』
  • 『子供が巣立ったのでもうちょっとコンパクトで駅近の物件に移住したいな』
  • 『近所が意外と騒々しくて、もっと静かなところが良かったなー』
  • 『何も不満はないけど周辺環境に飽きてきちゃった』

ライフステージの変化から、家族状況の変化、勤務先や通学先などの事情、単純な「飽き」まで、理由は様々あれど、「引っ越したい」という気持ちが起こることは、そう珍しいことではありません。
(さらに詳しくは→マンションを売却する理由は何ですか?スムーズな取引のために売却理由を明確にしましょうも合わせて読んでみてください)

そんなときには、住み替え先の候補物件を検索してみて、実際に物件のページを見てイメージを膨らませてみるのがおすすめです。

実際に引っ越す気が無くても「このくらいのところに引っ越せるんだな」というイメージを持っているだけでもけっこう安心できます。

住み替え検索してイメージを膨らませてみる

住み替え検索のやり方はカンタン。以下の3ステップで完了です

1.まずは自宅の想定売却価格を把握する

自宅がどのくらいで売れそうかを把握しましょう。

ひと昔前ですと、不動産会社に相談をしたり一括査定を利用したりしなければなりませんでしたが、現在ではAIによる自動価格査定サービスがあります。HowMaに自宅登録すれば、家の情報(平米や築年)を入力するだけで、すぐに市場価格を推定出来ます。

HowMa利用イメージ

自宅を登録するのは面倒だという方は、不動産サイトを検索し、近隣の様々な売り出し物件を見ながら、自宅だったらこのくらいかな?と予想してみるだけでも随分イメージが湧きます。
HowMaに登録しても営業される事はありませんので、お気軽にご利用ください。

⇒HowMaで自宅の価値を把握するにはこちらから

2.上記の想定売却価格から5%ひいて残債とどちらが多いか?

次にチェックするのは、自宅を売ったお金で住宅ローンの残債を返せるかという点です。

自宅を売却する際には、様々な諸費用がかかり、利益が出ると税金が発生する場合もあります。不動産会社に支払う仲介手数料として3%+6万円(+消費税)がかかり、不動産登記の司法書士報酬、印紙代、ローン返済の事務手数料など意外と費用がかかります。
(詳しくは→知っておきたい!自宅マンション売却時の税金や諸費用は?
ここでは、ざっくりとした金額で進めるために、諸費用で合計5%くらいかかると仮おきして計算してみましょう。

想定される売却価格が3000万円であれば「2850万円」程度の残債は0にできると考えていいでしょう。
もし残債を引いて手残りが出るようであれば、次の家を購入する際の資金に当てられます。(課税が発生するかもしれませんので注意しましょう。詳しくは→(詳しくは→知っておきたい!自宅マンション売却時の税金や諸費用は?

もしローンが残ってしまう場合でも、売却をする方法はあります。詳しくはこちらを参考にしてみてください(→住宅ローンがまだ残っている家、どうやって売る!?)。

3.不動産ポータルサイトで買う家を検索する

次に、SUUMO、ホームズ、アットホームなどといった大手の不動産ポータルサイトで引っ越したい物件を探してワクワクしてみましょう。残債が0にできるのであればローンが組める金額や返済できそうな金額を考慮して自由に選べます。

そして気になる物件があれば、HowMa購入検討機能を利用してシミュレーションをすることもできます。

さらに気になる物件が中古の家であれば中古物件チェッカーを使って、AIが算出した相場価格よりお得か?割高か?耐震の基準などの注意ポイントなどがないかを簡単にチェックできます。
不動産ポータルサイトに掲載されている物件情報のURLを貼り付けたり、LINEで物件情報をHowMaに送るだけで、簡単にチェックすることができます。
詳しくは→気になる家の価格、AIが推定して、LINEで即答。LINE@中古物件チェッカー

住み替える家の検討

実際に家を売却する場合は??

ローンの返済も問題なさそうなので、いざ家を売ろうという際には「まず何をしたらいいか?」「どこの不動産会社に相談しようか?」「一括査定…?」と色々と悩みが発生します。

そんな悩みや手間を解消するサービスとして「HowMaスマート不動産売却」を是非ご利用ください。
AI査定ツールのHowMaのユーザー様の意見や、実際に不動産を売却した人の失敗談を元に作られた特許を取得した新しいサービスです。

HowMaスマート不動産売却は「手間が少ない一括査定」+「スマホで複数の会社に売却の依頼ができる」という2つのメリットがあります。

一括査定を利用した人の不満としてよく聞くものは、「情報を登録したら不動産会社から大量の電話がきて大変すぎた…」「WEB完結をうたっているのに多くの不動産会社の訪問査定を受ける必要があり大変すぎた…」といったものです。
HowMaスマート不動産売却では、1度スタッフが査定に必須の訪問調査を行うだけで、色々な会社の査定がスマホに届きます。

複数の会社の査定、売却計画をスマホで確認したら、一括査定をした複数社に対して売却依頼をできます(一般媒介契約締結)が可能です。さらには不動産会社ともチャットで簡単にやり取りができます。家を実際に売る気になったという方はぜひ一度HowMaスマート不動産売却の利用を検討してみてください。

 

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top