HowMaマガジン

「家を売る」「いつか売る」「もしかしたら売る」に役立つ情報

最新の記事

人気の記事

売却ノウハウ

全て見る

ローン・費用・税金

全て見る

相場・資産価値

全て見る

購入・買換え

全て見る

再開発

全て見る

投資・マネー

全て見る

雑学・その他

全て見る

建ぺい率、容積率ってなに?

スマート不動産売却<特許取得>最新不動産売却サービス
多くの不動産売却経験者の失敗談から生まれた「HowMaスマート不動産売却」
【手間のない一括査定】+【スマホで複数の会社に売却依頼】で、手間も迷いもなく早期高額売却が目指せます!
詳しくはこちら

 

建ぺい率、容積率ってなに?

 

土地に、どれくらいの大きさの家を建てられるか?については、それぞれのエリアごとに制限があります。

その制限が建ぺい率と容積率です。

 

建ぺい率とは

敷地面積に対する建築面積(建坪)の割合のことです。

たとえば、100㎡の敷地に建坪50㎡の場合は建ぺい率50%です。

容積率とは

容積率は、敷地面積に対する延床面積の割合のことです。

たとえば、100㎡の敷地に延床面積80㎡の場合は容積率80%です。

建てられる建物、街の雰囲気にも影響する

例えば、建ぺい率30%、容積率60%のエリアの場合、敷地の30%の建築面積の家しか建てられません。

となりの家同士の間隔にも余裕ができ、ごちゃごちゃした印象にはならないでしょう。

容積率も60%なので3階建てはなく、2階建てばかりになるはずです。

また、それなりの大きさの家を建てようとすると敷地面積が広くなければならないので、高級住宅街の場合が多いでしょう。

高さの制限などは他にのありますが、建物の大きさや高さは建ぺい率、容積率で決まり、街並みにも大きく影響します。

 

家を建てる際などはよく調べてみてください。

執筆者情報

HowMaマガジン 編集部
「不動産の売却」に役立つ情報を発信するHowMaマガジンの編集部です。売却のノウハウや知識はもちろん、誰でも気軽に不動産の売買相場価格をチェックできるサービス「HowMa(ハウマ)」が算出するデータなどもお届けしていきます。
Return Top